2014 高島の花火大会

 昨夜は〈高島漁港納涼大花火大会〉に行ってきました。おととしに続いて2回目。
 前回は高台に上がって見て、悪くはなかったけれど、やはり海の街の花火は海沿いで見たい、と水際で撮ってみました。
漁港付近はびっしりブルーシートを敷いて見物する大きなグループ、ファミリーが大勢で、まさに足の踏み場もない状態。
少し離れたところで何とか場所を確保しました。
d0174510_10312162.jpg

▲午後7時、打ち上げ1時間前の弁天島。ここから花火が打ち上げられます。
名物ナイアガラの仕掛けも準備完了の様子。
d0174510_9472124.jpg

d0174510_10303073.jpg

▲水際からは小樽港が広く見渡せます。画面左側にはウイングベイ小樽の観覧車、
右側の高いところで光っているのは天狗山山頂のロープウェイ駅。
d0174510_9533483.jpg

d0174510_15184498.jpg

d0174510_1015171.jpg

▲「水中花火」は海の街・高島ならではで、すばらしい。このほか名物のナイアガラもありますが、
写真はうまく撮れず。極端に明るいのでトンでしまいました。
手持ちで撮れるくらいのシャッタースピードでいいようです。また来年……。

 打ち上げ花火って次に何が来るかわからないから難しいです。
特に高島は低いの・高いのいろいろあるし……。
なかなか思い通りには撮れないけれど、花火を楽しみながらいろいろ試す、夏の夜の時間は楽しいです。
by wilderness-otaru | 2014-08-18 10:07 | できごと | Comments(2)
Commented by Y.O at 2014-08-18 22:07 x
お盆休みや花火大会が終わると一抹の寂しさが…小樽には秋の気配が訪れているかもしれませんね
Commented by wilderness-otaru at 2014-08-18 23:00
もうすでに朝晩は涼しくなってきました。学校の休みももう間もなく終わるし……。北海道の夏は本当に短いです。
<< ダイヤモンド プリンセス、秋の... 雨乞の滝へ 〜勝納川源流の“秘滝”〜 >>