真冬の兜岩へ

忍路(おしょろ)の湾口に立つ「兜岩」。
独特な姿で強い存在感を放つ、
ランドマーク的景観です。
夏のあいだはカヤックで真下を通り、
ときどきは上陸して岩に登ったりもします。

この岩に内陸からアプローチしたのは
2年前の冬。
道はありませんが、積雪期には
尾根上を通って行くことが可能です。

わりと手軽に歩け、途中の景色もすばらしいので
その後も何度か通っています。

天気予報に反して晴れ間の広がった土曜日、
急に思い立って行ってみました。
(そんな風に手軽に行けるところです)

d0174510_11085332.jpg
▲コース上、最初の展望ポイントがここ。
岬の中に切れ込んだ湾を見下ろします。
海は、この時期にしては穏やか。
d0174510_11132283.jpg
▲湾の奥では岩壁から滲み出た水が凍り、
大きな氷柱となりますが、
この時期はまだあまり成長していません。
d0174510_11184220.jpg
▲目指す兜岩が見えてきた!
この時期だと正午過ぎの時間で
太陽はすでに250°くらいの位置にきます。
尾根から見ると逆光になりますが、
それもまたドラマチックな景観。

d0174510_11230691.jpg
d0174510_11554369.jpg
d0174510_11260092.jpg
▲漁船が出て行った。何の漁だろう。
d0174510_11271214.jpg
▲湾内に視線を移すと、
臨海実験場の建物が小さく見えます。

d0174510_11284082.jpg
▲やがて沖の方から黒雲が
すごい速さでやってきました。
それまでの青空が見る間に隠され、
一転して横なぐりの雪に。
d0174510_11304758.jpg
やっぱり今日は、午前中に晴れたのが
奇跡的でした。
こんな天候の急変も、冬ならでの景観のひとつ。
パーカのフードを深くかぶり、
帰路に付きました。














[PR]
# by wilderness-otaru | 2018-01-15 11:37 | アウトドア | Comments(0)

真冬の雨乞・穴滝、“2滝めぐり”

ここ数年、積雪期の“穴滝ツアー”は
欠かさずに行っています。

d0174510_09455140.jpg
天神浄水場付近から林道伝いに、
勝納川の源頭部へと上がっていきます。

浄水場から先、除雪はされていませんが、
スノーモービルで山に入る人が多く、
雪が踏み固められていることがしばしば。

静かな山歩きを楽しみたい人にとって、
モービルのエンジン音と排気ガス臭は
正直、快いものではありません。

と言いつつ、モービルの付けたトレースがないと
深雪のラッセルを強いられて、
時間と体力の消費が大幅に増大します。

この日も私たちの歩き始め前に、
モービルの一団が通っていて、
新雪が降り積もったあとにも関わらず、
ルート上の雪はがっちりと締まっていました。

1時間ほど歩いたところで林道を外れ、
ラッセルして川の方に進みます。
ここにあるのが「雨乞の滝」。
d0174510_10255278.jpg
源頭部からずっと林間を流れてきた勝納川が、
ここだけは険しい崖の間を通り抜け、
落差は小さいながら、滝もあります。

滝は林道から離れ、通じる道がないため
アプローチは困難ですが、
積雪期には比較的簡単に、
滝のそばに近づくことができます。
d0174510_10293767.jpg
急斜面の下がすぐ、高さ10mほどの岩壁。
雪で地形もわかりにくくなっているので、
近づくには細心の注意が必要です。

ここから滝の近くまで下りることもできますが、
新雪の急斜面を上るのは大変で、
雪崩の危険もあるため、今回はパス。

雨乞の滝を後にして、次は穴滝へ。
再び林道をしばらく歩き、
標識の立つ箇所で、川伝いに進路を変えます。
(さらに雪が積もれば標識は埋もれてしまいます。
地形図での位置確認は必須です)
d0174510_11275058.jpg
先客(?)の足跡がありました。
林道から外れた後、
距離はわずか500mほどながら
道は川伝いの細い谷間を進みます。

d0174510_12081844.jpg
途中何カ所か川を越え、
深雪のラッセルで、
けっこう時間が掛かります。

d0174510_11315063.jpg
そして目の前に現れる氷瀑が、穴滝。

d0174510_11344489.jpg
▲夏でも水が流れる本来の滝は、
画面左端ですが、右側では
崖から流れる水が凍って
大きな氷瀑となっています。
d0174510_11371132.jpg
▲洞穴の中から。
奥に見える大きな氷柱が、本来の滝。

d0174510_11422562.jpg
▲氷柱の中では水が流れています。
d0174510_11400093.jpg
d0174510_13225345.jpg

d0174510_11402522.jpg

d0174510_11412713.jpg
冬の穴滝へはこれまで何度か来ていますが、
風景は見るたびに少しずつ違います。
氷のでき方、雪の溜まり方など
年により、あるいは見るタイミングにより
変わっているようです。


★動画も撮りました





【帰る途中に見つけたフシギなもの①】
d0174510_10082242.jpg
▲人面の雪玉。
倒木の根に溜まった雪に、目と鼻が……。


【帰る途中に見つけたフシギなもの②】
d0174510_10095433.jpg
▲この木、何の木!?
下の方はゴツゴツした樹皮でカシワのようですが、
上はスベスベでカンバみたい。
誰か教えて〜。












[PR]
# by wilderness-otaru | 2018-01-09 11:56 | アウトドア | Comments(0)

バードテーブルのお客さん

正月休みのあいだ、
庭のバードテーブルに来る鳥を
動画で撮ってみました。
今までにもワイヤレスリモコンを付けたカメラで
静止画を撮ったことはありますが、
動画は初めて。

小さいカメラだとバードテーブルの中に
設置することができ、
また鳥たちにも警戒感を与えないようです。
以前、一眼レフ付きの三脚を
餌台のすぐ近くに立てたときには、
警戒して慌てて引き返す子もいましたが、
今回はそうした行動がほとんど
見られませんでした。

以下はいずれも動画からのスクリーンショットです。
d0174510_15155004.jpg
d0174510_15151882.jpg

d0174510_15154649.jpg
d0174510_15150291.jpg
d0174510_15153952.jpg
d0174510_15152610.jpg
▼動画はこちら。






使ったのはDB Powerというメーカーの
EX5000というモデル。簡単にいうと、
GoProのコピー商品です。
付属品一式込みで5000円台という安さ。

これまでにもカヤックでの水上・水中画像など
このカメラで撮ったものをアップロードしていますが、
鳥を撮ったのは初めてでした。
けっこうおもしろいです。

wifi接続でスマホを使い、
室内からカメラのon-offが操作できるのも便利。
またいろいろ撮ってみます。









[PR]
# by wilderness-otaru | 2018-01-06 15:21 | 小樽散歩 | Comments(0)

やっとこさ、初詣

2018年、明けましておめでとうございます。
世間並みに本日1月4日、仕事を始めました。

三が日は気温高め、穏やかな天気でしたが、
本日はキリッと冬らしく。
雪が舞っています。
日中、外出ついでに龍宮神社に立ち寄りました。
4日になってようやくの初詣です。


d0174510_13045666.jpg

d0174510_13043000.jpg
d0174510_13051466.jpg
やや湿り気のある雪で、
絵的にはサマになりました。

d0174510_13084505.jpg
境内すぐ背後の線路に停車中の
気動車に、目が行ってしまう。
神社と鉄道はすぐ近くです。
社殿が参道の突き当たりではなく、
横を向いた位置に建っているのは、
線路によって境内が狭められたことと
関係があるらしい。

さて、ブログにもやっと新年の記事を載せられて
ひと安心です。









[PR]
# by wilderness-otaru | 2018-01-04 13:07 | 小樽散歩 | Comments(0)

年末の風景 〜桜町のお店屋さん〜

毎年、年の瀬が近づくと
このお店の周りは
にわかに華やぎます。
d0174510_12593679.jpg
何屋さんといえばいいのだろう。
店内に並ぶのはおもに酒類と
ちょっとした食料品。

看板に読める文房具、電気器具は
店内に見当たりませんが、
昔はいろんなものが揃う、
ちょっとしたスーパーマーケットのような
店だったそうです。

年末になると、正月のお飾りが
店頭に並びます。
店の前には除雪でできた雪の壁を使って、
まゆ玉飾りをディスプレイするのが
毎年おなじみの光景です。
d0174510_14523188.jpg

d0174510_13092673.jpg
d0174510_21073501.jpg
d0174510_13085179.jpg
写真を撮ってから、
玄関に置くお飾りを買って帰りました。

去年も同じ12月30日に、
同じような写真を撮って、
同じような文章をブログに載せたっけ……。
ま、変わらないということも
いいですね。

今年の投稿は多分これが最後。
いつも当ブログに訪れてくださる方がた、
この1年、ありがとうございました。








[PR]
# by wilderness-otaru | 2017-12-30 13:15 | 小樽散歩 | Comments(0)