人気ブログランキング |

赤井川村へ 〜サザエさん案山子と“村そば赤井川”〜

先日、小樽市の隣、赤井川へ行ってきました。
余市方面へ抜ける道路を走っていると、
急に視界に飛び込んできたのがこれです。
d0174510_2152418.jpg

サザエさん一家の案山子(かかし)です。
facebookなどに記念写真を載せている人がいましたが、
ここにあったのか!!
とても上手にできています。
黄金色に色付き始めた田んぼの一角に立つ一家の人形は、
いかにもほのぼのしていていいなあ。

この日の目的はサザエさんではなく、そばです。
「村そば赤井川」という店が、昨年(かな?)
オープンしたと聞いたので、食べに行ってみようと。
赤井川市街を過ぎて余市寄り、
道道沿いにあってすぐわかりました。
周囲をそば畑に囲まれた、いいロケーションです。
こげ茶色の渋い外壁が、なかなかしゃれてます。
d0174510_2264217.jpg

店内で食券を買うシステムで、もりそばは500円とお手頃。
そばは十割に繋ぎを3.5%加えた……と説明にありました。
そういうのを十割というのかな、と表現には
若干の違和感を覚えましたが、まあどういうものかは伝わります。
ほかに、かき揚げなど載せた?(←記憶不確かです)
温かいそばのメニューもいくつかあったようですが、
ここはやっぱり直球勝負のもりそばで。

しばし待って出てきたそばは、とても風味豊か。
程よく歯応えある麺です。
つゆも甘過ぎず(←ここが大事!)、いい味でした。
薬味は刻みネギのほか、辛みの強い山わさびです。
そばの持ち味を邪魔しない程度、箸の先でひとつまみを
ときどき口に入れると、風味が爽やかです。

麺の量は決して少なくはなく、
時に高級志向を気取った店にありがちな、
800円くらいで「こんだけ!?」といったもりそばとは違います。
値段からみて機械製麺なのだろうけれど、
まあおいしければいいんで、満足度の高い店でした。

店舗はもともとあった古い住宅を、
手造り的に改装して仕上げたものだそう。
若いスタッフの接客もてきぱきしつつフレンドリーで、
好感がもてました。

店は夏〜秋の土日、昼どきのみの営業だそうです。

店の周囲は広いそば畑。
d0174510_14593217.jpg

by wilderness-otaru | 2014-09-09 22:52 | 北海道の各地 | Comments(0)
<< 公園通り〜第三大通りの界隈 下赤岩山・テーブルリッジ。〜今... >>