人気ブログランキング |

カテゴリ:シーカヤック( 5 )

久しぶりに・・・忍路の海を漕ぐ

8月は週末、コンディションに恵まれず、
上旬以来まったくカヤックを漕いでいませんでした。
天気が良くても風が強かったり、海が荒れ気味だったり……。
9月も半ば、そろそろ秋の気配が漂い始めたところで、
久しぶりに海へ。
行くのは忍路です。
ここはホームグラウンドというか、基本形というか。
港は深い湾の奥にあるから、多少コンディションが悪くても、
荒れてきたらすぐ湾内に逃げ込めるという安心感もあります。
d0174510_23431284.jpg
兜岩を間近に。
見慣れた風景だけど、やっぱりすごいよね、この岩。
d0174510_23375677.jpg
洞窟もあります。
d0174510_23442745.jpg
何でこんな地形ができたのか、と思いますが、
洞窟の上を見れば、岩の隙間を突き抜けて
マグマが噴き出した跡が、はっきりと見えます。
これはすごいと思う。

黒い溶岩の部分が崩落したのか、周囲より早く侵食されたかで、
洞窟ができたものと想像します。

d0174510_23541345.jpg

蘭島の方まで漕いでみた。特にどうってことないけど……。

d0174510_23530102.jpg


小樽の海岸風景、いつ見てもいいです。









by wilderness-otaru | 2019-09-17 23:57 | シーカヤック | Comments(0)

夏の白岩海岸 えびす&大黒岩

天気のいい日曜日、漕ぎに行くかと出掛けたのは
余市市街から積丹半島に入ったところにある白岩海岸。
水際近くに立つ、えびす岩と大黒岩が有名です。
d0174510_09464625.jpg
この海岸、もとは国道沿いでしたが、
新しいトンネルが完成してルートが変わり、
今は行き止まりの道となっています。
そのためふだんは訪れる人も少ないのだけれど、
そこは真夏の週末。
泳いだり、ビーチでBBQする人でけっこう賑わっていました。
d0174510_09470462.jpg
しかしこの日は、晴天だけど海はけっこううねりが大きい。
遠くに漕ぎ出すのはやめときます。
泳ぐのが気持ちよかった。
d0174510_09513315.jpg
昼寝も心地よし……zzz













by wilderness-otaru | 2019-07-26 09:52 | シーカヤック | Comments(0)

積丹・美国、黄金岬と宝島

好天に恵まれた日曜日の朝、思い立って積丹・美国(びくに)へ。
積丹半島はシーカヤックを漕ぐのに
魅力的な場所があちこちにありますが、
とりわけ美国には“ちょい漕ぎ”に
打ってつけのコースがあります。

黄金(おうごん)岬の沖合に浮かぶ「宝島」。
茶津海岸から出て、沖合500mくらいのところにある小島で、
すぐ着きます。

島は地図で見るとハート型をしているのですが、
普通に見てもわかりません、もちろん……。
d0174510_09573433.jpg
宝島は周囲が切り立った崖で上陸は困難ですが、
その手前にある岩礁に上がってランチを取り、
泳いだりして遊べます。
d0174510_10301822.jpg
この色! シャコタンブルー。
d0174510_10320166.jpg
d0174510_10310014.jpg
d0174510_10332970.jpg
▲後ろに見えているのが黄金岬。
 展望台があります。
 こっち見られてるだろうな……。
d0174510_10352902.jpg
このあたりはダイビングスポットとしても有名で、
ダイビングショップのボートが何隻か浮かんでいました。
観光船も通ります。
d0174510_10330652.jpg


動画はこちらを。



d0174510_10424891.jpg
▲google mapより

この日、出艇した茶津海岸は美国の街なかから、
トンネルをくぐった行き止まりの道の途中にあります。

黄金岬をめざしているのか、
この道に入ってくるクルマは多く、片付けしているあいだに、
いかにも迷ってる風のクルマが何台も通り、
数分ですぐ引返してきました。

1回だけ女性ドライバーに聞かれたので、
ていねいに説明しましたが(そう、わからないときはすぐ人に聞くのが正しいです)
黄金岬への道は少々わかりづらいかも……。
クルマは漁港のあたりに停めて、トンネル手前の階段で
遊歩道に上がって行くのが、手軽な行き方のようです。

ついでに言うと、ここ積丹町の中心市街を「美国」と呼びます。
観光施設や店の名に美国が付くものは多数あり、
高速バスの行き先も美国と表示されています。
しかし道路の案内標識に美国の名はなく、単に「積丹町」。
ここからして、迷う人がいるのではないかと、
お節介ながら少々心配になります。






by wilderness-otaru | 2019-07-08 10:54 | シーカヤック | Comments(0)

忍路の和船

忍路で夕陽を見にカヤックを漕ぎましたが、
ちょうど漕ぎ始めのときに湾内で珍しいものを見ました。
木造の和船です。
d0174510_18103522.jpg
d0174510_18110455.jpg
d0174510_18113147.jpg
忍路神社のお祭りが近いので、
その関係であることはピンときました。
近付いて話を聞くとそのとおりで、
船は「忍路鰊場の会」が所有するもの。
お祭りの日には神輿の会場渡御でこの船を出すので、
練習しているとのことでした。

数年前に見に行ったことがありますが、
たしか神輿をこの船に乗せて、手漕ぎで湾内を一周、
その後、漁船に神輿を積み替えて、
外海を巡る、という段取りだったと思います。

昔の鰊漁で使われたのはすべてこうした和船で、
もちろん手漕ぎです。
古写真を見ると、これよりずっと大きなものが多く
それに鰊を満載して漕ぐのだから、
ものすごい重労働で、危険もあったと思われます。

ともあれこんな古風な船が、
実際に動いている様子を海上で間近に見られたのは、
まるで明治か大正、鰊の時代にタイムスリップしたよう。
貴重な体験でした。
d0174510_18175190.jpg
忍路神社の例大祭は今週末。
できれば行きたい……。









by wilderness-otaru | 2019-06-28 18:18 | シーカヤック | Comments(0)

忍路 サンセットパドリング

日が長い今の時期は、
ひと仕事終えてから海に出るには好都合。
夕焼けの時間帯に漕ぐのは久しぶりで、
行くのはやっぱり忍路。
d0174510_20385718.jpg
雲が少なく、いい夕焼けが期待できます。
d0174510_20360128.jpg
d0174510_20394631.jpg
遠くに見えるのは余市のシリパ岬。
d0174510_20411708.jpg
海は穏やか。
漕がなくても、ただ浮いているだけで気持ちいい。
d0174510_20430542.jpg
d0174510_20435723.jpg
ちょっと珍しい鳥に出会った。
ウトウです。
潜水して魚を取っています。
口いっぱいにくわえているのが見えます。
背景に点々と写っているのもウトウ。
以前、天売島のコロニーを見に行ったことがありますが、
このあたりだとどこに住んでいるのだろう。

d0174510_20471629.jpg
d0174510_20494759.jpg
d0174510_20514546.jpg
水平線には雲があったけれど、
いい感じに焼けました。
d0174510_20525644.jpg
ここで19:15。暗くならないうちに帰ろう。
心地よいひとときでした。











by wilderness-otaru | 2019-06-26 20:55 | シーカヤック | Comments(0)