人気ブログランキング |

入船の高台

d0174510_10223773.jpg

海岸近くから山の手方面まで細長く延びる「入船」町の、いちばん奥まった高台にある光景です。草地のなかに不思議な造形が並ぶ様子は、何だか異国の墓地を思わせるような雰囲気。

これが実は水道施設です。配水池というらしい。
昭和初期の地図を見ると「中区配水池」として記載されています。
鉄製の重厚そうな、しかしよく見ると細かな装飾の施されたこの物体も、おそらくその頃からあったのであろう古風な雰囲気があります。
いったいどういう機能をもっているのかはわからないけれど……。

高さは1.5mくらいだろうか。
この“塔”は並び方が必ずしも整然としてはいなく、高さにバラ付きがあり(台座の有無の違い?)、塗り替えの時期の違いなのか、錆による色合いも異なります。そうした変化が視覚的におもしろいと思いました。


d0174510_10335111.jpg

d0174510_1035492.jpg

d0174510_10353616.jpg

d0174510_103638.jpg

▼全体はこんな感じ。柵の中に入ってはダメですよ。
d0174510_10375048.jpg


小樽の水道関連施設としてはほかに潮見台の浄水場の古風な建物もあります。昔の水道施設は、なかなか洒落たセンスで造られていたようです。







それにしてもこの辺の道は、かなりの急傾斜です。
お出掛けのご婦人も、汗をふきつつ……。
d0174510_10394969.jpg

by wilderness-otaru | 2012-07-25 21:41 | 小樽散歩 | Comments(3)
Commented by akiko at 2012-07-26 22:52 x
はじめまして、三十代の奥沢出身者です。
現在も実家はこの施設のすぐ下あたりで、
懐かしい風景に、思わずコメントさせていただきます。
子どもの頃、この施設のある丘を「水道山」と呼んでいたことを覚えています。
当時は柵はなく、中に入っていいだけ遊んでいました。
あの小さな塔のようなものに声を響かせると
他の塔にも反響して聞こえてきたこと、
写真にもある正面の大きな木(枯れているのかな?)に
登って遊んだこと、また、あの塔のさらに奥には
ある時期に一面水色の花が咲く原っぱがあったこと、
家族で潮祭の花火をあの丘から見たこと、
一瞬のうちにそんなことごとを思い出しました。
こんな機会を下さって、ありがとうございます。
またお邪魔しますね。
Commented by wilderness-otaru at 2012-07-27 09:14
akikoさん、コメントありがとうございます。
「水道山」ですか! 地元だけに伝わる地名ってけっこうありますね。
昔(でもないか……)の体験談、とても貴重です。いくら街のあちこちを訪ね歩いても、地域に暮らす方がたの実体験に勝るものはありません。
いい話を教えてくださって感謝!です。
Commented by wilderness-otaru at 2012-07-27 09:21
あ、それから正面の木、写真では色が地味で枯れているように見えますが、枯れてはいません。ノムラカエデという木でしょうか。春から秋までずっと、紅葉のように葉が紅い木です。元気でしたよ。
<< きょうもあすか 博物館の蒸気機関車 〜C55 ... >>