タグ:アウトドア ( 32 ) タグの人気記事

初冬の塩谷丸山へ

山登りはちょっと久しぶり。

毎年、雪の降り始め、
まだスキーもスノーシューも
使わずに登れる時期に
好んで近場の山を登ります。

今回、登ったのは塩谷丸山。
手軽に登れる山として人気です。

登山口近くに駐車スペースがありますが、
夏のシーズン中はクルマがあふれ、
問題になったこともあるらしい。
もちろん今の時期はガラガラ。
先客の1台が停まっていただけです。
d0174510_10443984.jpg
登山口付近は
近年の高速道路工事により、
大きく様子が変わりました。
スタート後しばらくは、
高速道路の築堤沿いに進みますが、
ルートそのものは
従来とほぼ同じです。
d0174510_10464790.jpg
道沿いには大きな門柱があります。
d0174510_10472297.jpg
敷地内にはお地蔵さんが立っています。
何の建物があったのかは不明。
ここを過ぎて、道は登りにかかります。
d0174510_10485219.jpg
 
進むにつれて次第に、
雪の量が多くなりますが、
スノーシューなしで歩ける程度。

そういえば以前は登山道途中、
ササ原が広がるあたりに、
大きな2基の反射板がありました。
北海道電力の施設だっけ……。
今回は、それがなくなっている!

昨年の11月に登ったときは
まだあったので、その後、
撤去されたようです。
あれは一体どういう設備だったのか、
知りたかったけど……。

頂上に近づいて、
ちょうど展望が開けたところで
それまで空を覆っていた雲が
晴れてきた!
d0174510_10551301.jpg
d0174510_10555667.jpg
d0174510_10561243.jpg
▲海に突き出ているのが
忍路の半島。
中央付近、白い直線に見えるのが
函館本線の線路です。
d0174510_10571623.jpg
山頂直下、最後の急斜面。
雪のない時期には岩場です。
d0174510_10580497.jpg
Sorel、Caribou。
このくらいの山歩きにはぴったり。
d0174510_10584400.jpg
着いた〜!
d0174510_10591203.jpg
山頂には小さな祠があり、
船の錨が祀られています。
海の信仰に関わるものなのでしょう。
運ぶだけでも
相当な重労働だったはず。
d0174510_11001432.jpg
d0174510_11004700.jpg
▲この写真を……▼撮ってるところ
d0174510_11010528.jpg
d0174510_11030171.jpg
帰りはスノーシューを履いて。
薄く積もった雪の下が氷なので、
すごく滑ります。

あーおもしろかった。

d0174510_10374287.jpg
赤い点線が今回のコース。
最も一般的な夏道です。
積雪期に入ると同じ北斜面でも、
東寄りのルートが使われます。

山頂の標識に示された
「遠藤山」とは塩谷丸山の
南にあるピークです。
ただし国土地理院の地形図には
山名の記載がありません。
三角点の標高は735.4で
塩谷丸山の629.2より
100mあまりも高い。

この名は東北帝国大学農科学科(北海道大学の前身)
教授の遠藤吉三郎の名にちなんでいます。

小樽にスキーがもたらされて
数年後の大正初期、
小樽一帯の山々を精力的に
滑り歩いたのが、この人。

私は10年くらい前の夏、
天神町→穴滝→遠藤山→塩谷丸山
の縦走をしたことがあります。
ただし遠藤山の山頂は樹林に覆われ、
展望的にはあまり
楽しめなかったっけ……。



動画もあります:










[PR]
by wilderness-otaru | 2017-12-04 11:04 | アウトドア | Comments(0)

雨竜沼湿原へ

雨竜沼湿原に行ってきました。
d0174510_09475235.jpg
標高850mの高さに位置する
広大な湿原。
日本では尾瀬ヶ原と並ぶ規模の
山岳型高層湿原です。

ちなみに高層湿原とは
標高の高い場所にあるから
その名で呼ばれるわけではありません。

湿原とは植物が枯れて堆積した
「泥炭」が積み重なってできますが、
周囲から水が流れ込み、
水が常に溜まった状態の場所に、
泥炭が堆積するのが低層湿原。
対して高層湿原は、植物の堆積が進み、
水面以上に盛り上がってできるものです。

正確に言えば雨竜沼湿原=高層湿原ではなく、
「雨竜沼湿原の大部分が高層湿原」
ということだそう。
部分的には水の溜まった低層、
あるいは中間的な場所もあるらしい。
同様に釧路湿原は、
その大部分が低層湿原、
という言い方になります。

ウンチク的な話が長くなりましたが、
ま、その雨竜沼湿原に行ってきたわけです。

行ったのは先週の平日。
ここが大事なところで、
雨竜沼湿原は特に近年、
人気が高いらしく、
週末は相当に混雑するらしい。
そこで土日は外して行きました。
これは正解でした。
d0174510_13541988.jpg
スタートはここ「ゲートパーク」から。
管理事務所と山小屋「南暑寒荘」、
広い芝生はキャンピンググラウンドです。
出発時には整備協力金として
1人500円を払います。

ここが登山の始まり。
d0174510_13583945.jpg
後方に見える台形の山は「円山」。
標高853mで、これは
めざす湿原の高さとほぼ同じらしい。
というわけで、登りはけっこうハードです。
d0174510_14003499.jpg
ほどなくして見える「白竜の滝」。

1時間ほど登ると川が近づいてきます。
d0174510_14022814.jpg
湿原から流れ出す「ペンケペタン川」。
風景は何となく湿原に近い、
開けた感じになってきました。
d0174510_14052075.jpg
出発から1時間半弱、
ぱーっと視界が開け、そこが湿原。
ここから木道が始まります。
d0174510_14065625.jpg
湿原上にある池塘は
きれいなまあるい形をしたものが多い。
なぜ整った円形なのか、
理由は定かでないらしいです。

この日、天気はいまひとつ。
やや雲が多く、湿原の向こうに見えるはずの
暑寒別岳、南暑寒岳の姿は隠れています。
風がやや強めだったけれど、
それも心地よく感じられました。
d0174510_14103330.jpg
d0174510_14150071.jpg
花の名前は
あとで登山ガイドのパンフを見て
右がヒオウギアヤメ、
左上がワタスゲ、
左下は……不明。
花が最も多いのは
7月上・中旬のようです。
d0174510_14183268.jpg
d0174510_14190329.jpg
湿原の西端近くから
南暑寒岳方面に続く山道を
少し登ると展望台があります。
ちょっとした木造の
テラスが造られていますが、
10年くらい前に来たときは、
もっと高い台があったような……。
周囲のササもあって、
以前に比べると展望が今ひとつな感じ。

それでも山間に広がる平らな湿原、
点在する100以上もの池塘、と
特異な地形の様子が
よくわかります。
d0174510_14234161.jpg
ということで、
なかなか心地よい
湿原ウォークを楽しむことができました。
登山口からの往復は
およそ5時間でした。

くどいようですが、
やはり行くなら平日。
雨竜市街から湿原入口までの道は、
特に後半、狭いダートで、
すれ違い困難な区間が長く続きます。
ここに双方向から
たくさんの車が通ったら
さぞや大変だろうなと想像します。






















[PR]
by wilderness-otaru | 2017-07-25 14:29 | 北海道の各地 | Comments(0)

イワオヌプリに登る

雪山シーズンも終わりが近い。
もしかしたら最後になるかも……と、
向かったのはニセコ山系イワオヌプリ。
五色温泉から登ります。
d0174510_00272223.jpg
ニセコの山は総じて木が少なく、
地形もわりと単純。
大きな斜面をひたすら登る、
という感じのところが多いです。
d0174510_00300662.jpg
背後に見えるのがニセコアンヌプリ。
d0174510_00305776.jpg
登っている人はけっこういました。
スキー、ボード。
往復ともスノーシューという人も。
d0174510_00325610.jpg

先行するパーティーが山頂から滑走。
く〜、たまらんね〜。
d0174510_08572410.jpg
山頂部は雪が少ない。
視界は良好。
噴火湾、日本海、洞爺湖……といろいろ見えます。

d0174510_00350486.jpg
アンヌプリをバックに滑る。
春の雪はベタベタ・グサグサだけど、楽し〜!!

登りは1.5hrs、下りは10min !!











[PR]
by wilderness-otaru | 2017-04-25 00:36 | アウトドア | Comments(0)

毛無山に登る

毛無山は、小樽市街の背後に位置する山です。
赤井川村、キロロスキー場方面に向かう
国道393号の近くにピークがあり、
大きな電波塔が、街なかからも見えています。

今回は山スキーで、そこまで登ってみます。
393号の路肩からアプローチ。
d0174510_22415776.jpg
シラカンバとダケカンバが混じり合った疎林で、
細い木が多いです。
d0174510_22451648.jpg
比較的近年に、皆伐されたのだろうか……。
d0174510_22441558.jpg
日射しが強く、春らしい陽気。
d0174510_22464850.jpg
d0174510_22462402.jpg
おなじみの塔が間近に見えてきた。

d0174510_22472113.jpg
眼下に小樽市街の展望が拡がります。
d0174510_22485292.jpg
▲画面右寄りで白く広場のように見えるのが、
国道沿いにある展望地。
まだ除雪されていません。
d0174510_22492244.jpg
▲海に突き出るように見えているのが、銀鱗荘。

久々の山スキーで、足慣らしと道具の点検といったところでしたが、
シーズン中に、もう1〜2回は行くつもり。













[PR]
by wilderness-otaru | 2017-04-02 22:54 | アウトドア | Comments(0)

小樽の秘境 雨乞&穴滝、二滝めぐり 【その2・穴滝】

雨乞の滝をあとにして、
次に向かったのは「穴滝」。
大きな洞窟の一角から、
水が流れ落ちる奇景です。
d0174510_23141053.jpg
過去、夏にも冬にも来ていますが、
1月初旬という時期は初めて。
どの程度、氷ができているかわからなかったけど、
けっこうしっかり凍っています。
d0174510_23164541.jpg
d0174510_23172854.jpg
d0174510_10592659.jpg

d0174510_23193026.jpg
d0174510_23201619.jpg
冬のシーズン中、
もう1ー2回は来てみたい。




 








[PR]
by wilderness-otaru | 2017-01-10 23:21 | アウトドア | Comments(0)

小樽の秘境 雨乞&穴滝、二滝めぐり

今年は正月休みの登山に行けずじまい。
8日、やっと山歩きに出掛けたのが、
勝納川上流部にある2つの滝めぐりです。

天神浄水場付近から林道(もちろん除雪はされていません)
沿って進みます。

まずは雨乞の滝。
スタートから3km弱の地点で
林道をそれて、林間を川の方に下ります。
過去に何度か行っているので、
下る場所は地形図を見なくても
ピタリとわかります。
(いや、意外に簡単なのです……)

d0174510_14194708.jpg

それまでなだらかな地形のあいだを流れていた川が、
ここだけ切り立った崖のあいだに挟まれるのがフシギ。
距離にして100m足らず。幅は7〜8mくらいか。
崖の高さは10m近くあって、
のぞき込むのはけっこうスリリングです。
d0174510_14331890.jpg
d0174510_14343175.jpg
あとで下まで降りてみたけど、
まだスノーブリッジがちゃんとできていなくて、
滝には近づけず。
以前は氷瀑を間近に見られたのが、
今回はできなくて少々残念……。

しかしそのあと、急斜面を上って
戻るのが、すごい大変だった!

ひと苦労して林道脇に戻ったら、
クマゲラを近くで見られたのはラッキー。
この勝納川上流部では、今までにもけっこう
クマゲラを見ています。

このときも、姿を見たもののほかに
別な個体の啼き声が近くで聞こえていました。
d0174510_14414143.jpg
白樺の幹に止まると、コントラストがはっきりしていいね。
このあと、さらに林道を進んで穴滝へ向かいます。

穴滝は、無雪期ならハイキング感覚で行けるので
わりあいポピュラーですが、
こちら雨乞の滝のほうは、
手前にあるけれど道がなく、
“秘境度”はずっと高いです。

続きはまた今度……。










[PR]
by wilderness-otaru | 2017-01-09 14:46 | アウトドア | Comments(0)

赤井川村、落合ダム

これまで何度か訪れている赤井川村、落合ダム。
今まで行ったのは氷が張り始める初冬、
解けかける春先などで、
夏の普通の行楽シーズンには
実は一度も行ったことがなかった。

d0174510_21303243.jpg
今回初めて、夏にファミリーで。
d0174510_21321834.jpg
d0174510_21325760.jpg
d0174510_21334219.jpg
d0174510_21341887.jpg
d0174510_21355148.jpg
d0174510_21362302.jpg
のんびりカヤック漕いで、
BBQやって、焚き火して。
d0174510_21365986.jpg
気持ちよかったです。







[PR]
by wilderness-otaru | 2016-07-28 21:38 | できごと | Comments(0)

赤井川村・落合ダム、氷の湖を漕ぐ

昨年のこの時期、赤井川村の落合ダムで、
解けかけた氷が浮かぶ湖面に
カヤックを浮かべました。
それがなかなか気持ちよかったので、
今年もまた出掛けました。

とはいえ、氷が解けるタイミングはなかなか微妙。
早過ぎると水面が出ていないし、
遅ければ氷は完全に解けてなくなってしまう。

カヤックで遊ぶのにちょうどいい状態は、
数日間しかないようです。

さて今年、4月24日の湖面は……。
d0174510_22453456.jpg
湖の中央部に氷、
湖岸付近は水面、という状態。
漕ぐにはちょうどいい具合です。
d0174510_22483285.jpg
氷は全体にシャーベット状でグサグサ。
足を乗せたらすぐ踏み抜きそうです。
でも氷の上にカヤックを乗り上げ、
割ろうとしても、ビクともしない。
フネで氷を切り開けるのは周辺部の、
よっぽど薄いところに限られます。
d0174510_22561621.jpg
上流側では立ち枯れた木が多数。
d0174510_22583865.jpg
d0174510_23001005.jpg
雪解け水が滝となって……。
d0174510_23014436.jpg
いったん陸に上がって小休止。
d0174510_23042453.jpg
流れ込む沢の水量は多い。
d0174510_23025976.jpg
アカゲラの古い巣穴だろうか……。
d0174510_23142012.jpg
年間にほんの数日だけ楽しめる
“砕氷パドリング”。

春らしい陽気のもと
氷と遊びながら、の〜んびり、
心地よい時間を過ごしました。








[PR]
by wilderness-otaru | 2016-04-25 23:18 | できごと | Comments(0)

祝津から赤岩山へ

久しぶりに祝津へ。
まず展望地からトド岩を見ると、
トドが上陸していました。
あまり多くはいなく、
陸上、海中に各数頭。
d0174510_15320115.jpg
d0174510_15390037.jpg
そこからお山へ。
d0174510_15402652.jpg
クマゲラが残した食痕もありました。
d0174510_15422725.jpg
下赤岩の展望地へ。
今日は子分の「ぴょんきち」(JKなんですけど……)が同行です。

ここまで、祝津側から
30分ほどの登りで手軽に来られます。
ただし展望地は断崖上で、
雪庇ができることも多いので、
慣れない人には危険。
d0174510_15442521.jpg
d0174510_15453658.jpg
空はわりあい晴れていても、
雲の塊が断続的に来る。
冬の日本海は、いつもこんな感じです。













[PR]
by wilderness-otaru | 2016-02-27 15:47 | アウトドア | Comments(0)

1月3日は塩谷丸山へ

ここ3年ほど1月3日は
塩谷丸山に登っています。
特に決めているわけではないのだけど、
新年1・2日は家でだらだらして、
3日あたりにはそろそろ、少し体を動かそうと、
ひとりでふらっと出掛けるのに
ちょうどいいのが、この山です。
d0174510_22594866.jpg
標高は629m。
夏には手軽なハイキング登山としてポピュラーですが、
冬山の入門的コースとしても人気は高いです。

夏冬合わせて、僕はかれこれ
20回くらいは登っていますが、
今回は積雪期に初めてのパターンとして、
夏道をスノーシューで登りました。

この山は夏(無雪期)の登山道とは別に、
冬は東側のコースを登るのが一般的ですが、
今年は非常に雪が少ない。
ここ1週間ほどまとまった降雪はなく、
しかも昨日は雨も降りました。
気持ちよくスキーで滑れる雪は、
あまり期待できないこともあり、
ちょっと目先を変え、あえてスキーは使わずに
夏道からのアプローチとしました。
d0174510_23151378.jpg
山頂付近もやっぱり雪は少ない。
d0174510_23164373.jpg
まあ、スキーが使えないほど、
というわけではないですが……。
d0174510_23185158.jpg
山頂には船の錨を祀った祠があります。
明治時代の海事信仰の名残。
例年だとこの祠もほとんど
雪に覆われているのですけどね。
d0174510_23214191.jpg
この日、展望はあまり開けなかったけれど、
短いながら太陽が顔を出し、
海の方まで見渡せる時間もありました。
忍路の街を遠望します。

画面中ほどの右側で、白く直線的に
延びているのが函館本線の線路です。
その手前には、フルーツ街道の
オーバークロスが見えます。
SLが走っていた頃は、
撮影名所だったところ。












[PR]
by wilderness-otaru | 2016-01-03 23:24 | アウトドア | Comments(0)