本日のクルーズ船 ぱしふぃっくびいなす

今日の小樽港、第三埠頭には
「ぱしふぃっくびいなす」が
停泊していました。
2万6千トンあまりの船で、
そう大きくはないけれど、
優美なスタイルです。
d0174510_12535064.jpg
時刻は午後7時過ぎ。
薄暮の、いい時間帯です。
d0174510_12544562.jpg
d0174510_12545714.jpg
クルーズ船の出入港予定は、
小樽市のウェブサイトでも
見ることができますが、
今回のぱしふぃっくびいなすは
なぜか出港時刻、行き先ともに「未定」。
そんな気ままな旅をしてるのか!?
……ってことはないと思いますが。
d0174510_12552065.jpg
埠頭ではドンドコドンドコ、
威勢のいい太鼓の音が響いていました。
一瞬、船の見送りの「潮太鼓」かと
思ったけれど、そうではなかった。
埠頭上の倉庫(画面右端)が、
潮太鼓の練習場所になっているのです。
「おたる潮まつり」開幕まで
ちょうど1ヶ月。
練習にも熱がこもっているようです。
d0174510_12582064.jpg
d0174510_12565758.jpg
この日はコンパクトカメラ(Nikon P300)に、
ドン.キホーテで700円くらいで買った
“くにゃくにゃ三脚”を使用。
華奢で頼りないけど、
シャッタースピード1秒でも
何とかなりました。

埠頭をあとにして、
港沿いを走っていると、
ガントリークレーンが仕事中。
d0174510_13061657.jpg
通常は先端部を高く上げていて、
その姿から「キリン」とも呼ばれます。
作業中は頭を下げているので、
キリンというよりは、
Tレックス、あるいは
スターウォーズのAT-ATという感じ。
夜間の作業は初めて見ました。

このあたりの埠頭は
金網で囲われていますが、
コンデジだと網目をレンズが通るので
撮ることができました。











[PR]
by wilderness-otaru | 2017-06-30 13:14 | 小樽散歩 | Comments(0)
<< サンセットクルーズ、今度は忍路 積丹へ >>