あの巨匠の作品が小樽に!! 〜ルイジ・コラーニのオブジェ〜

最近〈'84小樽博〉について書く機会があり、
いろいろ調べていました。
この博覧会でシンボルとして造られた
……大阪万博でいえば〈太陽の塔〉のような……のが、
巨大な二枚貝をイメージした
開閉式の〈オタルステージ〉。
博覧会の呼び物とすべく建てられたもので、
この建設だけに3億5千万円が投じられたのだそう。
d0174510_22442539.jpg

この博覧会では全般にわたって
インダストリアルデザインの巨匠、
ルイジ・コラーニ氏が
関わったことが伝えられています。
(このステージもコラーニデザインかと思っていましたが、
当時の書物によれば「ルイジ・コラーニ発案の……」という表現です。)
展示館のなかには
〈ルイジ・コラーニ広場〉が設けられ、
その斬新かつ奇想天外な
デザインワークが披露されました。

そこに展示されたオブジェの1つが、
今も小樽市内にあったのです。
それも実にさりげなく……。
色内の〈中央下水終末処理場〉の
一角にあるオブジェ、
名付けて〈Flying Shark〉がそれ。

僕はこのオブジェの存在は知っていて、
ずっと以前から道路を通りながら、
何だかイルカの像みたいなものがあるな、
くらいには思っていました。

それが、あの巨匠の作品だったとは……!!
d0174510_2341683.jpg

なるほど、これはイルカじゃない、
まさにフライング・シャーク。
d0174510_2352013.jpg

大きさは2.5mくらいはあるだろうか。
d0174510_23135623.jpg
このSharkのために池が造られ、
解説板まで掲げられているのでした。
(でも処理場の敷地は関係者以外立ち入り禁止でした。
あとから気付いたのだけど……)

ちなみにこの処理場ができたのは
博覧会開催と同じ1984年で、
その縁もあって会期終了後にSharkが
ここに設置されたのかもしれません。

写真の撮影は10月30日の正午頃。
曇って今ひとつの天気でした。
晴れ間の出た今日(31日)、
また同じ道を通ったので、
ふとSharkを見ると……。

あら……。

d0174510_2311864.jpg

Shark がいない!
どこへ飛んでいっちゃったんだ!?

敷地に入り、落ち葉掃きをしている
おじさんがいたので聞くと、
「あ〜昨日しまったばっかりだよ」。
ま、ちょうど昨日の最終日に見られたのは、
ある意味ラッキーか。
北海道では屋外の展示物などいろいろなものが
冬になると囲われたり、外されたり、
くるまれたりするのはよくあることです。
次に見られるのはまた来春。

昔の小樽の写真ストックを探したら、
ありました!! かれこれ30年前の画像です。
d0174510_944885.jpg

博覧会に展示中のフライング・シャークです。
噴水みたいに水が流れる仕掛けだったのですね
(たしかに尻尾の部分にホースが仕組まれている)
写真で見ると昔の方が
光沢があったようにも思われます。
まあ、30年も屋外に置かれているのだから
無理もないか……。

というわけで、久しぶりに
けっこうな発見をしてしまった気分です。

ついでにレアな画像をもうひとつ。
博覧会開催の前年1983年7月6日、
会場の勝納埠頭埋め立て地を
下見に訪れたコラーニ夫妻。
埋め立ての完工からまだ日が浅く、
サイロが建つだけの殺風景な空間でした。
d0174510_23585610.jpg








[PR]
by wilderness-otaru | 2013-11-01 23:29 | 小樽散歩 | Comments(0)
<< 手宮線、北側のあたり。 もみじの頃は、もみじばし 〜紅... >>