残雪の候、手宮富士に登る

小樽市街の北側にある小高い山。
中心部と手宮地区との境にあることから
「手宮富士」と通称されます。
また岩がちな山であることから「石山」とも呼ばれ、
それが町名にもなっています。
また山の東側では地主の名から「荒巻山」とも。
(この荒巻家はSF作家として高名な荒巻義雄氏の生家でもあります)

と、通称はいくつかありますが、
国土地理院の地形図に名前は記されていなく、
公的な呼称はない、ということになります。
d0174510_22361439.jpg
名前はともあれ、市街中心のすぐ近くで、
展望はすこぶるいいです。
山頂からは南側、小樽駅方面、北側の長橋、赤岩方面と
どちらも広く見渡せます。

この日は有志(?)の集まりで、計8人。
雪解けの早いこの春ですが、ちょうど前日までに降雪があり、
数cmながら積もって雪景色となりました。
出発後、石山中学の跡地を通って登ります。
d0174510_12320221.jpg
この日のメンバーは全員小樽在住ですが、
それでもこの円形校舎を初めて見る人もいました。
道路から奥まった場所にあるため、
存在があまり知られていません。
珍しい“メガネ型”の建物に見入ります。

何か活用できればいいんだけどね〜
と話はいろいろ弾みます。
しかし建物は昭和31年の稲穂大火後、わずか1年半で即製され、
そこからすでに60年。荒廃が進み、
残念ながら再利用は、現実的ではありません。
d0174510_12425811.jpg
d0174510_12421802.jpg
登るにつれ、視界はどんどん広がります。
d0174510_12380408.jpg
雪解けが早いので、すでにササが立ち上がり、
けっこう歩きづらい箇所が多かった。


頂上に到着。
山頂部は意外に複雑な地形で、
大きく谷間がえぐるような姿です。
d0174510_12583331.jpg
ちょうど雪が降ったあとなので、
いい具合の雪景色となりました。
数日前だったら街並みに白色はほとんどなく
まったく違った眺めだったはず。

みんな地元民だから、あそこに見えるのが
何だかんだ、あーだーこーだと言いつつ盛り上がるのも
また楽し。
d0174510_12455695.jpg
山頂には三角点もあります。
ただし標石はあるものの、現在は使われていなく、
地形図に載っていません。
いつまであったのかはわかりませんが、
昭和61年の地形図を見たら、一等三角点として
146.5mの標高が記されていました。
d0174510_12473246.jpg
d0174510_12493627.jpg
d0174510_17251809.jpg
ちょうど塩谷方面から下り列車がやってきた。
“鉄っちゃんポイント”としても、いいかも。
(実際、『SLニセコ』が走っていたときに、中腹まで登ったことあります。
雪の時期ではないのでヤブ漕ぎで、めっちゃ大変だった……)

……という具合に軽い登山でいい眺めを楽しみました。
市街地の展望地としてはすばらしいポイントなのだけど、
今では山全体がヤブに覆われ、積雪期以外に登るのは
ほとんど不可能です。
今シーズンは今日が最後かな。

ヤブを苅って道を開けば通年登れるのだけど、
できないものだろうか……。









# by wilderness-otaru | 2019-03-24 13:03 | 小樽散歩 | Comments(0)

春めいた忍路 不悉洞のことなど

所用で忍路まで行ってきました。
忍路に工房〈不悉洞〉(ふしつどう)を構える陶芸家・
高田義一さんに先日、取材でお世話になったので、
そのとき話題になった昔の忍路の写真などもってご挨拶に。

工房の隣に民家を改装したギャラリーがあり、
たくさんの作品が並んでいます。
高台にあって海を望むロケーション。

例の有名なパン屋さんの並びです。
というか、高田さんとの縁をきっかけに、
パン屋さんがこの地に店を構えたそうですが……。

▼伊賀焼の師匠のもとで修行したという高田さんの作品は、
装飾を抑えた素朴な風合い。
どれもすごくステキ……。
しかし決して安くはないので、
簡単には手が出ませんが……。
これを撮ったのは3週間ほど前の取材時で、
まだ雪が多いです。
d0174510_13493400.jpg
▼今回はこんな具合です。
白く見える国道は、ルート切り替えで廃止になった区間。
新ルートの開通は2018年3月17日だったから、
奇しくも、ちょうど1年前の同じ日となります。
d0174510_13552552.jpg
▼反対側、忍路の半島。
d0174510_14001303.jpg
国道に下っていく道が写っていますが、
これもすでに廃止されています。

▼ほぼ同じ場所で3週間前に撮ったのがこちら。
この間に雪解けは一気に進みました。
d0174510_14014079.jpg
港の方にも行ってみた。
d0174510_14062612.jpg

d0174510_14053451.jpg
d0174510_14064183.jpg
水辺に建つ古風な建物は北大の臨海実験場。
大正時代の建築です。

d0174510_14091338.jpg
兜岩を背景に水面を揺蕩う水鳥たち。

d0174510_14100490.jpg
シノリガモのようです。









# by wilderness-otaru | 2019-03-18 14:10 | できごと | Comments(0)

苗穂駅で列車ウォッチング

JR苗穂工場内「鉄道技術館」に行くとき
通るのがJR苗穂駅。
この駅は昨年(2018)11月、札幌駅寄りに300mほど移転し
新しい駅舎ができました。
旧駅舎は昭和10年にできたそうで、
原形からはだいぶ姿を変えつつも、
古風な味の残る建物でした。
(そろそろ解体されるようです)

新駅舎は広々とした線路を跨ぐ橋上駅。
線路の北側へ歩いて行くのが格段に便利になりました。

この横断通路からは、列車がよく見えます。
d0174510_16450595.jpg

d0174510_16385747.jpg
札幌側は高層ビル、遠くには手稲山が見えて
絵になります。
対して白石側の風景は今イチです。
d0174510_16400396.jpg
その替わり、少し場所を移すと
苗穂工場の方が見えます。
d0174510_16424264.jpg
ただ、廃車なのか、雪をかぶった車両ばかりで
活気がないのが残念ではありますが……。
d0174510_16442436.jpg
d0174510_16463475.jpg
▲特急『北斗』かな。
d0174510_16471140.jpg
▲これは『すずらん』。

電車の形式名はよく知らないのですが、
何といってもこの区間は函館本線と千歳線、
両方の列車が通るので、本数・種類とも豊富で
ひんぱんに見られるのが楽しいです。

一眼レフでしっかり列車を撮っている人もいたし、
通りがかりに列車にスマホを向けてる人もいました。








# by wilderness-otaru | 2019-03-04 16:52 | 鉄道 | Comments(0)

JR苗穂工場 鉄道技術館へ

かれこれ3週間前になりますが、
苗穂の「鉄道技術館」に行きました。
JR北海道・苗穂工場内にある施設で
鉄道関係の資料が多数展示される
“民間博物館”の一種です。
d0174510_22343554.jpg
ここでは毎年10月、鉄道の日の近辺に
工場内を一般公開するイベントをやっていて、
十数年の昔、うちの子どもが小さかった頃は、
何度か行ったのでした。
(今でもこのイベントはやっているはず……)。

その当時は屋外で車両を見たり、乗ったりというばかりで
展示をじっくり見ることはできませんでしたが、
今回は、落ちついて見たいと思います。
d0174510_22522030.jpg
d0174510_22525146.jpg
建物は明治43(1910)年に工場の用品倉庫として建てられた
レンガ造りで、それ自体が貴重な存在です。

d0174510_22533550.jpg
D51 237。
デゴイチの愛称はあまりに有名ですが、
D51形は戦時中に大量生産された機関車で、
民間の車両メーカーだけでは間に合わず、
全国8ヶ所の国鉄工場でも生産されています。
ここ苗穂工場でも12両が作られ、
それら“道産子デゴイチ”のなかで
最初に完成したのがこのD51 237号機でした。

この機関車の現物は工場内に保存されているのですが、
冬期間はどこかにしまわれているらしく、
姿が見えず。
保存された機関車といえばC62 3号機もありますが、
これも姿は見えませんでした。
春以降にまた来よう。

d0174510_23012582.jpg
館内は意外なほどにぎわっていました。
小さい子連れのファミリーが多かった。
ま、遊び場が乏しい今の時期、
こういう場所は貴重です。

d0174510_23005272.jpg
ちょうど今、道内の鉄道史に関する書き物をしているので、
参考になる展示がいろいろありました。

d0174510_09275413.jpg
工場内で技術館以外の施設は非公開ですが、
レンガ造りの、古色漂う建築もあります。











# by wilderness-otaru | 2019-02-28 23:04 | できごと | Comments(0)

ジャンプ少年団

少し前のできごとですが、
潮見台シャンツェで「小樽ジャンプ少年団」の
練習を見てきました。
d0174510_09442608.jpg
d0174510_09451649.jpg

d0174510_09440214.jpg
d0174510_09463712.jpg
d0174510_09455657.jpg
▲上の3点はリモートレリーズで。

d0174510_09501900.jpg
d0174510_09505743.jpg
ジャンプの重い板を担いで
急な階段を上るのは大変そう。
d0174510_09542111.jpg
▲これは初めて間もない子。
幼稚園の子かな。
最初はアルペンの板を使い、
雪を盛り上げて作った小さなジャンプ台を飛びます。
でも急斜面に向かって直滑降していくのだから、
小さい子には勇気がいることだろう。

ジャンプ競技ってゲレンデスキーに比べて
ポピュラーとはいえませんが、
小樽には市街地のなかに、こんなシャンツェがあり、
競技をまぢかに見ることができます。

小樽は昔からジャンプ競技の盛んな土地柄で、
スキーが伝わってまもない大正から昭和初期にかけて
ジャンプが盛んに行われ、国際大会で活躍する選手も
多数、輩出してきました。

少年団も昭和の終わり頃までは
数十人の団員を抱えて活動が盛んでしたが、
次第に数が減って10数年前には、クラブ存続の危機に……。
そこでOBが立ち上がって運営を支え、
ようやく立て直し、今日に至ります。








# by wilderness-otaru | 2019-02-27 10:15 | 小樽散歩 | Comments(0)