忍路の海を漕ぐ 〜兜岩に登ってみた〜

しばらくぶりで海に出ました。
向かったのはやっぱり、忍路。
景色がいいし、
フネを出しやすいのも
気に入っている理由です。
(塩谷もいいけど、砂浜が広くて
道路から水際まで距離があるのが少々難)。

漕ぎ出したのは午後4時、
夕景への期待もありました。
d0174510_9185091.jpg

兜岩を見て、
上陸してみることにしました。
d0174510_9221553.jpg

外見どおり、急な岩山です。
ただし崩れやすそうなところはないので、
登るのはさほど難しくありません。
が、登るにつれどんどん狭く急になるので、
最後は両手両足を使って慎重に。
d0174510_9281724.jpg

尖った岩山のてっぺんまで登り詰めると、
そこには何と、大きな鳥の巣が!
カモメか……。
子育ての時期ではないので、
巣はすでに使われていなく、安心。
こんな険しいところで
親鳥にアタックされたら、
と思うとぞっとします。
d0174510_9305274.jpg

頂上からの眺め。
眼下に自分のカヤックが。
下りはけっこう怖かった!

8月15日の当ブログで、
忍路の昔を知る
須摩トヨさんのことを書きました。

須摩さんのエッセイ集、
「忍路閑話」のなかに、
須摩さんがだいぶ以前に、
ご家族とともに兜岩に登った思い出が
楽しく綴られていました。
地元の人にとってもこの場所は、
愛着あるところのようです。

岩のてっぺんに登る途中には、
小さな祠がありました。
その前には岩に
木の杭を打ち込んだ跡が2ヵ所。
小さな鳥居が建っていたものと思われます。
d0174510_1212651.jpg



再び海上へ。
d0174510_933342.jpg

外海に出ると、
この日はうねりがけっこう大きく、
気が引き締まります。
小さな入江で小休止です。
d0174510_8204853.jpg

奥にある大きな洞穴に入ってみると……。
岩のシルエットがクジラの尻尾のよう。

そうこうするうち、
西の空がいい色になってきました。
d0174510_937289.jpg

d0174510_9392275.jpg

その後、夕陽は雲の中に隠れてしまったけど、
まずまず気持ちのいい
サンセットクルーズを
楽しむことができました。








by wilderness-otaru | 2014-08-31 09:40 | アウトドア | Comments(0)
<< 星空を撮ってみた ダイヤモンド プリンセス、秋の... >>