積丹の海を漕ぐ  〜美国・宝島のあたり〜

久々にカヤックで積丹遠征。
スタートは美国市街の外れ、
茶津という小さな漁港付近です。
d0174510_22141150.jpg
すぐ沖合にある島の名は「宝島」。
地形図を見ると♥型をしています。
d0174510_22163000.jpg
外洋側の大きくえぐれた地形が、
ハートの凹んだ部分です。
d0174510_22193600.jpg
この海の色、
まさにシャコタンブルー。
d0174510_22195734.jpg
先月には黄金岬から
この島のあたりを見下ろしました。
そのときの記事

海の色は、岬から見たのと同じです。
宝島のあたりは
ダイビングスポットとしても知られ、
ボートで来ているダイバーがけっこういます。

この日は気温が高かったので、
岩礁にカヤックを上げ、
岩場から飛び込んで泳ぎ、
気持ちよかった!
d0174510_22291679.jpg
d0174510_22290535.jpg
d0174510_22285353.jpg











[PR]
# by wilderness-otaru | 2017-07-22 22:31 | アウトドア | Comments(0)

ダイヤモンド・プリンセス入港

朝の出勤途中、平磯公園の丘を通ると
港に大型客船が見えました。
勝納埠頭に並ぶ2隻のうち、
大きい方は「ダイヤモンド・プリンセス」。
手前は新日本海フェリーの「あざれあ」。
フェリーは通常、専用岸壁に着きますが、
運用の都合なのか、曜日により(通常は月曜)
この埠頭に停泊していることがあります。
d0174510_10482658.jpg
d0174510_10485990.jpg
マリーナのあたりから。
d0174510_10491328.jpg
以上が“朝編”。


日没の頃、再び港へ。
d0174510_10511101.jpg
今シーズンから、
船首部分に新たに模様が加わっています。
d0174510_10513911.jpg
d0174510_10522843.jpg
ウォーターフロントに
巨大な高層ホテルが出現したみたい。

以上、“夜編”でした。














[PR]
# by wilderness-otaru | 2017-07-19 10:56 | できごと | Comments(0)

小樽祭り・住吉神社例大祭

小樽、住吉神社は
水天宮、龍宮神社とともに、
小樽三大神社と称されます。
それらのなかで住吉神社は
最上位に位置する「小樽総鎮守」。

毎年7月14〜16日に行われる、
例大祭は小樽祭りとも呼ばれます。

3日間の祭りのハイライトは、
中日に行われる「百貫神輿渡御」。

宮出しは午後7時。それに先立ち、
本殿脇に置かれていた神輿が
正面に運ばれます。
d0174510_15151566.jpg
d0174510_11532778.jpg
d0174510_12163695.jpg

d0174510_12165945.jpg
百貫神輿は大正時代の作で、
ちょうど20年前には
修復作業が行われました。
間近に細部をじっくり見ると、
装飾の繊細さがよくわかります。
d0174510_11575122.jpg
ここで宮司の挨拶があり……
d0174510_12004788.jpg
「小樽北海睦」会長が
拍子木を1本!
これを合図に、神輿が担ぎ上げられ、
参道を進んでいきます。
d0174510_12025259.jpg
d0174510_12032905.jpg
参道は全体が傾斜していて、
途中には2カ所、石段もあります。
そこは神輿もゆっくりと慎重に。
d0174510_12051758.jpg
d0174510_12054919.jpg
地上3メートルの視点で撮影。
(もちろん脚立なんぞは危なくて使えない…)
この時間はちょうど日没で、
刻一刻と暗くなるので、
露出・ストロボ光量も
小刻みに変えなくてはならず、
気が抜けません。
d0174510_12090196.jpg
露店が並ぶ参道を進む。
狭いところを進む方が、
威勢の良さが倍増するようです。
d0174510_12144925.jpg
第一鳥居に到着です。
d0174510_12232387.jpg
ここで一旦、神輿は台座の上へ。
d0174510_12204868.jpg
小休止の後、再び拍子木が打ち鳴らされ……
d0174510_12241640.jpg
神輿は街へと出て行きました。











[PR]
# by wilderness-otaru | 2017-07-16 12:31 | できごと | Comments(0)

当別町、亜麻の花

札幌市からもほど近い当別町に、
亜麻の畑があります。

亜麻の茎は丈夫なので、
繊維を採る目的で栽培され、
そこから作られる生地がリネン、
英単語の line も同じ語源らしい。

かつては道内各地で栽培されていましたが、
化学繊維に押されて衰退し、
昭和40年代で一度はほぼ途絶。
当別では10数年前から
亜麻を復活させようとの動きが起こり、
いくつかの畑で栽培されるようになりました。

昨年、編集に携わった旅行ガイドブックに
当別の亜麻に関する小さな記事があり、
初めて存在を知りました。
そこで現地を訪れてみようと出掛けました。
d0174510_10395203.jpg
ちょうど7月上旬が花の見頃。
7月9日には『北海道亜麻まつりin当別』
というイベントも開催されます。
訪れたのはその前日の土曜日。
(「当別亜麻まつり」ではないのですね。
全道に亜麻を広めようという意志の現れだろうか……)

大事なのは、亜麻の花は
午前中にしか咲かない、ということ。
日の出とともに咲き始め、
午後には散ってしまう
はかない花です。
d0174510_10455622.jpg
ですから早起きは必須。
行ったのは6時くらいでしたが、
けっこうな数の人がいました。
本格的なフォトグラファーが多かった。
d0174510_10482854.jpg
花は直径2cmくらいと小さく、
淡い紫が可憐な印象。
d0174510_10492653.jpg
亜麻の畑は市街中心から
比較的近いところで
2ヶ所、近接してあります。
けっこう広い畑ではありますが、
一帯の広大な農業地帯の中では
ほんの一部です。
目標物が乏しいので、
少々探しにくい。
亜麻まつりのパンフに、
マップが出ているので
参考になります。
d0174510_10552391.jpg
▲隣はジャガイモ畑。
ピンクの花がきれいです。

d0174510_10551423.jpg
▲花は太陽の方を向いて咲きます。
だから逆光だと後ろ向きに。
d0174510_10562198.jpg
ここの亜麻は
繊維を取るのが目的ではなく、
亜麻仁油の原料として
作られているそうです。















[PR]
# by wilderness-otaru | 2017-07-10 10:57 | 北海道の各地 | Comments(0)

「にっぽん丸」を見送る

今日は客船「にっぽん丸」が
小樽に寄港していました。
朝、入港して、出港は18:00。
出るところを港へ見に行きました。
d0174510_09351177.jpg

d0174510_09345600.jpg
d0174510_09353743.jpg
d0174510_23533377.jpg
以前は真っ白の塗装でしたが、
7年ほど前に濃紺×白の2色になり、
落ち着いた印象になりました。
d0174510_23570386.jpg
出航時刻が近づき、
潮太鼓が鳴り響くなか、
カラフルなテープが舞う。

港を出て行くときは
別な場所から見ようと、
ここで移動。
手宮公園の高台に向かいました。
d0174510_00003306.jpg
西日を受けてギラリ。
d0174510_00001352.jpg
d0174510_00011304.jpg
そういえばタグボートは
付きません。
そんなに大きくないから
要らないのか……。
d0174510_00014038.jpg
今日、日中はほぼ快晴。
気温も上がって夏らしい日でした。










[PR]
# by wilderness-otaru | 2017-07-07 00:04 | できごと | Comments(0)