<   2019年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

忍路・兜岩へ

忍路のランドマーク、兜岩の周辺は、
夏にカヤックでよく漕ぎ回る場所です。
冬にはもちろん漕げないけれど、
替わって内陸の尾根上を歩いてアプローチするのは、
道のないところを自由に歩ける積雪期ならではです。
毎年、真冬に1回は行きます。

d0174510_23191600.jpg
漁港付近を出発して、しばらく歩くと入江の上に出ます。
d0174510_23180448.jpg
海は荒れ気味。まあ冬はいつもこんなものでしょう。
d0174510_23264633.jpg
少々うるさい樹林をクリアすると、眼前に兜岩が。
d0174510_23300625.jpg

一体どうしてこんな地形ができたのか、
科学的な説明をいろいろ聞いても、やっぱり不思議。

d0174510_23321560.jpg
断崖上からのぞき込む海は、
ゴウゴウと唸り、恐ろしくも美しい風景。
d0174510_23325059.jpg

d0174510_23375722.jpg
港に戻ってきた。湾内はいつも穏やか。
この風景も好きです。









by wilderness-otaru | 2019-01-28 23:38 | アウトドア | Comments(0)

真冬の月夜

夜、ふと空を見ると大きな月が。
満月は一昨日でしたが、まだまだ大きくて明るい。
雪のある時期は月明かりが反射して、
とても明るく感じられます。
しかし日本海側で冬の晴天は多くなく、
月明かりに照らされた雪景色を見られる日は
そう多くありません。

穏やかな夜だったので、
家の近くの風景をちょこっと撮ってみた。
d0174510_14441164.jpg
ひときわ明るいのが、
札樽自動車道朝里インター付近。
向かいの山の中腹で緑色っぽく光っているのは、
先月開通した後志自動車道です。

月の明るい夜でも、星はいくつか見えました。

d0174510_14450364.jpg
星のことはよく知りませんが、
オリオン座の3つ星はわかります。

穏やかだったのは30分くらい。
このあとは激しい吹雪になってホワイトアウト。
翌朝になっても荒れた天気は続きました。








by wilderness-otaru | 2019-01-24 14:50 | 小樽散歩 | Comments(0)

フェリー埠頭の界隈

クルマの定期点検の日でした。
所要1時間足らずなので、店内で待っていてもいいのだけれど
ここはひとつ、気合いを入れて(!?)、外を歩きます。
最近、あまり街なかに出てないこともあり、
写真でも撮ってみようかと。

向かったのは勝納のフェリー埠頭。
あまり「街なか」じゃあないですね。

最初に見たのは、勝納橋からの雪捨場の光景。
街なかの雪を運んできて、
港の岸壁から海に捨てる場所です。
d0174510_09393697.jpg
と、ここで、ある問題が発覚!
通常、街なかのスナップでは
24-120のレンズを常用していますが、
取り出したカメラに付いていたのは12-24の超広角!
このあいだ赤岩山でパノラミックな展望を撮って
そのままになっていたのだった……。
仕方ない。今日は「広角まつり」で。

ショベルカーのアップだけは、コンデジで撮りました。
d0174510_09495967.jpg
捨てた雪が岸壁近くで凍り付いて
固まるのを防ぐため、
ショベルカーがザバザバとかき回しているのですね。
d0174510_09485182.jpg
捨てた雪が流氷みたい。
けっこう汚れているけれど……。
d0174510_09542853.jpg
それにしてもここしばらく
まとまった雪が降っていないため、
雪を運び込むダンプはまばらです。

d0174510_09570814.jpg
勝納臨海公園。
巨大な繋船ブイと錨が置かれています。
昭和55年、新しい埋立地に公園ができた当初から
同じ場所にあるものです。
d0174510_10040732.jpg
フェリーが近くなってきた。

d0174510_10070770.jpg
d0174510_10102258.jpg

以前、小樽発の便は真冬に運航しない時期があったと思いますが
今は運休期間はないようです。

フェリー、また乗ってみたい。
しかしこの日は日本海側が大荒れの予報。
また今度にしよう……。








by wilderness-otaru | 2019-01-18 10:16 | 小樽散歩 | Comments(0)

冬の赤岩山 テーブルリッジからの展望

1月も中旬になりますが、やっと今年初の投稿です。
年末からデスクワークが山ほどあり、
加えて年末年始はカゼで寝込むという
散々な日々を送っていました。

晴天に恵まれたこの日は赤岩山へ。
d0174510_11045728.jpg
樹林越しに海の見える山道を緩やかに登ります。
d0174510_11051331.jpg
クマゲラの食痕がありました。
2〜3日以内にできたとみられる新しいもの。
d0174510_11073888.jpg
d0174510_11075733.jpg
テーブルリッジに到着。

d0174510_11090068.jpg
眼下にトド岩が見えています。
残念ながらこの日はトドの姿がまったく見えず。
いるときは数10頭が岩場にぎっしり、
ということもあるのだけど……。
d0174510_11092473.jpg
立ち位置が限られるので、
どう撮っても同じような写真になるのだけど、
まあこれだけの高度感、拡がりのある展望が
手軽に楽しめるのは恵まれていると思います。
自宅から登山口までクルマで20分、
そこから徒歩で30分という近さ。

いろんな季節にちょくちょく来たい
気に入りの場所です。













by wilderness-otaru | 2019-01-15 11:14 | 小樽散歩 | Comments(0)