祝津からオタモイへ 〜本日のパドリング〜

めっきり秋めいて肌寒くなってきたけれど、21日の日曜日はさわやかな快晴、気温も上がりました。
絶好の海日和で、祝津から漕ぎ出すことにしました。
d0174510_22544097.jpg

高島岬の先端を回航。
おや? 今日は釣り人がまったくいない!
いつもこのあたりにはほぼ必ず竿を出している人がいて、遠投していると困るので、岸から100mくらい離れて通ります。
みんなサケ狙いで河口に行ってるのか!? 
ともあれ、大回りしなくて済むのは大変助かります。
d0174510_234164.jpg
d0174510_2334996.jpg

荒々しい断崖風景が水際に迫り、海中も岩だらけ。ここを進めるのは、喫水30cm足らずのカヤックの特権です。
浅瀬で白波が立つ岩の間をすり抜けて行くのは、ちょっとしたスリルがあって気持ちいい。
d0174510_1915068.jpg

このあたりの岩肌は本当に赤く、まさに「赤岩」という地名の由来が実感できます。
漕ぎ進んでオタモイへ。
d0174510_231722.jpg

龍宮閣跡をすぐ下から見上げます。

オタモイといえば8月の大雨でまた土砂崩れがあり、地蔵堂への遊歩道が埋まったと新聞でも報じられていました。
どんな具合なのか気になります。

海上から見ると地蔵堂の煙突から(?)煙が上がっているのが見えました。上陸する予定はなかったのだけれど、
それを見たら素通りするのも忍びない気になって、海岸にカヤックを揚げました。
d0174510_23413776.jpg

堂守りの村上さんと僕は、ちょっとした顔馴染みです。
何年か前に、地蔵堂のあたりで写真を撮っていたら、写真をくれないかと請われ、後日、新旧いろいろな写真をとり混ぜて持っていったら、大層喜ばれたのでした。
ここを訪れる人にオタモイの話を聞かせるのに役立つのだと……。
d0174510_23435078.jpg

海岸から地蔵堂に上がって話を聞くと、やはりトンネル上で崩落があって、落石防止の金網が押しつぶされ、かなり通りにくい箇所があるらしい。
でもまったく通れないわけではなく「まあ何とか自分で直さないとなあ……」と意外に呑気だったので安心しました。
(龍宮閣跡、地蔵堂への道は、通行禁止になっています)

新しい観光船が最近はずいぶん慎重にこの沖合を通ること、塩谷からシーカヤックのツアーがたまに地蔵堂までやってくること、
野鳥のこと、七曲がりのあたりでヤマブドウが採れること、などいろいろおしゃべりして30分ほど過ごし、地蔵堂をあとにしたのでした。

ここまでで帰路につくことにします。
また赤い岩の海岸沿いに漕ぎ進み……
d0174510_2346286.jpg

高台にホテル、ノイシュロスが見えてきたらゴールは間近です。

by wilderness-otaru | 2014-09-22 23:50 | アウトドア | Comments(2)
Commented by 小梅太郎 at 2014-09-23 11:00 x
うわ〜、懐かしいです!
子供のころは、オタモイと言えば、必ずこちらまで来てました。
そうそう、先日、また土砂崩れがあったというニュースをみて、どうなったかなぁ、って思ってたんです。
海から行くっていうのが、さすがですね。
Commented by wilderness-otaru at 2014-09-23 20:10
へ〜小梅さんも昔のオタモイ行ったんですか……。ニュースを見て想像したほど状況は悪くないようでしたが、厳しいことは確か。
<< セレブリティ・ミレニアム SLニセコ号 〜2014年の運... >>