小樽公園通り 〜本日の通りすがり〜

公園通り。水天宮の下から小樽公園まで
ほぼ一直線に上がっていく通りです。
d0174510_22103059.jpg

国道5号から下側(海側)は
花園の歓楽街の一角に属し、飲食店が多い。
といってもけっこう歯抜けになってますが……。

ちなみに画面に見える〈ミツウマ〉のアーチ看板。
このように通りを跨ぐ形の看板が昭和30年前後から、
市街中心部の目抜き通りにいくつか造られていたことが、
古い写真を見るとわかります。
比較的近年(といっても10年くらい前)まで花銀通りに
〈コカ・コーラ〉、〈サッポロビール〉の
看板があったことは記憶していますが、
市内に現存する単一企業の広告看板は、
このミツウマだけです。

アーチ自体も老朽化しているはずだし、
何より広告効果が見込めないということなのだろうな……。
そんななか昨2014年末に、このミツウマの看板は
改修されたらしい。
照明がLEDになり、3つの馬のマークも
微妙に絵柄が変わったのだそう。

何の変哲もない街並みだけど、ふと見ると
建物がけっこうおもしろいことに気付きました。
d0174510_22142452.jpg

▲昭和初期の建物なのか、微妙に
アールデコっぽい幾何学模様が入ってます。
アーケードになっているので、店の前を歩いていると
気付かないのだけど。
d0174510_2214137.jpg

▲これなんかも。
画面奥の建物は、今はミレットという喫茶店
(食事メニューも充実しているらしい)ですが、
戦前は「麻田百貨店」という、名前だけは“デパート”でした。
見てのとおり、普通の商店より
若干大きめというだけなんですが。

昔の小樽にはこのような“自称百貨店”が
いくつかあったようで、中央通りの港側、
今のホテル・ノルドのあたりには
「寺西百貨店」という店があったのを、写真で見ました。
このミレットの建物もよく見るとなかなか凝った意匠で、
昭和初期的モダンです。

d0174510_22312942.jpg

▲山側を見る。
左端、和食料理店「た志満」のあたりは
石川啄木が一時期(そもそも啄木の小樽暮らしはわずか4ヶ月足らずで終わるわけですが……)
暮らした下宿の場所(建物は違います)
店のショーウィンドウに啄木の肖像が飾られてます。

画面中ほど、黄土色の建物は旧〈小樽無尽〉、
その奥には〈公園通教会〉の尖塔が見えています。

ところで例のミツウマの看板、改修前の画像を見て、
現在のものと比べてみました。
なるほど、ビミョーに……。
d0174510_9352529.jpg





by wilderness-otaru | 2015-02-25 22:44 | 小樽散歩 | Comments(3)
Commented by rerakik0919 at 2015-03-01 19:41
この通りも懐かしですね
よく「うめやスポーツ」に行きました
また、現在の「ミレット」さんも数十年前は
紳士服の店だったと思いますヨ
IKUO
Commented by wilderness-otaru at 2015-03-02 09:04
紳士服店でしたか。
それは知りませんでした。20年くらい前に「わいわい亭」という飲食店だったことは知っていましたが……。
ありがとうございました。
Commented by rerakik0919 at 2015-03-02 23:37
35年前くらいの話しですヨ IKUO
<< 本日の通りすがり 〜入船界隈〜 忍路、今度は反対側のポロマイ岬 >>