タグ:カヌー/カヤック ( 53 ) タグの人気記事

紅葉を見に ~~~ 定山渓・舞鶴の瀞でカヌー ~~~

豊平峡で紅葉を愛でたあと、
定山渓の豊平川にカヤックを浮かべます。
温泉街の下流側に「玉川橋」という小さな橋があり、
その下あたりから小径をたどると
河原に下りられます。

近年ではカヌーの商業ツアーが行われ、
けっこう参加者を集めていますが、
われわれのように、個人的に漕ぎに行く人も
少なくないようです。

d0174510_11092171.jpg
ここからさらに下流には「一の沢ダム」があり、
そこで川の水が堰き止められるため、
川の一部が湖のようになっています。
フネで遊べるのはこの部分。

一の沢ダムは発電のために造られたもので、
完成は大正15年と古いです。
その後、昭和の初めには「玉川聚楽園」という
遊園地ができ、舟遊びが行われるようになったらしい。
近年、カヌーが集まるようになったのは、
まさに同じ場所です。

漕ぎ出してまもなく「錦橋」という橋があります。
現在、橋の改修工事が行われているようで、
車両は通行止めとなっています。

水面から見上げる紅葉がきれい。
d0174510_11274236.jpg

d0174510_11255846.jpg
流れのない広い水面は
「舞鶴の瀞」と呼ばれたそう。
いかにも昭和初期的、風雅な名前です。

d0174510_11282136.jpg
この水面のすぐ奥にダムがあります。
「←この先危険」の看板が見えますが、
これが、本当に危険なのです。

一の沢ダムは堤体の上を水が乗り越え、
流れ落ちる造りで、堤体は水面から見えません。
舞鶴の瀞は、一見したところ穏やかな湖ですが、
下流側ではいきなり大きな滝となって
数10mも落ち込んでいるのです!
知らずに接近して落ち込む流れに呑まれたら……
と想像するとぞっとします。

堤体の手前には、各地のダムによく見られる、
水面にブイを並べたフェンスがありません。
湖面から滝の存在がまったく見えないだけに、
実はすごい危険が潜んでいるのではないだろうか……。
これだけ利用者が多い昨今、
この状態でいいのかと心配になります。

ここでのカヌーをドローンで撮影した動画が
youtubeにありました。
とても美しい映像ですが、
上空から見ると滝の危なさがよくわかり、
背筋が凍る思いがします。

これを見たら絶対、誰も下流には近寄らないだろうな。


舞鶴の瀞でカヌーを漕げる区間は
わずか600mほどの距離の往復で、
時間にすれば30分程度。
漕ぐには物足りませんが、
水面からの紅葉ウォッチングとして、
ま、たまにはこういうのもいいかな……

今回撮影した動画です。














[PR]
by wilderness-otaru | 2018-10-18 11:46 | 北海道の各地 | Comments(0)

余市川 鮭の遡上する川を漕ぐ

鮭が遡上する時期、カヤックで余市川を下りました。
こののんびりしたツーリングは、
秋ならではの楽しみです。

水量が少ないので、漕ぐこと自体には
けっこうメンドーなところもありますが、
鮭をこれほど間近に見られるのは
なかなか貴重な体験です。
d0174510_21040912.jpg
通過が困難な浅い瀬があちこちに。
それに加えて今年は流木が多く、
フネを降りて引っ張る場面が何度かあった。

川の途中には鮭の遡上を止める
“梁(ヤナ)”が設けられています。
(鮎料理で有名な「水明閣」のそば)
それでも梁を越えて上流に上がる鮭は
けっこういます。
今回漕いだのはは仁木町の「月見橋」から
梁のすぐ上流「鮎見橋」までの区間。
距離はわずか4kmちょっとです。
人里近くを流れるわりには
水面から人造物があまり目に入らず、
のんびり・ゆったりと漕ぎ下るのに
気持ちのいいところです。

水中を覗くと、素速く泳ぎ回る鮭が見られますが、
産卵を終えて命尽きたものも多数。
d0174510_21182488.jpg
d0174510_21185095.jpg
d0174510_21225305.jpg
鮭を狙って鳥も集まってきます。
カラスやアオサギはどこにでもいますが、
▼これはカワウだろうか……。
北海道ではあまり見かけない鳥です。
d0174510_21202399.jpg
d0174510_21232844.jpg
▲梁の上に止まっているのはサギ?
これ以外にも川沿いで数羽を見かけました。

白いサギはダイサギ、チュウサギ、コサギと
文字どおり大・中・小と
大きさで分けられた名前があるそうで、
特にダイサギとチュウサギは、大きさ以外に
目立つ違いがないらしい。

しかしこのサギは大きかったです。
最初に見たときは一瞬、
タンチョウ!?と思ったくらい。
(最近、道東に行ってたもんでね……)

d0174510_21340581.jpg
ゆったりと飛ぶ姿が優雅できれいでした。

川を下ったあとは、
帰りに国道沿いの果物直売所で、
ブドウやプルーンなどを買うのも、
毎年のパターンです。



動画もお楽しみください。










[PR]
by wilderness-otaru | 2018-10-09 21:36 | アウトドア | Comments(0)

夕暮れどきの塩谷

カヤックはちょっと久しぶりです。
6月から7月半ばまで、
天候に恵まれない日が多かった……。

久々に漕ぐのは塩谷。
出艇したのは夕方5時過ぎでした。
d0174510_23130233.jpg
東側、立岩方面に向かいます。
d0174510_23141217.jpg
17時発のフェリーが沖合いに見えました。
d0174510_23164700.jpg
d0174510_23171555.jpg
カモメの幼鳥か?
d0174510_23175798.jpg
d0174510_23182251.jpg









[PR]
by wilderness-otaru | 2018-07-31 23:22 | 小樽散歩 | Comments(0)

忍路 ・・・・・夏至のサンセット・・・・・

2018年の夏至は6月21日(木)。
その日はぐずついた天気でしたが、
翌22日、久しぶりにサンセットクルーズを楽しみました。
出掛けたのは忍路です。
d0174510_22465231.jpg
18時を過ぎてからの漕ぎ出しですが、
本日の日没は19:23。
d0174510_22472109.jpg
強い風が吹いていましたが、
湾内なら安心です。
ここが忍路のいいところ。
d0174510_22520841.jpg
d0174510_22555831.jpg
湾の外に出てみたら、やはり強風で
早々に戻ります。
d0174510_22563657.jpg
d0174510_22571218.jpg
太陽の眩しさが、だいぶやわらいできた。
d0174510_22583434.jpg
d0174510_22591997.jpg
ひとつの雲もなく、水平線に沈む夕陽を、
海上から見たのは、すごく久しぶり。
ラッキーでした。








[PR]
by wilderness-otaru | 2018-06-24 23:01 | アウトドア | Comments(0)

忍路へ  ・・・・・・スズメバチとアオダイショウ・・・・・・

しばらく海を漕いでいないので、忍路へ。
天気はあまり冴えず、風もありそう。
でも忍路なら多少は遊べるだろうと
漕ぎ出します。
d0174510_14474370.jpg
やはり湾の外は荒れていました。
そこで兜岩の下に上陸。
d0174510_14463518.jpg
d0174510_14470025.jpg
しばし和んで帰ります。
d0174510_14491183.jpg
湾内にあるのは検潮所跡の石垣。
今は北大の臨海実験場の裏にある施設ですが、
昔は対岸の遠いところにありました。
当時、潮位の測定は自動化されていなく、
海沿いに歩いて通う必要があって大変だったと
かつて管理人を務めた人から聞きました。
d0174510_14515420.jpg
近づいてみると石垣の真ん中に何かいる。
アオダイショウだ。
d0174510_15040206.jpg
ヘビは石の上で日光浴して
体を温めることが多いらしい。

さらに進むと海面にヘンなものが……。
定置網のそばだったので、
遠目には浮き玉かと思われましたが、
全然違った。
d0174510_14565687.jpg
なんと。スズメバチの巣でした。

d0174510_14583182.jpg
海沿いの山の中にあったのが古くなり、
落ちてきたのだろう。
d0174510_14584384.jpg
d0174510_14594058.jpg
というわけで、アオダイショウ、スズメバチの巣と
珍しい見ものが現れ、
おかげで短いながら、楽しい海上でのひとときとなりました。
d0174510_15013313.jpg









[PR]
by wilderness-otaru | 2018-06-09 15:01 | アウトドア | Comments(0)

塩谷から笠岩・桃岩へ〈石切場の跡を見る〉

土曜日の夕方、塩谷から漕ぎ出します。
最近はだいぶ日が長くなり、
4時頃の出艇でも余裕です。
d0174510_23413987.jpg
塩谷から西に進んで、まず見えてくるのがこの笠岩。
d0174510_23404738.jpg
岩棚がウミウの営巣地になっています。
d0174510_23424014.jpg
d0174510_23430252.jpg
このあたりの海岸では、
古い国道の跡がいくつか見られます。
d0174510_23450801.jpg
d0174510_23453621.jpg
d0174510_23454198.jpg
戦前に造られた古い道で、
崩落した土砂に埋もれかけています。

さらに進んで桃岩へ。
明治時代から小樽軟石の採石が行われたところ。
d0174510_23513089.jpg
石を切り出した跡が、大きな洞穴になっています。
上陸してみました。
ちゃんと船を付けやすいように、
岩が削られています。
d0174510_23525476.jpg
d0174510_23533673.jpg
d0174510_23535042.jpg
帰路。
d0174510_23562634.jpg
忍路の半島と余市・シリパ岬、後方に積丹半島、と
重なって見えます。
d0174510_23574512.jpg

動画もご覧ください。









[PR]
by wilderness-otaru | 2018-05-12 23:58 | アウトドア | Comments(0)

春の落合ダム湖

赤井川村、落合ダムの人造湖は
小樽から近いこともあって、
手軽なパドリングには打ってつけの場所です。
d0174510_23532170.jpg
ふきのとうがポコポコ出ている道を、水辺へ。
湖岸のあちこちで雪解け水が
滝のように流れ落ちるのは
この時期ならではの光景です。
d0174510_00010796.jpg
実は湖面に氷が残るなかを漕ぐ
“砕氷パドリング”をやりたかったのだ……。


先週、通りがかりに下見したときはまだ、
湖面全体が氷に覆われていたのだけど、
この日、氷はすでに皆無。
解け始めると、氷が消えるのは、
ホント早いです。


d0174510_23595581.jpg
水辺のあちこちにヤチブキの花。
d0174510_00024430.jpg
d0174510_00032129.jpg
d0174510_00035361.jpg
d0174510_00050747.jpg



動画はとりあえずハイライト(!?)、約10秒のみ……








[PR]
by wilderness-otaru | 2018-05-01 00:11 | アウトドア | Comments(0)

祝津港からトド岩へ

本日の海上活動は祝津。
港を出て北側、トド岩を目指します。
d0174510_22582686.jpg
漁港の防波堤と日和岬、ダブル灯台。
d0174510_22585271.jpg
海上はまずまず穏やか。
このときはね……。

トド岩にアプローチします。
トド岩は名前のとおり、
冬のあいだは本当にトドが集まる場所です。

今気が付いたのだけど……
d0174510_23042780.jpg
トド岩ってトドの形に似てない?
上半身をグッと持ち上げた感じ。
d0174510_23012484.jpg
過去には4月に入っても
トドが見られたことがあったので、
ひょっとすると、と期待していたのだけど……
ダメでした。トドのトの字もなし……。
d0174510_23033503.jpg

d0174510_23072514.jpg
d0174510_23084868.jpg

d0174510_23093323.jpg
ここから先、オタモイ方面は
海面が荒れていて、進むのを断念。
d0174510_23101805.jpg
d0174510_23143988.jpg
帰りは向かい風が強くなってきて
けっこう大変でした。










[PR]
by wilderness-otaru | 2018-04-01 23:12 | アウトドア | Comments(0)

カヤック初漕ぎ。忍路海岸の氷瀑ウォッチ

真冬の寒さが和らいで、
やっと海にも穏やさが戻ってきました。

3月11日の日曜日、やっとコンディションに恵まれて、
(前日は海まで行ったけど波が高くて断念……)
今シーズン初のカヤッククルージングを実行。

漕ぐのはやはり忍路です。
断崖から流れ落ちる氷瀑を見るのが目的。

d0174510_10070542.jpg
d0174510_10073129.jpg
湾内にも1ヶ所、氷瀑ポイントがあります。
d0174510_13535376.jpg

d0174510_10081740.jpg
特に滝があるわけではないのだけれど、
岩のあいだから少しずつ浸み出す
水の流れがあるようです。
d0174510_10105466.jpg
外洋に出ると多少波がある。

d0174510_10111966.jpg
半島内に深く切れ込んだ湾に入ると、
そこが最も大きく氷瀑が発達する場所です。
d0174510_10121757.jpg
d0174510_10123173.jpg
d0174510_10130553.jpg
d0174510_10132110.jpg
d0174510_10142032.jpg
ゆっくり漕ぎ回って1時間半ほど。
こんな手軽に“アラスカ的”風景が見られるのだから、
小樽はいいなあ。

▼動画もご覧ください。
















[PR]
by wilderness-otaru | 2018-03-13 10:16 | アウトドア | Comments(2)

晩秋の落合ダム

天気がいいので、
落合ダムでのんびりパドリング。
今シーズンいよいよ最後となりそうなので、
フネの“塩抜き”も兼ねて。

d0174510_11535405.jpg
紅葉にも多少期待したけれど、
ほぼ完全に終わってました。
d0174510_11543929.jpg
この時期、湖の水位は非常に低い。
d0174510_11554791.jpg
▲オブジェのように組み合わさった
この木を、夏の写真と比べてみると……。
d0174510_12034810.jpg
▲こんなに違います。
2mくらい低そうです。

d0174510_12073024.jpg
d0174510_12093754.jpg
ふだんは水面下にある木も見えるようで
立ち枯れた木の数が多く見えます。
d0174510_12112233.jpg
最近のおなじみ、動画です。
落ち葉のたまった水中もきれいでした。




[PR]
by wilderness-otaru | 2017-11-01 12:13 | アウトドア | Comments(0)