雪解けが進む “根開き”の光景

ここのところ暖かい日が続き、
雪解けが進んでいます。

この時期、公園や森の中で見られるのが、
樹木の周囲で雪解けが速く進む様子。
幹の周りに、ぽかりと穴が開いたようになっています。
d0174510_18324515.jpg
d0174510_18325534.jpg
白一色の雪原の中で木の幹は、
周囲の雪よりも太陽の熱を蓄えやすいため、
ごくわずかな温度差であっても、
そこだけ雪解けが速く進む現象です。

「根開き」(ねびらき)と呼ばれるらしい。

同じ理屈で……
d0174510_18361528.jpg
サビタ(ノリウツギ)の花や……
d0174510_18362792.jpg
カラマツの実が、落ちたところだけ、
雪が解けて沈んでいます。
d0174510_18382129.jpg
根開きの穴で、何か変わった匂いがあるのだろうか……。

d0174510_22321703.jpg
d0174510_22323936.jpg
日射しが強くなりました。
春だなあ……。














[PR]
# by wilderness-otaru | 2017-03-20 18:39 | 小樽散歩 | Comments(0)

新日本海フェリーの新しい船、らべんだあ

最近のニュースで、新日本海フェリーの小樽〜新潟間に
新造船〈らべんだあ〉が就航したと聞きました。
そこで知ったのは、新しい船の就航を機に
運航ダイヤも変わるということ。

これまで新潟行きの船は月曜日以外の毎朝10:30に
出港していたのですが、3月14日から
・木・土は従来どおり10:30発、
水・金・日は17:00発となるらしい。

らべんだあは3月10日の10:30に初めて小樽から出港し、
その際には港でセレモニーが行われました。
ただし、これはお披露目の変則ダイヤで、
通常ダイヤで17:00に小樽を出港するのは、
3月15日が初めてとなります。
d0174510_10133243.jpg
そこで15日の夕刻、未だ雪深い水天宮境内から、
出港を見てみました。
フェリーが出港する光景はなかなか絵になるので、
これまでにも何度かいろいろな場所で撮っています。
夕方にも出港となると、朝とはまた違った雰囲気のシーンが
見られるのではないか、という期待があります。
まあ、これからの時期の午後5時って
あまり夕方の雰囲気はないかもしれないけれど……。
d0174510_10174568.jpg
これが新しい船、らべんだあ。
今までのフェリーと塗装は同じだし、
大きな違いはないな、と思っていたのですが、
あとで写真をよーく見て、さらに新日本海フェリーのウェブサイトで
他の船と比べたら、違いは一目瞭然!
船首が垂直に立っているのですね。
この形ってタイタニックみたいで、
ちょっとクラシカルな印象があり、洒落てます。
d0174510_10225919.jpg
増毛の山並みをバックに。

d0174510_10233156.jpg
せっかく夕方なので、最後のカットは
ちょっと色をいじってみました。






















[PR]
# by wilderness-otaru | 2017-03-16 10:27 | できごと | Comments(0)

忍路・海上から氷瀑ウォッチ

塩谷海岸の断崖上を歩いた日、
海はとても静かなベタ凪で、
カヤックを漕ぎたくなるコンディションでした。

その後も晴天が続いているので、
思い立ってちょっと朝活に忍路へ。
今シーズン初のカヤックです。
d0174510_08573576.jpg
目指したのはこの風景。
小さな入江の奥、崖から流れ出す水が凍り、
なかなかの風景を見せてくれる場所があるのです。
d0174510_09022318.jpg
防波堤の外に出ても、湾内は見事なベタ凪。
のんびりして、眠くなるような春の海です。

d0174510_09133873.jpg
湾の外に出ると、それなりに波があります。
遠くには余市のシリパ岬と積丹の山々がくっきり。
d0174510_09104568.jpg
目指す入江が見えてきた。
d0174510_09092798.jpg


d0174510_09035511.jpg


d0174510_09053825.jpg
雪解けはどんどん進んでいて、
氷の先端から水が絶え間なく滴り落ちてきます。
ときどき、けっこう大きな氷の塊が落ちてくるので、
近付きすぎるのは危険。

d0174510_09015038.jpg

短い時間だけど、気持ちのいいひとときでした。













[PR]
# by wilderness-otaru | 2017-03-15 09:17 | アウトドア | Comments(0)

塩谷海岸、崖っぷちを行く

久々に雪上トリップです。
お手軽に行こうと出掛けたのは塩谷海岸。
オタモイ側の断崖上を歩いてみます。
険しい崖の上で、道はなし。
積雪期のみ歩けるコースです。
d0174510_23135956.jpg
最初に見えてくる風景はこんな感じ。
手前が塩谷海岸、奥は忍路の半島です。
海上に屹立する大岩は、桃岩。
ここから見る海面は陸地に囲まれて、
まるで湖か、フィヨルドのようです。
実際はそんなに狭い湾ではないのだけれど……。
d0174510_23150212.jpg
断崖上から見えるのは絃掛岩。
このあたりの海岸には断崖、奇岩が連なり、
最近人気の“青の洞窟”は、
この撮影場所のちょうど足下にあたります。
d0174510_23181776.jpg
d0174510_23174257.jpg
d0174510_23192980.jpg
d0174510_23205147.jpg
さらに進むと、眼下にオタモイ海岸が。
龍宮閣跡の展望地が見えます。

と、このあたりで空を見上げると……。
d0174510_23221830.jpg
オオワシ(右)とオジロワシのツーショット!
d0174510_23231781.jpg
悠々と空を舞うオジロワシ。カッコいい!
このあたりでワシを見ることは珍しくないけれど、
私の体験としてはオジロの方がレアかな。
d0174510_23255399.jpg
こんなすごい風景が、手軽な散歩で見られてしまう。
小樽はいいところですよ〜。

なお絃掛岩のあたりへは、カヤックでもよく行きます。
夏の画像は、こちら










[PR]
# by wilderness-otaru | 2017-03-13 23:29 | 小樽散歩 | Comments(0)

函館・その2市電の走る街

函館の続きです。
函館は今も市電が走る街。
ガタンゴトンという音もいいです。
取材先への移動のため、実際に乗りました。
d0174510_14320448.jpg
d0174510_14343823.jpg
十字街の電停。
d0174510_14383595.jpg
交差点に建つ〈操車塔〉。
この電停では函館どつくと谷地頭、2方向に線路が分岐するので、
ポイントや信号の切り替え操作を行う施設がありました。
現在は自動化されて、この塔は使われていません。
d0174510_14435363.jpg
ちょうど、どつく行きと谷地頭行きの2両の電車が、
連なって止まったところです。
d0174510_14352736.jpg
ところで行き先の電光表示って、
速いシャッタースピードだとちゃんと写らない。
上は停車中なので1/50でセーフ。
下は走り出したところで1/250でアウト。
鉄道写真を撮る人にとって、悩みの種みたいです。










[PR]
# by wilderness-otaru | 2017-03-11 14:46 | 北海道の各地 | Comments(0)