室蘭へ 「一日散歩きっぷ」の小旅行 カレーラーメン・母恋駅・円形校舎に夜景など

地球岬から帰りはわりとタイミングよくバスがあったので、
それに乗って街に戻ります。
そこで食べるのはカレーラーメン!
室蘭名物の一品です。
入ったのは有名店のひとつ「味の大王 室蘭本店」。
カレーラーメンはここが発祥なのだとか……。
昼どきだったので、店内はほぼ満席。
ほとんどの人がカレーラーメンを注文していたみたい。
d0174510_12364114.jpg
幟をもっているのは「ボルタ」、これも室蘭名物。

で、カレーラーメン、まずまずおいしかった
……けれど、正直いうとカレーのスパイスが強すぎて
スープの旨味なんかがよくわからない。
自家製のコシの強い縮れ麺で、きっと
スープもていねいに作っているのだろうけれど。

ま、名物だから一度は話の種にってことで。

その後、行ったのが母恋駅。
地球岬からの帰り、バスの車内から見た駅舎が味のある造りで
惹かれるものを感じ、列車でひと駅乗って、行ってみました。
d0174510_12481164.jpg
d0174510_12485852.jpg
なんだか「ディスカバージャパン」的な味があります。
d0174510_12483044.jpg
d0174510_12511452.jpg
近年では「母恋めし」という駅弁が人気なのだそう。
数量限定なので入手しにくいという話も聞いたけれど、
室蘭駅で普通に売ってました。あとで行った道の駅にも。
オフシーズンだからかな。買ってはいません。

その後、再びバスに乗り白鳥大橋の見える祝津町へ。
祝津という地名は小樽にもあります。
小樽、室蘭とも「祝津」に水族館があるのは
おもしろい偶然です。

バスの車内から再び発見。絵鞆小学校の円形校舎です。
建物の存在は聞き知っていましたが、ここだったのか!
車窓からちらりと見て、すぐ下車し、行ってみました。

円形二連の“メガネ型”。
小学校はすでに閉校しています。
一棟は教育委員会が使っているそうですが、
もう一棟は耐震補強工事ができていなく、
使い手が決まらないまま、解体が避けられないらしい。
d0174510_13045268.jpg
d0174510_13053558.jpg
少し歩くと白鳥大橋が間近に見えてきます。
d0174510_13073469.jpg
道の駅でひと休みするうち、
日が暮れて夜景の見られる時間になってきました。
d0174510_13085770.jpg
橋のたもとの展望台から。

室蘭といえば「工場夜景」も知られるようになってきました。
d0174510_13095606.jpg
ここでは対岸に見える灯りが、JXTGの製油所。

もっとも室蘭でも工場をはっきり見られる場所は多くなく、
おもには「港の夜景」になるようです。
何といっても白鳥大橋が絵になりますから。

市街地にあるいろいろな夜景スポットが
観光案内パンフなどにも紹介されていますが、
徒歩旅行で巡るのは現実的ではなく、
今回訪れたのは、手軽に行ける白鳥大橋展望台のみ。

再び街に戻り、名物「室蘭やきとり」を賞味。
やきとり、といっても豚を使うのが室蘭流。
旨かった〜。

そもそも敢えてクルマでなく、列車で室蘭に来たのは
やきとりの店に行くため、といっても過言ではないのでした。
やきとり食べるのにノンアルはないよね。

ひとしきり飲んで食べて、帰路につきます。

d0174510_13170999.jpg
夜の室蘭駅。
まだ8時前だというのに、
駅の業務は終わっていて、無人駅状態。
何かわびしい感じ……。








[PR]
by wilderness-otaru | 2018-12-05 13:19 | 北海道の各地 | Comments(0)
<< 後志自動車道 新しい高速道路ができた 室蘭へ 「一日散歩きっぷ」の小... >>