カテゴリ:鉄道( 42 )

塩谷で再び汽車を撮る。リベンジの結果は……

先週の土曜日はまずまずの天気で塩谷~蘭島、
海の見える高台で列車を撮影。
いちばんの本命は、塩谷駅方面を俯瞰する
高台のポイントでした。あらかじめ地形図を見て、
見当を付けておいた場所に行き、
狙いどおりの風景を見られた……のだけど、
撮った写真がどうも今イチ。
それで、リベンジに再トライとなりました。
しかし天気はあまり良くない。

まず、1本目はオーソドックに海バックで。
d0174510_23501149.jpg
次は長い直線区間を俯瞰。
d0174510_23512111.jpg
▲まず130mmあたりで。
d0174510_23513253.jpg
▲次は55mmに引いて。
d0174510_23514910.jpg
▲最後は28mmまで引きながら
素早くシャッタースピードを1/30に。
何せ列車本数が少ないから、いろいろやらないと。

さて最後は本命の高台ポイントへ。
d0174510_00011128.jpg
駅の周辺を見下ろす場所まで登りました。
しかし雪がちらついて、視界が悪い。
d0174510_00024183.jpg
12:45、上下の列車が交換します。
d0174510_00041667.jpg
望遠で撮ったホームの画像を見て
気付いたのだけど、
小樽駅方面からの列車で降り立った一団、
ホームで写真でも撮っているらしく、
一般的な駅の乗降客とは違う感じ。
観光客のようです。
韓国とか中国から来た人かな……。
朝里駅に中国の観光客が
多数訪れるようになったという話はありましたが。
d0174510_00055131.jpg
ちなみに次の2点は前の週に撮ったもの。
天気が全然違います。
ただレンズのAFの具合が悪くて、
わずかながらピントが甘い。
d0174510_10413226.jpg
d0174510_00073769.jpg
それが心残りで、今回の再撮影となったのだけど、
果たしてリベンジといえるのか……。
やっぱり晴天にはかないません。










by wilderness-otaru | 2018-01-29 00:12 | 鉄道 | Comments(0)

久しぶりに“撮り鉄”!

久しぶりに鉄道の写真を撮りました。
塩谷〜蘭島、海がバックに見えるあたり。
d0174510_16510536.jpg
昭和40年代、C62重連の急行ニセコの時代にも
ポピュラーな撮影地だったらしい。
当時は線路を越えて山側に入る道路があり、
簡単に撮影できたようです。

★この道路について、詳しくはこちらを。

今でも道路の名残はかすかにありますが、
深いヤブに覆われ、積雪期以外は
立ち入りが困難です。

今の時期はスノーシューを履いて、
歩き回るのは容易です。
ただし撮影となると、
不用意に足跡を付けないように、
考えながら進まないと……。
d0174510_16562530.jpg
d0174510_16564559.jpg
d0174510_16571172.jpg
d0174510_16571957.jpg
ワンマンって書いてあるけど、
車掌さんが乗っているみたい。
d0174510_16573000.jpg
d0174510_16573856.jpg

明治時代のトンネル。
d0174510_16582771.jpg
d0174510_17094805.jpg
d0174510_16591230.jpg
計5本の列車を撮りましたが、
最後、本命の場所の撮影は、
いいポイントを見つけながら
不満の残る結果に……。

またリベンジするつもり。








by wilderness-otaru | 2018-01-22 17:03 | 鉄道 | Comments(0)

ニセコエクスプレス・ラストラン

リゾート列車「ニセコエクスプレス」は
本日がラストランでした。
デビューしたのは1988年、
まさにバブル景気、
スキーブームの時代の象徴のような列車。

私もその頃、東京からスキーに来て、
この列車で札幌からニセコの
スキー場に行ったことがあります。
まさに企画どおり……。

この手のラストランって、
行ったことがないけれど、
今回は手近な場所で撮ってみた。
オタモイから塩谷に
入ってすぐのあたりです。

ちょっと雑然とした感じはありますが、
編成全体をサイドから撮れる場所は、
小樽市内ではあまりない。
「SLニセコ」が走っていた頃は
何度か撮ったことがあります。
久しぶりに行ってみたら……。

d0174510_10144937.jpg
あれ……?
背景に大きな建物ができて、
雰囲気がだいぶ変わってしまった。

d0174510_20330440.jpg
これだけではつまんないので、
以前に同じ場所で撮った画像を
出してみます。
なつかしいSLニセコ。
ほんの数年前ですけどね……。

d0174510_20344487.jpg
▲2014.10.12

d0174510_20350561.jpg
▲2010.9.18

d0174510_20352454.jpg
▲2009.10.18

以前は、それなりに
のどかな雰囲気がありました。

以下は本日の画像です。
d0174510_20524883.jpg
撮影場所のすぐ先は
塩谷トンネル。
d0174510_20533805.jpg
この区間の開通は明治36(1903)年。
トンネルは完成から100年を優に超え、
古風な趣がたっぷりです。
d0174510_20552605.jpg
踏切の名は「青木踏切」。
近くに青木さんの家があったのだろうか。











by wilderness-otaru | 2017-11-04 21:00 | 鉄道 | Comments(0)

札幌駅にて。緑色のニューフェイス

先日、札幌駅で見た特急〈ライラック〉。
今年3月から札幌〜旭川で運行されている列車です。

走っている姿を見たことはあるけれど、
駅構内で間近に見るのは初めて。
d0174510_11484519.jpg
鮮やかな緑色に惹かれて、カメラを向けました。
この色、好きです。
色の名前を何といえばいいのだろう。
「パロット・グリーン」あたりが近いかも。

去年までは新青森〜函館間の〈スーパー白鳥〉として走っていた
789系0番台の車両で、北海道新幹線の開業にともなって
道央圏に移ってきました。

d0174510_12094520.jpg
▲これは2016年1月28日の函館駅。
開業に先がけて行われた、報道関係者向けの
新幹線試乗会に行ったときに撮ったのでした。

d0174510_11550097.jpg
SOYAってどういうことかと調べたら、
JR北海道のウェブサイトに説明がありました。

編成ごとに道央・道北圏6エリアの観光素材をラッピングしたのだそうで、
この編成は「宗谷」テーマで、レブンアツモリソウの絵柄です。

列車がライラックなのに、他の花の絵柄でいいの?
という議論は、もしかしたらあったかもしれない。
ちなみにラッピングでは1エリアにつき、4つのアイテムが描かれていて
宗谷地方では他に利尻山、サロベツ原野、宗谷岬。

代替案としては稚内名物ミズダコ、宗谷牛、
利尻昆布なども考えられますが(食べ物ばっかり……)
車両に描くには今イチですね。
d0174510_12021217.jpg
〈スーパー北斗〉と並ぶ。
d0174510_12032667.jpg
ふだん、利用する駅で列車の写真を撮ることなどあまりないけれど
たまに撮っておくと、何年後かには案外、
記録として貴重なものになるのかも。













by wilderness-otaru | 2017-05-11 12:14 | 鉄道 | Comments(0)

特急ニセコ、走る

先週末、実に久しぶりに鉄道の写真を撮りました。
函館本線塩谷〜蘭島の高台。
臨時特急ニセコが走るので、それも狙いです。
d0174510_22345224.jpg
d0174510_22240949.jpg
この車両、かつてはニセコ・エクスプレスという
スキー臨時列車に使われていたもので、
僕も昔、東京から北海道にスキーに来て、
乗ったことがあります。
1988年頃。
バブル期、スキーブームの時代です。
かれこれ30年近くにもなる……。
d0174510_22360374.jpg
d0174510_22363630.jpg
しかしこの場所は何といっても
海バックの景色が魅力です。
蒸気機関車の時代に来たかった……。








by wilderness-otaru | 2017-01-24 22:38 | 鉄道 | Comments(0)

消える駅、石北本線金華駅

北海道新幹線は明日、2016年3月26日に開業。
それに合わせてダイヤ改正が行われますが、
同時に廃止される駅もあります。

石勝線・十三里駅、東追分駅、
根室本線・花咲駅
函館本線・鷲ノ巣駅、
石北本線・上白滝駅、旧白滝駅、下白滝駅、金華駅。
北海道内では計8つです。

これらのなかで僕が行ったことのある唯一の駅が、
石北本線金華駅。
行った、といっても列車に乗降したのではなく、
車で近くを通った折に立ち寄ったのでした。
d0174510_09251161.jpg
2007年7月、
国道242号を走りながら
「金華駅」の標識を見て、
そのなつかしい字面に即座に反応し、
駅に向かう脇道に車を進めました。

駅もその周辺もがらんとして、
人けはなし。
駅前にクマ出没注意の看板が立っているのもすごい。
d0174510_09293366.jpg
d0174510_09295317.jpg
駅前に10軒くらいの家並みがありましたが、
いずれも人が住んでいるとは思えない姿で、
ゴーストタウンのようだった……。
もう少し写真を撮っておけばよかったと、
今になって思います。

「金華」とはアイヌ語由来でもなさそうで、
少々不思議な語感の地名です。
調べてみると旧地名はポンムカ、
住友鴻之舞金山の奔無加支山があったことに由来するらしい。
金が採れるから「金華」と、
けっこう縁起のいい地名です。

ところで、僕がなぜ金華駅の名に反応したかといえば、
この名がかつて、蒸気機関車の撮影地として知られていたから。
金華駅そのものより、隣にある常紋信号所が鉄道ファンには有名で、
人里離れた峠の上に位置する信号所に、
多くのファンが乗り降りしていました。
d0174510_09364145.jpg
石北本線 常紋信号所〜金華間・1974年4月1日

急勾配、カーブが連続する区間で蒸気機関車には難所、
ファンにとっては撮影名所。この日は雨でした。
42年も前!
僕は中学2年生でした。

ちなみに、蒸気機関車現役時代の写真を、
スキャンしてデータ整理するのが、
かねてからの課題です。
現状ではいくつかを
断片的にデータ化したのみなので。

いずれはまとめて別サイトで公開したいと、
構想だけはあるのだけど……。












by wilderness-otaru | 2016-03-25 09:44 | 鉄道 | Comments(2)

塩谷、海を見下ろすかつての廃道から(2)

塩谷、山中からの俯瞰、続編です。
今度は列車写真。

トンネルの上の山から見下ろすと、
林間に一部分だけ開けた箇所があり、
そこを望遠で狙います。
下り列車、後追いです。
d0174510_23141285.jpg
d0174510_23152398.jpg
このアングルだと雄大な峠の景色のよう。
紅葉の時期は見事だろうけど、
ヤブが濃くて到達はまず無理か……。
d0174510_23074980.jpg
さらに高い場所から上り列車。
この区間では列車の間隔が40分程度なので、
そう時間を持てあますことはありません。

背景の山の上に見える建物は、
天狗山のレストハウス。
山の中腹にショベルカーが見えるのは、
高速道路の工事現場です。
このあたりも風景は急速に変わっていきます。

山の中で撮る最後の下り列車は、
トンネルのすぐ上から狙います。
d0174510_23264174.jpg
レンガアーチがいかにも古風。
この区間(蘭島〜小樽中央)の開通は、
明治36(1903)年。
優に100年を超えた歴史ある建造物です。
d0174510_11202466.jpg

色、アングル、露出など、あと処理で加工してます。
d0174510_23295009.jpg
さて日も陰ってきたので、あとは塩谷駅へ。
17時2分、上下の列車がすれ違います。
d0174510_23351503.jpg
古風な跨線橋のある風景がいいなあ。
この跨線橋は昭和33年撮影の写真に写っているので、
築60年くらいにはなるはず。
d0174510_23424993.jpg
d0174510_23385624.jpg
d0174510_23435541.jpg
いろいろ撮れて、楽しい半日でした。












by wilderness-otaru | 2016-03-23 23:48 | 鉄道 | Comments(0)

塩谷、海を見下ろすかつての廃道から 

このあいだの休日、天気がいいので、
久しぶりに列車を撮りに行きました。
といってもカシオペアや、
急行はまなすの
ラストランではなく……。

塩谷駅の西側、
海を見下ろすポイントです。
d0174510_12395301.jpg
昭和40年代、SLブームの時代には
有名な撮影地だったところ。
今は深いヤブに覆われ、
容易に立ち入ることができません。
ただし雪のある時期にスノーシューを履けば、
わりあい簡単に歩き回ることができます。
雪の締まった今は、特に歩きやすい。

→過去の記事:
d0174510_12452957.jpg
道路の痕跡がはっきりとわかります。
ここを辿って上まで進んでみます。
d0174510_12462733.jpg
塩谷漁港方面を望む好展望。
d0174510_12470987.jpg
d0174510_14053847.jpg
余市、積丹方面を望むビューポイント。
d0174510_12484020.jpg
海岸沿いに立つ笠岩が眼下に。
国道のこの区間はトンネルなので、
クルマから大岩はほとんど見えません。
(トンネルの名は笠岩トンネル)。

d0174510_13010270.jpg
鉄道の写真が主目的だったのだけど、
景色が想像以上に魅力的で、
いろいろ楽しめました。

昭和28年の地形図を見てみると……。
この時代、現在の国道5号は「四号線」でした。
塩谷はまだ小樽市に編入されていなく、
街並みのなかに〇の記号で示される
塩谷村役場があります。
国道はこの集落に回り込む形で通っています。
現在のようなショートカットが
できたのは昭和40年代。

画面左側、「忍路方面に向かう内陸の道」
と記したのが、今回歩いた道です。
現在のフルーツ街道、
「文庫歌(ぶんがた)トンネル」の上を、
ぐるっと大きく回る道でした。
先端部104.8mの三角点があるあたりが、
笠岩を見下ろすポイントです。

クルマ1台が通れるくらいの
道幅はあったようですが、
果たしてどれほどの交通量があったのか……。
その後、昭和40年代の地形図で
この道は「小径」として点線で記されています。
フルーツ街道が開通するの
は昭和末期のことです。

道路のことを書いていたら
長くなってしまった。
鉄道の写真は、
回を改めて載せることにします。










by wilderness-otaru | 2016-03-23 13:09 | 鉄道 | Comments(0)

函館の列車たち

函館の北海道新幹線試乗会の続きです。
今回の函館行きは1月28日の試乗会と、
その前日に行われた新幹線グランクラスの
車内サービスに関する記者発表、
2つに参加するのが目的でした。
d0174510_10160783.jpg
試乗会当日の朝。けっこう雪が降っていました。
d0174510_10170391.jpg
新幹線の起点となる新函館北斗(現在は渡島大野)までは、
函館本線の普通列車でのんびり行きます。
車窓から見ると、函館から
五稜郭にかけては車両基地があって、
けっこういろんな鉄道車両が見られます。
d0174510_10195639.jpg
貨物列車を引くDF200が多数。
d0174510_10211451.jpg
さて、これが渡島大野駅。
左に見えているのが真新しい新幹線の駅です。
下に降りると既存のホームに出ます。
こちらは特に目立ったリニューアルは、されていない様子。
ホームの幅が狭い。
この吹きさらし感、ローカル線っぽさ……。
快適な新幹線車両に乗ってきた人には
けっこうつらいギャップかも。

新幹線開業に合わせて、ここから函館駅までは
〈はこだてライナー〉という快速列車が運行されます。
乗車時間は15分程度ということもあり、
車両はロングシートのごく実用的なものだそう。

d0174510_10280251.jpg
帰途、函館駅で〈スーパー白鳥〉の姿を見ました。
新青森〜函館、東北新幹線から
北海道への連絡列車として運行されていますが、
北海道新幹線の開業で、運転は終了します。

この車両、789系がどうなるのかが気になりますが、
調べてみるとJR北海道からの発表として、
現在、札幌〜旭川を走っている〈スーパーカムイ〉
785系を順次廃車して、
この789系に置き換える方針が
すでに決まっているようです。
函館山をバックにした姿が見られるのも、
あとわずかとなります。
d0174510_13310873.jpg
色鮮やかな車両が札幌駅に来るのは、
けっこう新鮮な光景かも……。

それにしても全体が大きく湾曲した函館駅のホームって、
思えばかなり変わった造りです。

曲がっている理由はひとえに、
かつての青函連絡線桟橋に合わせるため。
ホームの見通しが悪いのは、
業務の上では不都合だろうけど、
どこか風情ある光景という気もします。
d0174510_10415765.jpg












by wilderness-otaru | 2016-02-02 10:42 | 鉄道 | Comments(0)

塩谷、海を望むかつての有名撮影地

函館本線、塩谷駅の蘭島寄りにほんの一瞬だけ、
背景に日本海を望むポイントがあります。
昭和40年代、いわゆるSLブームの頃には
ポピュラーな撮影地だったようです。
しかし今では一帯がクマザサのヤブに覆われて、撮影は困難。
過去には苦労して『SLニセコ号』を撮ったこともありました。

雪に覆われる時期なら楽に撮れるだろうと思いつつ、
なかなか実行せずにいましたが、今日、やっと撮影へ。
d0174510_22374232.jpg
スノーシューで雪上を歩き回り、
海を見下ろすポイントに辿り着くのは、
確かに雪のない時期のヤブ漕ぎよりは、
はるかに楽でした。

もっとも今日は、天気予報では終日、雪。
降った量は多くなかったけれど、
空は雲に覆われてどんよりとした天気でした。
上の写真で海がはっきり見えたのは、
実はかなりラッキー。

最初に撮ったのは……
d0174510_22414340.jpg
列車が来る5分ほど前に、雲の塊が押し寄せて、
あっというまに背景は真っ白に。

次、2本目は……。
d0174510_22432212.jpg
背景は何とか見えました。

そのあと、3度目の正直で撮ったのが、
いちばん上の写真です。
雲は厚いけど、水平線までくっきり見えただけでラッキー。
このときも列車が来る直前までは少し青空が見えるくらいで、
その間にPLフィルター付けたのだけど、
また雲が近付いてきて気を揉みました。

函館本線も小樽以西は列車本数が少ないですが、
11時30分くらいからは1時間のあいだに3本の列車が通るので、
比較的効率のいい時間帯といえます。

実のところ、今日は列車の撮影が主目的ではなかったのだけど、
このあと天気は悪化する一方で、後の予定はすべて中止にしました……。

そういえば鉄道の写真を撮るのはすごく久しぶり。
じ〜っと長いこと待って、列車が通る一瞬に集中する、
独特の緊張感はけっこう好きです。













by wilderness-otaru | 2016-01-10 22:50 | 鉄道 | Comments(0)