タグ:おたる潮まつり ( 4 ) タグの人気記事

おたる潮まつり 2017 まとめ

2017年、おたる潮まつりが
7月28〜30日に行われました。
今年は第51回ですが、
第1回の潮まつりが行われたのが
昭和42(1967)年だから、50周年。

去年は50回を祝いましたが、
今年は50周年を祝う、という
ムードがあってもいいんじゃないか、
と思っていたけど、
さすがにそれはないか……。

私はまつりの週末、
締切り間近の作業が重なっていて、
土日も会社でデスクワークでした。
その合間、要所で
まつりを見に行くという状態でしたが、
期間中に撮った
いくつかの画像を掲載します。


【1日目】
初日、昼過ぎまで小雨がパラついて
若干心配がありましたが、
夕方までに好転しました。

まつりの始まりを告げる
「潮ふれこみ」は18:00スタートです。
d0174510_23385489.jpg
先頭は役員梯団です。
実行委員長、ミス潮、
以下、市長や商工会議所、
議員、役所関係者など。

それに続くのが日本舞踊
「藤間扇玉社中」です。
d0174510_23413285.jpg
50年前の潮まつり立ち上げ時、
潮音頭の振付制作に関わった
扇玉先生を先頭に、
社中の人々が続きます。

d0174510_23440082.jpg
ぴたりと動きの揃った踊りはさすが。

昨年のまつりの終了後に発刊された、
『おたる潮まつり 第50回記念誌』の編集を
当方が担当したのですが、
そこで使う写真を選ぶに当たり、
意外にも、社中の人たちの
整った所作をとらえた画像が
少なかった。

そこで今回は、多少なりとも
事前にポイントを予習して
撮影に臨みました。
d0174510_23451998.jpg
ふれこみ後半、薄暮の時間帯で
提灯の灯りも映えます。
いい雰囲気ですが、
露出は段々と厳しくなります。
d0174510_23522952.jpg
その後は開祭式の始まり。
花火大会もありました。

【2日目】
この日はまつりのハイライト、
さまざまな梯団が参加する
「潮ねりこみ」が午後から。
天気は快晴!
日射しが強く、暑かった。

私が見たのはわずかですが、
そのひとつ「おたる花街舞姫衆」。
d0174510_00024469.jpg
d0174510_00035206.jpg
花園のお店のママさんたちの梯団です。
優雅な舞いで、
最終日には審査員特別賞を受賞しました。
d0174510_00061707.jpg
踊り梯団のあいだには
潮太鼓の山車も加わります。

【3日目】
この日も天気は上々。
午後に神輿パレードを見ました。

市内の神社の神輿が
7基くらい(?)
列を成して練り歩きます。
d0174510_00144809.jpg
これだけの数の神輿が
一堂に集まるのは、
通常ではない光景で壮観。
d0174510_08435430.jpg
龍祭会のこの少年は、去年もいたな。
新聞にも写真が載ったので、
見覚えがありました。
d0174510_00155125.jpg
画像は以上です。
このあと会場付近で花火大会もあったけど、
今回は見るだけで写真はなし。

3日間とも好天で何よりでした。










[PR]
by wilderness-otaru | 2017-08-01 08:35 | できごと | Comments(0)

2016年 第50回おたる潮まつり 花火大会

昭和42年8月に第1回が開催された〈おたる潮まつり〉は
今年が第50回目の節目の年。

今まではあまり関わりがなかったのだけど、
今回は取材の必要があり、
3日間、あちこち歩き回って
いろんな場面を見てきました。

最終日の花火大会は取材対象ではなく、
すでにけっこう疲れてたので、
家から比較的近い平磯公園で、お手軽に。

d0174510_00065373.jpg
湿気が高く、空気は若干モヤった感じ。
d0174510_00072852.jpg
風も弱くて、煙の流れが今ひとつ。
d0174510_00080576.jpg
d0174510_00090111.jpg
20時30分には舞鶴からのフェリーが入ってきます。
船から見る花火はいい眺めだろうけど、
ちょうど下船の時間では、ゆっくり見ていられないのかも……。

ともあれなかなか心地よいひとときでした。
蚊は多かったけど。










[PR]
by wilderness-otaru | 2016-08-02 00:13 | できごと | Comments(0)

おたる潮まつり(2015第49回)潮ふれこみと花火大会

小樽の夏の恒例イベント〈おたる潮まつり〉は今日7月24日が初日。
午後6時、潮音頭の「潮ふれこみ」がスタートです。
まずはトラックに乗った「潮太鼓」、
ついでミス潮(通常は「ミスおたる」)、市長や大会役員の梯団が出発。
d0174510_04331015.jpg
d0174510_11201867.jpg
そのあとに日本舞踊「藤間扇玉社中」など3梯団が続きます。
d0174510_11204301.jpg
左手前が扇玉先生。昭和42年に第1回潮まつりが行われたときから、
踊りに関わってきた人です。
実のところ私は、ふれこみをスタート地点で間近に見るのが初めて。

2日目の一般市民による「ねりこみ」は、
小さい子どもから大人まで、いろんなグループが踊っていて楽しいのですが、
これら日舞をやっている人たちの正統の踊りは、
シロウト目にも明らかに別物に見えました。

ふれこみは稲穂「山二渡邊酒造店」前を出発し、
梁川通りを進みます。
d0174510_11273006.jpg
“すずらん形”の街灯が立ち、どこか古風な趣のある商店街に、
祭りの風景がよく合います。

その後、午後8時からは花火大会です。
南防波堤付近から見ました。
低いところに雲があって、高く上がった花火は
上の方が隠れてしまう。
d0174510_11371538.jpg
花火は約30分間と長くはありませんが、終わる頃にちょうど
舞鶴から来たフェリーが入港してきました。
船上の人は見えただろうか……。









[PR]
by wilderness-otaru | 2015-07-25 11:38 | できごと | Comments(1)

2013〈おたる潮まつり〉の花火大会

〈おたる潮まつり〉の花火大会を今年は金曜と日曜、2回とも見てきました。
小樽に20年もいるのに、以前、花火のよく見える家に住んでいる友人宅に何度か上がり込んだ以外、今までこの花火をしっかり見たことがありませんでした。
 といっても市街中心部まで出ると帰りの渋滞にハマること必至だし、家からほど近い築港地区の海辺でお手軽に。
d0174510_21522793.jpg

d0174510_21535026.jpg
d0174510_22057.jpg

d0174510_2155396.jpg

d0174510_21574380.jpg

 日曜日は花火大会のあいだ、本降りの雨となってしまいました。風向きの関係で、煙もこちら側になびいてきて、条件的にはかなりBAD。
 ともあれ夏の夜のひとときを楽しむことができました。

 花火の終盤、フェリーがボオっと大きな汽笛を響かせながらゆっくりと入港してきました。もちろん花火大会に合わせた演出などではなく、20:45の定時に到着した舞鶴発の便です。
 これもまた港町ならではの光景です。
 といっても、実のところこの時刻にフェリーが入ってくることは知らなかったのですが、被写体としてはおもしろい組み合わせになりそう。また来年……。

それにしても花火の写真は難しいです。今回は雨ということもあってあまり本腰を入れて撮れなかったけど、また来年。
[PR]
by wilderness-otaru | 2013-07-29 22:12 | できごと | Comments(0)