タグ:ジオラマ風写真 ( 6 ) タグの人気記事

ダイヤモンド・プリンセス 〜今度はジオラマ風に〜

去年まではいろいろおもしろがってやっていた、
ジオラマ風写真。
久々に出してみます。
d0174510_1154553.jpg

▲勝納埠頭に停泊中の〈ダイヤモンド・プリンセス〉の後方、
第三埠頭に向かって入港してきた〈ぱしふぃっくびーなす〉。
6月25日の撮影です。

今年は複数の大型客船が
同日に入港する予定が何回かあります。
ただし、ぱしふぃっくびーなすは
3時間足らずの短い寄港でした。
d0174510_11575376.jpg

▲ダイヤモンド・プリンセスは
18:00に出港していきました。

以前のジオラマ画像はこちら





[PR]
by wilderness-otaru | 2014-06-28 11:59 | 小樽散歩 | Comments(0)

小樽ジオラマ写真館【5】

ひさしぶりにジオラマ風です:
d0174510_22154559.jpg

▲フェリーターミナル。水天宮の丘からの遠望です。
たまに来る大型クルーズ船などでイベント的に盛り上がるのもいいけれど、日常的に見られるフェリーのいる風景が小樽らしくて好きです。
d0174510_22271768.jpg

▲張碓・恵比須島。元の画像は10数年前にブローニーで撮影したフィルムです。
このころはまだ「赤電車」、711系がたくさん走っていました。
d0174510_22301889.jpg

▲忍路の湾内風景。
北大・臨海試験場の建物が、格好の点景となってくれました。
d0174510_2235171.jpg

▲祝津のおなじみのアングルも、ジオラマ風加工でちょっと違った印象に……。

と、今回は海っぽい画像を載せてみました!

★小樽ジオラマ写真館【4】
[PR]
by wilderness-otaru | 2013-08-18 22:37 | 小樽散歩 | Comments(0)

小樽ジオラマ写真館【4】

久々にジオラマ写真を載せてみます。
d0174510_22211235.jpg

▲小樽聖公会。水天宮の丘、境内のすぐ下にある教会は明治の建物。
d0174510_084588.jpg

▲大型クルーズ船〈飛鳥II〉。去年、小樽に来たときの写真です。
d0174510_0112639.jpg

▲小樽市総合博物館の敷地内を走る蒸気機関車〈アイアンホース号〉はジオラマにすると、まさに模型という感じです。
そういえば今、博物館では鉄道模型の企画展やってます。
d0174510_0162713.jpg

▲ご存じ小樽市役所庁舎は昭和8年竣工。今年でちょうど80歳を迎えます。

今回はこれにて。

★小樽ジオラマ写真館【3】
[PR]
by wilderness-otaru | 2013-07-25 00:21 | 小樽散歩 | Comments(2)

小樽ジオラマ写真館【3】

“新作”できました:
d0174510_222213.jpg

▲カトリック富岡教会。裏側から教会を見るこのポイントは隠れた撮影名所で、ここから撮った画像は、よく街並み写真の題材となります。
建物を見るにはもちろん正面からがいいけれど、周囲とのコンビネーションという点ではこの場所が秀逸です。
 ちなみにジオラマ写真を加工するうえで、こういう近景と遠景が重なる画像は非常に手間がかかります。背景はボケボケにしても教会の十字架は輪郭まで鮮明に残す、というあたりは細かい手作業です。
d0174510_227790.jpg

▲高島漁港。中央の島は「弁天島」と呼ばれています。夏にはここで花火大会も開かれます。
d0174510_22175737.jpg

▲おなじみ、小樽産業会館。この建物ももう建てられて57年になります(落成は昭和31年9月)。“戦後派”ですが、そろそろ歴史的価値が認められてもいいかも……。
d0174510_22233966.jpg

▲オタモイ峠を越え、塩谷駅に向かって下る〈SLニセコ号〉。
一般に蒸気機関車の写真では煙モクモクのシーンが好まれますが、ジオラマ風に加工するには煙が少ない方が“らしく”見えるようです。豪快に煙を吐く模型ってないですから……(笑)

★小樽ジオラマ写真館【2】
[PR]
by wilderness-otaru | 2013-06-27 22:28 | 小樽散歩 | Comments(0)

小樽ジオラマ写真館【2】

小樽の街をオモチャにする(!?)シリーズ第2回。いくつかアップロードします:

d0174510_1284981.jpg

▲おなじみ堺町交差点。これはルタオの展望塔から撮っています。ジオラマ風写真は高いところから撮るのが基本なので、こういう展望塔を設けて開放してくれているのは大変ありがたいです。

d0174510_12114137.jpg

▲奥沢水源地の水管橋。以前の一般公開中の画像をもとにしています。
ところでこの“水すだれ”今はどうなっているのだろう。最近行ったのはまだ雪のある時期でしたが[→写真]、その後は見ていません。

d0174510_12261766.jpg

▲朝里ダムの上から見たループ橋。ジオラマ向きの風景です。

d0174510_1233268.jpg

▲こぢんまりとした朝里駅のたたずまい、好きです。


★小樽ジオラマ写真館【1】
[PR]
by wilderness-otaru | 2013-06-17 12:38 | 小樽散歩 | Comments(0)

小樽ジオラマ写真館【1】

最近、風景をジオラマ風に加工した写真がちょっとした流行りなのだそう。ネット上で公開されているいくつか画像を見たら、加工のポイントは「中心となる部分だけを除いて周囲をボケさせること」、「色調を鮮やかにしてちょっとだけ非現実的な雰囲気にする」の2点であることに気付きました。

そこでストックの画像を素材にして自分でもやってみました。
最近ではジオラマ風の加工ができるソフトウェアとか、加工機能を備えたカメラもあるそうですが、私は慣れ親しんだPhotoshopを使って手作業です。

▼まずはおなじみ、小樽駅から。
d0174510_17582860.jpg

▼小樽運河の水面を進む「小樽運河クルーズ」です。
d0174510_17593335.jpg

▼潮見台浄水場の洒落た建物も、ジオラマに馴染みます。
d0174510_1815551.jpg

▼こちらは2009年9月、小樽に入港した豪華客船 The Worldを平磯公園から。
d0174510_1831665.jpg

▼その平磯の高台を背後に走る赤い電車711系。海の青に映えます。
d0174510_1852177.jpg


加工の手間は画像によって異なります。ものによってはかなり根気の要る作業となりますが、基本的にそう難しいものではありません。
またいろいろやってみようと思います。

★小樽ジオラマ写真館【2】
[PR]
by wilderness-otaru | 2013-06-15 18:10 | 小樽散歩 | Comments(0)