人気ブログランキング |

少年ジャンプ大会 〜潮見台シャンツェでNHK杯〜

3月22日は市内にあるスキージャンプ台
〈潮見台シャンツェ〉で小中学生の大会、
NHK杯少年ジャンプ大会がありました。
たまたま前日、ジャンプ少年団の
コーチをしている知人に会って
大会のことを聞いたので、
見に行きました。

全道大会と全国大会を兼ねているため
地元小樽の少年団のほか、
札幌、余市、下川など道内チーム、
さらに道外からの参加者もあって、
シーズン最後を飾る大きな試合となります。
d0174510_18194796.jpg
d0174510_18211513.jpg
d0174510_18262265.jpg
d0174510_18273472.jpg
d0174510_18343227.jpg
▲1本目を飛んだあと、
コーチのアドバイスをもらいながら2本目へ。
ジャンプの長い板を担いで、
階段を登るのはけっこう大変そう。
小さい子のなかには途中よろけたり、
つまずいてしまう子もいました。
ガンバレ!!

d0174510_18373941.jpg
▲始めて日が浅い子は、ミニヒルでのジャンプ。
飛距離10m足らずですが、ちゃんとV字になってます!
d0174510_18391923.jpg
▲そしてこの日の最年少は、幼稚園の女の子。
まだ正式に入団したわけではないそうで、
ジャンプというよりランディングバーンを
滑り下りるだけの“特別参加”です。
とはいえ急斜面を直滑降で滑るのだから、
大したものです。堂々と滑って拍手!

d0174510_18291022.jpg
d0174510_18294162.jpg
d0174510_18315080.jpg
d0174510_18330206.jpg
スキージャンプというと一般には
あまり馴染みのない競技と思われますが、
小樽では古くから名選手が生まれた伝統あるスポーツです。
少年野球やサッカーのように、
街なかにあるシャンツェで
手軽に競技を見られるのは楽しいです。

小樽の少年団は、近年では部員10人前後ですが、
平日、毎日に近い頻度でナイター練習するなど、
やる気十分なのだと聞きました。
がんばってもらいたいものです。












by wilderness-otaru | 2015-03-23 18:53 | できごと | Comments(0)
<< 水道山の春 シーズン初漕ぎ。やっぱり忍路。 >>