真冬の月夜

夜、ふと空を見ると大きな月が。
満月は一昨日でしたが、まだまだ大きくて明るい。
雪のある時期は月明かりが反射して、
とても明るく感じられます。
しかし日本海側で冬の晴天は多くなく、
月明かりに照らされた雪景色を見られる日は
そう多くありません。

穏やかな夜だったので、
家の近くの風景をちょこっと撮ってみた。
d0174510_14441164.jpg
ひときわ明るいのが、
札樽自動車道朝里インター付近。
向かいの山の中腹で緑色っぽく光っているのは、
先月開通した後志自動車道です。

月の明るい夜でも、星はいくつか見えました。

d0174510_14450364.jpg
星のことはよく知りませんが、
オリオン座の3つ星はわかります。

穏やかだったのは30分くらい。
このあとは激しい吹雪になってホワイトアウト。
翌朝になっても荒れた天気は続きました。








# by wilderness-otaru | 2019-01-24 14:50 | 小樽散歩 | Comments(0)

フェリー埠頭の界隈

クルマの定期点検の日でした。
所要1時間足らずなので、店内で待っていてもいいのだけれど
ここはひとつ、気合いを入れて(!?)、外を歩きます。
最近、あまり街なかに出てないこともあり、
写真でも撮ってみようかと。

向かったのは勝納のフェリー埠頭。
あまり「街なか」じゃあないですね。

最初に見たのは、勝納橋からの雪捨場の光景。
街なかの雪を運んできて、
港の岸壁から海に捨てる場所です。
d0174510_09393697.jpg
と、ここで、ある問題が発覚!
通常、街なかのスナップでは
24-120のレンズを常用していますが、
取り出したカメラに付いていたのは12-24の超広角!
このあいだ赤岩山でパノラミックな展望を撮って
そのままになっていたのだった……。
仕方ない。今日は「広角まつり」で。

ショベルカーのアップだけは、コンデジで撮りました。
d0174510_09495967.jpg
捨てた雪が岸壁近くで凍り付いて
固まるのを防ぐため、
ショベルカーがザバザバとかき回しているのですね。
d0174510_09485182.jpg
捨てた雪が流氷みたい。
けっこう汚れているけれど……。
d0174510_09542853.jpg
それにしてもここしばらく
まとまった雪が降っていないため、
雪を運び込むダンプはまばらです。

d0174510_09570814.jpg
勝納臨海公園。
巨大な繋船ブイと錨が置かれています。
昭和55年、新しい埋立地に公園ができた当初から
同じ場所にあるものです。
d0174510_10040732.jpg
フェリーが近くなってきた。

d0174510_10070770.jpg
d0174510_10102258.jpg

以前、小樽発の便は真冬に運航しない時期があったと思いますが
今は運休期間はないようです。

フェリー、また乗ってみたい。
しかしこの日は日本海側が大荒れの予報。
また今度にしよう……。








# by wilderness-otaru | 2019-01-18 10:16 | 小樽散歩 | Comments(0)

冬の赤岩山 テーブルリッジからの展望

1月も中旬になりますが、やっと今年初の投稿です。
年末からデスクワークが山ほどあり、
加えて年末年始はカゼで寝込むという
散々な日々を送っていました。

晴天に恵まれたこの日は赤岩山へ。
d0174510_11045728.jpg
樹林越しに海の見える山道を緩やかに登ります。
d0174510_11051331.jpg
クマゲラの食痕がありました。
2〜3日以内にできたとみられる新しいもの。
d0174510_11073888.jpg
d0174510_11075733.jpg
テーブルリッジに到着。

d0174510_11090068.jpg
眼下にトド岩が見えています。
残念ながらこの日はトドの姿がまったく見えず。
いるときは数10頭が岩場にぎっしり、
ということもあるのだけど……。
d0174510_11092473.jpg
立ち位置が限られるので、
どう撮っても同じような写真になるのだけど、
まあこれだけの高度感、拡がりのある展望が
手軽に楽しめるのは恵まれていると思います。
自宅から登山口までクルマで20分、
そこから徒歩で30分という近さ。

いろんな季節にちょくちょく来たい
気に入りの場所です。













# by wilderness-otaru | 2019-01-15 11:14 | 小樽散歩 | Comments(0)

フレディ・マーキュリーと金閣寺

映画「ボヘミアン・ラプソディー」について。

今さらいうまでもないですが、かなりの人気です。
僕は2回観ました。

すごいヒットのようで、
一種の社会現象としてTVのニュース番組なんかでも
取り上げられているのをいくつか見ました。

リアルタイムのQueenを知らない
若い世代にも受けているそうですが、
僕が観たかぎりで映画館の観衆は、
自分と同じ50代くらいとおぼしき同世代の
おじさん・おばさんがほとんどで
親近感&安心感がありましたね……。

ま、世代的には70年代半ば、最初期のQueenを
ドンピシャで知っているわけです。
しかしQueenというバンドには、
実のところほとんど思い入れがない。

今でいうビジュアル系のハシリみたいなところがあって
女子受けするバンドという印象が強かった。
何だかオペラライクな派手なコーラス、
大仰なアレンジが鼻についたし……。

当時の僕ら、ギター小僧の多くは同時代の
パープル、ツェッペリン、ベックにクラプトンあたりを
“神”と崇めていたと思います。
(思えばすごい時代だよね……)

というわけでQueenの映画ができると聞いても、
当初はあまり関心がなかった。
知ってる曲もいくつかの“超有名曲”以外には、
あまりなかったし……。

しかし観てみたら……スゴいね、これは。
感動しました。

何といっても後半、ライブの場面のリアリティがすごい。
ギター弾きの目線で観ても、違和感がまったくない。
俳優はもともとのミュージシャンではないのに、
相当な練習を経て楽器をマスターしたらしい。

映画のなかで印象に残ったシーンは数多くありますが
ひとつ、フレディ・マーキュリーの自宅内のシーンで
壁に貼られていた金閣寺のお札。
d0174510_22193917.jpg
映画の後半、フレディがソロ活動を始め、
バンドが不穏な雰囲気になるあたりでしたが、
フレディの背後に、この金閣寺のお札がはっきり映っていました。
たまたま映ったという感じではなく、
アングル、時間の長さともに、
すごく意図的に映されたことが明らかです。

フレディはかなりの親日家だったらしい。
映画のなかでもキモノをガウンのように羽織っていたし。

このお札、僕の仕事部屋に貼ってあるものですが、
実のところこれは金閣寺参拝の際の入場券です。
毎日目にしているこのお札が、映画館のスクリーンに現れたときは、
え〜っと驚き、次いで笑ってしまった。

京都のほとんどの社寺では参拝料として数百円を取ります。
多くは普通のチケットですが、金閣寺で受け取るのはこのお札。
僕が京都に行ったのはもう20年近く前になりますが、
このお札は部屋の壁にずっと貼ってあります。
ほかの社寺の入場券はすぐに捨ててしまったけれど、
「御守護」などと書いてあると、何やらもったいない感じで。

というわけで、映画のサントラを繰り返し聴き、
Bohemian Rhapsodyのピアノやギターのフレーズを弾いてみたりと
いろいろ楽しんでいます。








# by wilderness-otaru | 2018-12-22 22:45 | できごと | Comments(0)

後志自動車道 新しい高速道路ができた

先日12月8日に小樽から余市方面に行く
新しい高速道路「後志自動車道」(北海道横断自動車道)が開通しました。

さっそく気になるのは国土地理院の地形図です。
今ではウェブサイトで地形図を簡単に見ることができますが、
こうした大きなインフラの変化があるときに、
地形図のアップデートは実に早い!

最近では留萌本線の留萌〜増毛間が廃線になったとき、
翌朝に確認したら、すでに地形図から線路がきれいさっぱり
消えていました。

今回、後志自動車道の開通は8日の15:00でしたが、
その1時間後くらいにサイトを見ると、ちゃんと地形図に
自動車道が描かれていました。
15時ぴったりに新データをアップロードしたのだろうか……。

道路開通前の地図を残しておきました。
余市インターチェンジ付近で見ると……。
d0174510_23435984.jpg
▲これが開通前。
d0174510_23442969.jpg
▲これが開通後。



ところでこの道路、わが家のあたりから見えるのです。
d0174510_23472023.jpg
画面上の方、雪で白く見えるのが高速道路の法面です。
右が余市方面。
クルマのヘッドライトがかすかに線を引いているのが、
わかるかな……。
進路を示す標識の緑色が雪面に反射しています。

このあたりの地形図がこれ。
d0174510_23484297.jpg
写真に写っているのは余市方面から来た高速道路が、
小樽インター方面と札幌方面に分岐するあたり。
緑の標識があるのは、それを示すためでしょう。

この地形図を見てもわかるとおり、
小樽市街から来た札樽道は、新しい道路に繋がっていないのですね。
最寄りの朝里インターから高速に乗っても、
余市方面には行けません。

余市から札幌方面へ直行する際には
メリットが大きいと思われる道ですが、
小樽の街なかから余市方面へ行くとなると、
いったん銭函インターまで行かなくてはならない。
余市に行くためにわざわざ銭函まで走る、なんてことは
誰もしないよね……。

僕としてはあまり、この道を使うことはなさそうです。
ま、そのうち機会があったら使ってみるかも。
余市方面からの帰路とかね。
d0174510_23542210.jpg
全体で見ると、トンネルと橋が多いです。
特に毛無山と天狗山の下をくぐる
長いトンネルが目立ちます。
また朝里川温泉付近で朝里川の谷間を、
天神付近では勝納川の谷間を、
それぞれ高く長い橋で跨いでいます。

今回開通した小樽〜余市23.3kmのうち、
約50%がトンネルと橋だそう。
いかにもおカネがかかっていそう。

まだ走っていないからわからないけれど、
どのくらいのクルマが通っているのだろう。
上の写真を撮影したのは午後10時過ぎでしたが、
通るクルマは数分に1台という具合。
夜空の流星並みに希少な感じがしましたね(笑)







# by wilderness-otaru | 2018-12-12 00:08 | できごと | Comments(2)