〈アイアンホース号〉ブックレットができました

弊社ではこのほど、小樽市総合博物館の敷地内を走る蒸気機関車
「アイアンホース号」を解説するブックレットを制作しました。
d0174510_10550628.jpg
d0174510_10552917.jpg
A5判・20ページのコンパクトな冊子ですが
1909年製のこの機関車の来歴、
メカニズムなどを掘り下げて紹介する内容です。

アイアンホース号は2017年秋
ボイラーに故障が発生し、
現在は大阪の工場で修理中です。
去る4月23日には博物館敷地内の機関庫から
車体を搬出する作業が行われました。

修理に要する費用は一般からの募金で調達するため
クラウドファンディングが行われています。
博物館では、募金者への返礼品として
いろいろなモノ・コトを用意しています。

今回、弊社でこのブックレットを作ったのは、
返礼品のひとつとして使ってもらうためで、
博物館に対し、必要な全数(400部予定)を寄贈しました。

この機関車に関しては、これまでにいろいろな取材をしてきたので
その内容を紙面に活かすことができました。
写真は機関庫内で撮られた、
一般の人が見られないアングルのものを
多く使っています。
d0174510_12484210.jpg

d0174510_11084221.jpg
d0174510_11073666.jpg
d0174510_11102513.jpg

d0174510_11093596.jpg
編集にあたり、アイアンホース号の
細密イラストも制作しました。
d0174510_11131288.jpg
d0174510_11135230.jpg
d0174510_11150269.jpg
このイラストと、本文で使用した画像、
計5点でポストカードも制作し、
ブックレットとセットで返礼品にしています。

このブックレットは当面、返礼品のみとして使われます。
アイアンホース号が完全に復活したのちには
博物館売店などでの市販もする予定です。

ブックレットの内容は弊社ウェブサイトでも紹介しています。









[PR]
# by wilderness-otaru | 2018-06-19 11:16 | 出版物のご案内 | Comments(0)

忍路へ  ・・・・・・スズメバチとアオダイショウ・・・・・・

しばらく海を漕いでいないので、忍路へ。
天気はあまり冴えず、風もありそう。
でも忍路なら多少は遊べるだろうと
漕ぎ出します。
d0174510_14474370.jpg
やはり湾の外は荒れていました。
そこで兜岩の下に上陸。
d0174510_14463518.jpg
d0174510_14470025.jpg
しばし和んで帰ります。
d0174510_14491183.jpg
湾内にあるのは検潮所跡の石垣。
今は北大の臨海実験場の裏にある施設ですが、
昔は対岸の遠いところにありました。
当時、潮位の測定は自動化されていなく、
海沿いに歩いて通う必要があって大変だったと
かつて管理人を務めた人から聞きました。
d0174510_14515420.jpg
近づいてみると石垣の真ん中に何かいる。
アオダイショウだ。
d0174510_15040206.jpg
ヘビは石の上で日光浴して
体を温めることが多いらしい。

さらに進むと海面にヘンなものが……。
定置網のそばだったので、
遠目には浮き玉かと思われましたが、
全然違った。
d0174510_14565687.jpg
なんと。スズメバチの巣でした。

d0174510_14583182.jpg
海沿いの山の中にあったのが古くなり、
落ちてきたのだろう。
d0174510_14584384.jpg
d0174510_14594058.jpg
というわけで、アオダイショウ、スズメバチの巣と
珍しい見ものが現れ、
おかげで短いながら、楽しい海上でのひとときとなりました。
d0174510_15013313.jpg









[PR]
# by wilderness-otaru | 2018-06-09 15:01 | アウトドア | Comments(0)

客船ロストラル L'Austral

夕暮れどき、港に何か見慣れない船がいると思ったら、
クルーズ船でした。フランス船籍のロストラル。
カタカナで名前を見て、どういう意味かと思いましたが
L'Austral とスペルを知れば「南」の意味が浮かびます。

d0174510_23475737.jpg
19時過ぎ、薄暮のいい時間でした。
d0174510_23491221.jpg
10,700トンと大きくはないけれど、
なかなかスタイリッシュな船です。

まあフランス、と聞くとすぐおしゃれだ、
デザインが洗練されている……と
結びつけるのはどうかと思うけれど……。
(ついでにいえば、ドイツらしい精密さとか、
ラテン的な明るさ、北海道らしい大らかさ、など……)


公表されている予定表では月曜の13:00に入港し、
火曜の18:00出港と、ゆっくりしたスケジュール。
大型クルーズ船でも港でのオーバーナイトはあまりなく、
朝着いて夜に出る、という船が多いようです。
ま、ゆっくりしてってください。
d0174510_23520290.jpg
第3埠頭の倉庫は、何やら廃虚的というか、
無機質な雰囲気です。
絵柄としてはおもしろいけれど、
船客を迎えるところとしてはどうだろう。
d0174510_23545643.jpg
写真を撮っていたら、
スケボーに乗った人が、
傍らをシャーっと通り抜けていきました。
乗客なのか??







[PR]
# by wilderness-otaru | 2018-05-28 23:59 | 小樽散歩 | Comments(0)

塩谷から笠岩・桃岩へ〈石切場の跡を見る〉

土曜日の夕方、塩谷から漕ぎ出します。
最近はだいぶ日が長くなり、
4時頃の出艇でも余裕です。
d0174510_23413987.jpg
塩谷から西に進んで、まず見えてくるのがこの笠岩。
d0174510_23404738.jpg
岩棚がウミウの営巣地になっています。
d0174510_23424014.jpg
d0174510_23430252.jpg
このあたりの海岸では、
古い国道の跡がいくつか見られます。
d0174510_23450801.jpg
d0174510_23453621.jpg
d0174510_23454198.jpg
戦前に造られた古い道で、
崩落した土砂に埋もれかけています。

さらに進んで桃岩へ。
明治時代から小樽軟石の採石が行われたところ。
d0174510_23513089.jpg
石を切り出した跡が、大きな洞穴になっています。
上陸してみました。
ちゃんと船を付けやすいように、
岩が削られています。
d0174510_23525476.jpg
d0174510_23533673.jpg
d0174510_23535042.jpg
帰路。
d0174510_23562634.jpg
忍路の半島と余市・シリパ岬、後方に積丹半島、と
重なって見えます。
d0174510_23574512.jpg








[PR]
# by wilderness-otaru | 2018-05-12 23:58 | アウトドア | Comments(0)

“ノルウェーの宝石”

2018年シーズン初の大型客船が本日、小樽に入港。
Norwegian Jewel、ノルウェーの宝石。
船籍はパナマだそうですが……。

9万3500トンと大型で、勝納埠頭に入ります。
18:00の出港だったので仕事帰り、港に寄ってみた。
d0174510_09055545.jpg
近くで見て、派手なペイントにまずびっくり。
ちょっと“宝石”のイメージとは違うけど……。
d0174510_09075946.jpg
港内でゆっくり向きを変え、
外洋に出て行くまでを
南防波堤基部から見ました。
d0174510_09083556.jpg
d0174510_09085281.jpg
d0174510_09091686.jpg







[PR]
# by wilderness-otaru | 2018-05-12 09:10 | できごと | Comments(0)