人気ブログランキング |

フレディ・マーキュリーと金閣寺

映画「ボヘミアン・ラプソディー」について。

今さらいうまでもないですが、かなりの人気です。
僕は2回観ました。

すごいヒットのようで、
一種の社会現象としてTVのニュース番組なんかでも
取り上げられているのをいくつか見ました。

リアルタイムのQueenを知らない
若い世代にも受けているそうですが、
僕が観たかぎりで映画館の観衆は、
自分と同じ50代くらいとおぼしき同世代の
おじさん・おばさんがほとんどで
親近感&安心感がありましたね……。

ま、世代的には70年代半ば、最初期のQueenを
ドンピシャで知っているわけです。
しかしQueenというバンドには、
実のところほとんど思い入れがない。

今でいうビジュアル系のハシリみたいなところがあって
女子受けするバンドという印象が強かった。
何だかオペラライクな派手なコーラス、
大仰なアレンジが鼻についたし……。

当時の僕ら、ギター小僧の多くは同時代の
パープル、ツェッペリン、ベックにクラプトンあたりを
“神”と崇めていたと思います。
(思えばすごい時代だよね……)

というわけでQueenの映画ができると聞いても、
当初はあまり関心がなかった。
知ってる曲もいくつかの“超有名曲”以外には、
あまりなかったし……。

しかし観てみたら……スゴいね、これは。
感動しました。

何といっても後半、ライブの場面のリアリティがすごい。
ギター弾きの目線で観ても、違和感がまったくない。
俳優はもともとのミュージシャンではないのに、
相当な練習を経て楽器をマスターしたらしい。

映画のなかで印象に残ったシーンは数多くありますが
ひとつ、フレディ・マーキュリーの自宅(?)内のシーンで
壁に貼られていた金閣寺のお札。
d0174510_22193917.jpg
映画の後半、フレディがソロ活動を始め、
バンドが不穏な雰囲気になるあたりでしたが、
フレディの背後に、この金閣寺のお札がはっきり映っていました。
たまたま映ったという感じではなく、
アングル、時間の長さともに、
すごく意図的に映されたことが明らかです。

フレディはかなりの親日家だったらしい。
映画のなかでもキモノをガウンのように羽織っていたし。

このお札、僕の仕事部屋に貼ってあるものですが、
実のところこれは金閣寺参拝の際の入場券です。
毎日目にしているこのお札が、映画館のスクリーンに現れたときは、
え〜っと驚き、次いで笑ってしまった。

京都のほとんどの社寺では参拝料として数百円を取ります。
多くは普通のチケットですが、金閣寺で受け取るのはこのお札。
僕が京都に行ったのはもう20年近く前になりますが、
このお札は部屋の壁にずっと貼ってあります。
ほかの社寺の入場券はすぐに捨ててしまったけれど、
「御守護」などと書いてあると、何やらもったいない感じで。

というわけで、映画のサントラを繰り返し聴き、
Bohemian Rhapsodyのピアノやギターのフレーズを弾いてみたりと
いろいろ楽しんでいます。








by wilderness-otaru | 2018-12-22 22:45 | できごと | Comments(0)
<< 冬の赤岩山 テーブルリッジからの展望 後志自動車道 新しい高速道路ができた >>