人気ブログランキング |

朝里から張碓へ 張碓駅跡に恵比須岩など

北陸の旅のレポートが長くなりましたが、
ひさしぶりに小樽のことを書きます。

今シーズン2回目、海でのカヤックです。
朝里から張碓へと向かいます。
ちょい乗りだと塩谷、忍路あたりが定番ですが、
東向きはひさしぶり。

スタートは朝里川の河口です。
d0174510_22113281.jpg
まだ雪解け水があるせいか、水量は多いです。
d0174510_22122588.jpg
風景に変化は乏しいですが、
ひんぱんに来る電車が、単調さを救ってくれます。
電車の中から手を振ってくれる人に応えたりして、
楽しい感じ。
d0174510_22141775.jpg
張碓トンネルが見えてきた。
このあたりの断崖はすごい。
よくぞこんなところに鉄道を敷いたものだ。
明治13年の開業当初、このトンネルはなく
海沿いぎりぎりを線路が通っていました。

張碓トンネルがいつ開通したか、記録は見当たらないのですが
この区間は明治44年に複線化されているので、
そのときにトンネルができたとみるのが自然だと思います。
d0174510_22312403.jpg
この水際を義経や弁慶が走っていた!


d0174510_22180205.jpg
トンネルの東側。
このあたりにかつて張碓駅がありました。
晩年は夏だけの臨時駅として使われていましたが、
やがてそれもなくなり、正式に廃止となったのは2006年。

駅の跡まで上がってみた。
d0174510_22224133.jpg
d0174510_22215363.jpg
かつてのホーム跡に義経隧道碑がそのまま残っています。
d0174510_22232153.jpg
d0174510_22240312.jpg
さらに進んで恵比須岩が見えてきた。
車窓から見る風景はおなじみです。
d0174510_22244420.jpg
d0174510_22260361.jpg
d0174510_22262392.jpg
恵比須岩の前には漁師さんの舟屋があります。
人の住まいではありません。
d0174510_22283213.jpg
すぐ後ろを線路が通っています。
張碓の住宅地から通じる道がありますが、
関係者以外は通行禁止です。
d0174510_22303212.jpg
このあたりの断崖もすごい。
ほとんどオーバーハング。
この岩山の下に「義経隧道」とも呼ばれる
トンネルがあります。
d0174510_10003235.jpg
ほぼ同じ場所、明治時代後期の写真。
トンネルが見えます。

d0174510_22321111.jpg
帰りもまた電車を撮りながら。
こういう“漕ぎ鉄”も楽しいです。









# by wilderness-otaru | 2019-05-28 22:33 | アウトドア | Comments(0)

道外遠征 北陸の旅【10】 海上から「蝦夷地」を見る

前回「最終章」と書いたのに、まだあんの!?
あるんです。

新潟を午後11時過ぎのフェリーに乗りましたが、
これは秋田経由の苫小牧行き。
連休の繁忙期、予約するのが遅くて
小樽行きが取れなかったのです。
小樽港から10分のところに住んでいるのに、
なんで苫小牧に……と悔やみました。

しかしこの船旅は実に快適でした。
新潟→小樽の便は早朝4時に着くのに対し、
新潟→苫小牧は朝7時前に秋田に入港、
1時間あまり停泊したのち、
苫小牧に向かうスケジュールです。
苫小牧着は17:20なので、
秋田出航後は日中、東北沿岸の風景をまぢかに望み、
北へと進む様子が船内からはっきり見られます。

d0174510_12123253.jpg
これは秋田出港後まもなくすれ違う、
南行きの便。
d0174510_12161449.jpg
青森県沖を航行中。
岩木山の姿がくっきりと望まれます。

岸から比較的近いところを進むので、
ケータイの電波もばっちりです。
(船内にwifiもあるけど使い勝手は今イチだった……)
位置情報を見ながら、国土地理院のサイトを開き、
風景を地形図と照らし合わせられるのが楽しいです。
d0174510_12153621.jpg
d0174510_12214850.jpg
津軽海峡に入っていく。
右に北海道・白神岬、左に下北半島が見えています。
この海の底を、トンネルが通っているのが信じ難い感じ。
今、見ている海の下を、ちょうど新幹線が
走り抜けているのかもしれない。

今回の旅の大きな目的は北前船にまつわる
史蹟を訪ねることでした。

日本海岸を北上した北前船の船員たちも、きっと
ここに来て遠めがねを覗きながら
「おお蝦夷地が見えたぞお〜!」と叫んだのかも……と想像します。
d0174510_12250562.jpg
函館沖を通過中。小さく見える船は函館港に向かう
青函フェリーだろうか。
函館山のある半島地形がよくわかります。
背後には駒ヶ岳。
d0174510_12300019.jpg
恵山沖を通過。
津軽海峡は船の往来が多いです。
吹く風が冷たくなり、「北海道に帰ってきた!」という感じがひしひし。

という具合で天気にも恵まれ、
海上からの風景を堪能できる船旅でした。

d0174510_12341385.jpg
午後5時過ぎ、苫小牧東港に入港。
陸地を掘り下げて造った港で、
平坦な砂浜の中に、でっかいフェリーがゆっくりと進んで行くのが
フシギな光景です。

苫小牧からわが家までは、約1時間。

これで北陸の旅レポは終わりです。

d0174510_12174700.jpg









# by wilderness-otaru | 2019-05-27 12:36 | 北海道外のこと | Comments(0)

道外遠征 北陸の旅【9】最終章 新潟港へ帰る

黒部峡谷、トロッコ鉄道を楽しんだあとは、
一路、新潟港へ走ります。
フェリーは23時05分の出港なので時間があります。

途中、立ち寄ったのは……

新潟県糸魚川市の能生(のう)海岸。
d0174510_23044319.jpg
d0174510_23033488.jpg
弁天岩に架けられた鯉のぼりが勇壮でした。

d0174510_23054239.jpg
やがて日没が近付きます。
空はずっと晴れていて、夕陽が期待されます。

ちょうど日没を迎えたのは、青海川駅のあたり。
d0174510_23064682.jpg
知らなかったのだけど
「日本一、海に近い駅」というキャッチフレーズもあるらしく、
鉄道ファンらしき人が何人か来ていました。

こんなところにちょうど、きれいな夕陽のタイミングで
通りかかるとは何という幸運。
d0174510_23085833.jpg
d0174510_23092166.jpg
d0174510_23095385.jpg
d0174510_23113928.jpg
d0174510_23120030.jpg
旅の締めくくりに相応しい夕陽でした。






# by wilderness-otaru | 2019-05-24 23:12 | 北海道外のこと | Comments(2)

道外遠征 北陸の旅【8】黒部峡谷鉄道に乗る

北陸の旅もようやく最終日。
スタート以来ほぼ海沿いに巡ってきましたが、
ここで初めて山に入ります。
目指したのは宇奈月、黒部峡谷鉄道。

宇奈月から欅平まで約20km、
もとは黒部川流域の水力発電を目的にした
ダム建設のため、戦前に造られた軽便規格の鉄道で、
現在は観光用にも利用されて人気があります。
d0174510_10555989.jpg
小さいけれど武骨で力のありそうな機関車。
どの列車も重連の運用です。
鉄道の通称は「黒部峡谷トロッコ電車」となっていますが、
実のところ電車ではなく、すべて機関車牽引の列車です。

なにしろ10連休、人気の観光地なので
混雑を予想し、始発に間に合うように行きました。
が、早い時間帯の列車はそんなに混んではいなかった。
d0174510_10443892.jpg
7:57の列車で出発。
小さい客車とはいえ13両の長い編成です。
開放的な車内からは湖、峡谷、狭いトンネルと
変化に富んだ風景が続きます。

それにしてもこんなところによく線路を敷いたな、と
感心するばかりの険しい地形です。
ナローゲージの鉄道って馴染みがありませんが、
普通の鉄道の感覚だと「こんなとこ曲がれるの!?」と
思うような急カーブも、力強く進んでいくのが頼もしい。
d0174510_11083471.jpg
終着・欅平のひとつ手前にある鐘釣駅で降ります。
朝のうちは雨もパラつく天気だったのが、
列車に乗っているあいだにみるみる好転し、
ここではすっきりと青空が!
やっぱり日頃の行いは大事ですね(笑)

駅から急な階段を下ると黒部川の川原に降りられます。
d0174510_11165950.jpg
川原には温泉が湧いていて、けっこうな熱さです。
d0174510_11202285.jpg
帰路の車内から。
川向こうに見える建物は「とちの湯温泉」。
あとで入りに行きました。

宇奈月に戻ってから街なかを歩いてみました。

d0174510_11241676.jpg
観光地っぽいにぎわいがあり、
富山地方鉄道の“昭和的”な電車もいい感じ。

d0174510_11265012.jpg
温泉街のはずれ、山彦橋は列車を撮るのに
格好のスポットです。

谷を跨ぐ大きなアーチ橋は2本あります。
峡谷鉄道開通当初、大正12年にできた「山彦橋」と
昭和61年完成の「新山彦橋」です。
鉄道のルートが一部切替となり、
古い方の橋は現在、歩行者用の遊歩道として使われています。
d0174510_17000873.jpg

その後、先ほど列車から見えた
「とちの湯」に入りに行きます。
熱めのお湯で、施設はまだ新しいようで清潔、
温泉付近から見る景色もすばらしかった!
(露天風呂からもほぼ同じ景色が見られます)
d0174510_11360874.jpg
まるでスイスだ。(行ったことないけど……)

d0174510_11395418.jpg
湖畔に見えるのは〈新柳河原発電所〉。
ヨーロッパのお城のよう、といわれる建物です。
どこを見ても景色がいいし、
列車はけっこうひんぱんに来るので、
思わず撮り鉄になってしまいます。
d0174510_17044123.jpg
d0174510_17051525.jpg
d0174510_17022642.jpg
新旧2本の山彦橋。
プォ〜ンという機関車の警笛と、
ガラガラという走行音が谷間に響き
風情があります。

峡谷鉄道と宇奈月温泉、いいところでした。











# by wilderness-otaru | 2019-05-22 11:44 | 北海道外のこと | Comments(0)

道外遠征 北陸の旅【7】富山市・岩瀬の街並み。令和の初日に。

能登をあとにして富山市へ。
向かったのは岩瀬です。
神通川右岸の河口に位置するこの町は
北前船の時代、回船問屋が並んで賑わったところ。

明治6年に大火があり建物の多くが焼失するも、
北前船全盛の時代とあって再建は早く、
その後の明治期に建てられた家屋のいくつかが
今なお健在。古風な街並み景観をつくっています。

建物が公開されているのは回船問屋・森家の屋敷。
まずはここを訪ねます。
今朝は小雨がぱらつく天気。
日にちは5月1日、令和の初日です。
d0174510_11540016.jpg
d0174510_09384943.jpg
d0174510_09423578.jpg
建物内にはさまざまな家具・調度品のほか
船絵馬、棟方志功の作品、吉田初三郎の鳥瞰図など
お宝が多数。ガイドのおばちゃまが軽妙な語りで
詳しく説明してくれます。

「どちらから?」と聞かれ「小樽から」と答えたら、
とても驚き、かつ喜ばれました。
他の見学施設でも、すべてそうでした。
こういうところにいる人なら、小樽との繋がりの深さは、
もちろんよ〜く知っています。

奥の土蔵は調度品の展示室となっています。
d0174510_09544628.jpg
分厚い扉に施された鏝(こて)絵が見ものです。
d0174510_09571154.jpg
d0174510_09572432.jpg
岩瀬の街並みをあとにして、
富山市街の中心部にある日枝神社へお参りに。
d0174510_10071545.jpg
先述のとおり、この日は令和元年の初日です。
御朱印をいただきました。
d0174510_10003801.jpg
御朱印をいただくのは今回の旅が初めてです。
闇雲に御朱印集めをするつもりはないけれど、
今後、訪れた旅先で参拝する機会があったら
いただいておこうと。
d0174510_10093874.jpg
前日は能登・羽咋の氣多大社にお参りしたので、
平成と令和が並びました。

それにしても昨今、御朱印がそんなブームになっているとは
知りませんでした。
知ったのはこのあと、令和初日の御朱印をめぐって
各地の有名神社で起きた、さまざまな騒動のニュースを通じてです。
長蛇の列ができたとか、御朱印が転売されたとか……。

ここ日枝神社では5月1日にも御朱印を受ける人は数人で、
いたって静かでした。
いい記念になりました。








# by wilderness-otaru | 2019-05-21 10:33 | 北海道外のこと | Comments(0)