冬の朝里天狗岳に登ってみた

全道的に初雪が遅れていた2018年の北海道ですが、
小樽では11月21日にやっと積雪。
翌22日にかけて、まとまった量が降って
すっかり雪景色となりました。

例年、雪の降り始めに近場の山に行きます。
少し積もった雪の上を、スノーシューを使わずに登るのは
なかなか気持ちがいいものです。
今回、行き先にしたのは朝里天狗岳。
この日は20cmほど雪が積もっていたので、
最初からスノーシューを使っての登りとなりました。

家から登山口までクルマで10数分という近さですが、
実はつい最近まで、登れることを知らなかった。
初めて登ったのは1ヶ月ほど前、
紅葉が終盤を迎えた頃でした。
(そのときのことはこちらを)

d0174510_11252094.jpg
道道脇から送電線下の切り開きを登ります。
ふわりとした雪が降り積もった森の空気が清々しい。
d0174510_11384347.jpg
d0174510_11385711.jpg

d0174510_11314125.jpg
枝にたっぷり雪が乗っているので、
ときどき落ちてきて、雪をかぶることも……。
d0174510_11324616.jpg
▲山頂部に到着。
d0174510_11333113.jpg
さらに進んで「見晴台」から北側を望みます。
眼下に朝里ダムのダム湖、遠くに小樽の市街地と石狩湾。

d0174510_11345692.jpg
着いて間もなく、雪雲が広がってきました。

d0174510_11361078.jpg
ところで見晴台の標識が立っていますが、
これ、1カ月前に来たときはありませんでした。
もう山のシーズンも終わりという頃になって
誰かが立てたようです。

送電線下からの分岐、山頂にも
新しい導標が付いていました。

d0174510_11394142.jpg
ひとしきり展望を楽しんだあと、
下山にかかります。
けっこう急な下りなので慎重に……。






[PR]
by wilderness-otaru | 2018-11-25 11:40 | アウトドア | Comments(0)
<< 魚留の滝、雪景色 日高・浦河にて。日高本線の線路... >>