タグ:自然の風景 ( 77 ) タグの人気記事

魚留の滝、雪景色

朝里天狗岳から下山後、魚留の滝を見に行きます。
滝への道は、登山口から道道を隔てた反対側、
ちょうど「お向かい」の位置にあります。

前回、朝里天狗に登ったときにも行きましたが、
ここまで来たのだから、滝を見ずに返る手はありません。
これから積雪量が増えると多分、
駐車スペースが使えなくなるというヨミもあり。

冬の時期に滝まで行く人はほとんどいないはずで、
魚留の滝の雪景色は“本邦初公開”!?かも……。

道道から滝まで、夏なら小径を辿って10分足らずですが、
雪に埋もれた今は、道がまったく不明瞭です。
30cm足らずの積雪でも、山道って
こんなに消えてしまうものなんだと感心(?)します。
記憶とカンを頼りに進みましたが、
ヘタすると、これだけの距離でも迷ってしまうかも。

着いた滝は、期待どおりのいい眺めでした。
d0174510_13291422.jpg
d0174510_13294650.jpg
立ち位置が限られるので、画面に変化をつけにくく、
ちょっともどかしい感じです。
でも、立てる場所の下は急な雪の斜面。

こういうとき「もう少し先に行けば……」という
“フォトグラファー心理”が危険の元になります。

d0174510_13314509.jpg

滝の写真といえばスローシャッターで水流を
白糸のようにするのがお決まりです。
一応、それもやってみたけれど、
おとなしすぎる・静かすぎる感じ。
なんか、その場の雰囲気にそぐわない。

なんでも“定番”で落ち着いてはダメだよね。
d0174510_13331967.jpg

d0174510_13351945.jpg
このくらいの動感が好きです。

サワサワという水音が耳の奥に蘇りました。







[PR]
by wilderness-otaru | 2018-11-26 13:39 | アウトドア | Comments(0)

魚留の滝

朝里天狗岳に登った帰り、
魚留の滝にも寄ってきました。
何といったって登山道を下ると、
道道を隔てたほぼ向かいに、
滝への道があるのですから。

滝までは歩いてほんの5分ほど。
d0174510_00124153.jpg
滝では“定番”、白糸のような水流を撮ってみる。
山の帰りで三脚を持っていなかったので、
カメラを石の上に置いて、1/2のシャッターで
なんとかそれらしく。

紅葉の鮮やかさは今ひとつの感じです。
谷間で日当たりが悪いせいもありますが……。

魚留の滝は岩の上を水が流れ落ちていて、
滝壺というものがありません。
水辺まで下りることも、
できなくはなさそうだったけれど、
けっこう危ない感じ。
下りはよくても、登るのが大変そうなので、
やめておきました。
d0174510_00201539.jpg
滝への下り口はこの道路脇です。
こんなところに人が立っていると、
ドライバーはぎょっとするかも……。








[PR]
by wilderness-otaru | 2018-10-31 00:21 | 小樽散歩 | Comments(0)

紅葉を見に  ニセコ編

先日は所用もあってニセコ方面へ。
ちょうど紅葉シーズンだったので、
パノラマラインを回ってきました。
d0174510_11043371.jpg
蘭越の市街を見下ろす風景。
山はいい感じに色付いています。
d0174510_11053412.jpg
チセヌプリのあたり。

d0174510_11060646.jpg
大湯沼。
硫黄泉の泉源で、硫黄臭が立ちこめています。

余談ですが、実のところ硫黄は無臭で、
一般に硫黄臭といわれる匂いは
硫化水素のものらしい。

しかしまあ、「硫黄の香り」といえば
温泉情緒があるけれど、
「硫化水素の匂い」と聞いたら
何やら危険で息苦しくなる感じ。

旅行雑誌などの温泉に関する記事で、
硫黄の香りという表現はよく使われますが、
上記のような“化学的な正確さ”にこだわる編集者も、
たま〜にいて、ちょっと困ります。
d0174510_11151008.jpg
このあと、紅葉名所の神仙沼を通りましたが、
駐車場が満杯で、路上にまでクルマがびっしり。
沼めぐりの遊歩道も大混雑なのだろうと、
立ち寄らずに通り過ぎました。













[PR]
by wilderness-otaru | 2018-10-16 11:19 | できごと | Comments(0)

秋の赤岩山

天気のいい日を見計らって
赤岩山に登ってきました。
登る、といっても片道30分足らずの
ちょっとした“お散歩”です。
最近トレッキングブーツを新調したので、
その馴らしも兼ねて。
d0174510_13283290.jpg
▲下赤岩、テーブルリッジに着いてまもなく、
にわか雨が来て、すぐに上がったと思ったら、虹。
5分ほどで消えてしまったけれど、
青い海をバックにしてきれいでした。

d0174510_13324046.jpg
▲このとき、海に面した岩の先端には
ハヤブサ?と思われる鳥がいました。
(長いレンズがなかったので、あとから画像を大幅に拡大しています)

しばらく動かずにいましたが、
虹に気を取られているあいだに飛び去ってしまい、
飛ぶ姿を見られなかったのが残念……。

d0174510_13343154.jpg
▲青緑の海の色がすばらしい。
山では木々の紅葉が始まっています。
d0174510_13362130.jpg
d0174510_13365180.jpg
海を見ていたら漕ぎたくなった。
まだ行けるな……。
d0174510_13380731.jpg
▲山は古くからの“霊場”でもあり、
山道脇にはたくさんの石仏が並んでいます。









[PR]
by wilderness-otaru | 2018-10-12 13:39 | 小樽散歩 | Comments(0)

余市川 鮭の遡上する川を漕ぐ

鮭が遡上する時期、カヤックで余市川を下りました。
こののんびりしたツーリングは、
秋ならではの楽しみです。

水量が少ないので、漕ぐこと自体には
けっこうメンドーなところもありますが、
鮭をこれほど間近に見られるのは
なかなか貴重な体験です。
d0174510_21040912.jpg
通過が困難な浅い瀬があちこちに。
それに加えて今年は流木が多く、
フネを降りて引っ張る場面が何度かあった。

川の途中には鮭の遡上を止める
“梁(ヤナ)”が設けられています。
(鮎料理で有名な「水明閣」のそば)
それでも梁を越えて上流に上がる鮭は
けっこういます。
今回漕いだのはは仁木町の「月見橋」から
梁のすぐ上流「鮎見橋」までの区間。
距離はわずか4kmちょっとです。
人里近くを流れるわりには
水面から人造物があまり目に入らず、
のんびり・ゆったりと漕ぎ下るのに
気持ちのいいところです。

水中を覗くと、素速く泳ぎ回る鮭が見られますが、
産卵を終えて命尽きたものも多数。
d0174510_21182488.jpg
d0174510_21185095.jpg
d0174510_21225305.jpg
鮭を狙って鳥も集まってきます。
カラスやアオサギはどこにでもいますが、
▼これはカワウだろうか……。
北海道ではあまり見かけない鳥です。
d0174510_21202399.jpg
d0174510_21232844.jpg
▲梁の上に止まっているのはサギ?
これ以外にも川沿いで数羽を見かけました。

白いサギはダイサギ、チュウサギ、コサギと
文字どおり大・中・小と
大きさで分けられた名前があるそうで、
特にダイサギとチュウサギは、大きさ以外に
目立つ違いがないらしい。

しかしこのサギは大きかったです。
最初に見たときは一瞬、
タンチョウ!?と思ったくらい。
(最近、道東に行ってたもんでね……)

d0174510_21340581.jpg
ゆったりと飛ぶ姿が優雅できれいでした。

川を下ったあとは、
帰りに国道沿いの果物直売所で、
ブドウやプルーンなどを買うのも、
毎年のパターンです。



動画もお楽しみください。










[PR]
by wilderness-otaru | 2018-10-09 21:36 | アウトドア | Comments(0)

穴滝 小樽の“秘境”にまつわる歴史など

当方で編集を担当する北海道新聞小樽版の別刷り
〈新 ねっとわーく小樽〉2018年8月15日号、
1面特集は『穴滝』。
勝納川の源頭部に位置するこの滝は、
大きな洞穴の上から一筋の水が流れ落ちる
特異な景観の見られる場所です。

市街地から1時間ほどで行けますが、
ポピュラーな観光地ではなく、
“秘境的”な趣のある場所です。
小樽市民でも行ったことのある人は、
そう多くないようです。

今回の特集記事でメインの画像として使ったのは、これ。
d0174510_09515544.jpg
紙面は1色刷りですが、撮影は3年前の6月、
新緑のきれいな時期でした。
滝の手前にある、
ちょっと高くなった場所から撮っています。
同行した女性が滝の近くにいたので、
「水にさわって」と注文つけました。
12mmの超広角で、見ようによっては
ドローンで撮ったような高度感と広がりになりました。

一般的な穴滝の写真というと……
d0174510_09534317.jpg
d0174510_09535976.jpg
▲このように下から撮るものが多いです。


まあこのように、景観として魅力的な場所ですが、
今回の記事では穴滝にまつわる歴史を探ってみました。
紙面にも書きましたが、穴滝は古く(明治の末頃?)から、
信仰の場となり、滝で修行する人がいたらしい。
さらには難病を患った人が治癒を願って
滝に入るようになりますが、これが大問題となります。

穴滝の下流には上水道の源となる奥沢水源地があり、
そこに病人の浴びた水が流れ込むのは大変……というわけです。
実際に病人が滝に集まっているかは定かでなく、
風評だった可能性もあります。
今よりも医療が未発達で衛生環境が悪かった時代、
難病患者に対する偏見もあったのかもしれません。

昭和7年9月1日付けの〈小樽新聞〉には、
穴滝地蔵を洞窟の外に移し、洞窟を爆破するという
ショッキングな記事が載っています。
ただし記事をよく読むと
「若し爆破が困難な場合は洞窟入口に金網を張り
絶対入洞を不能ならしめる……」
と少々“弱気”な一文もあります。
そのとおり、実際に爆破が実行されることは
ありませんでした。
昭和初期から穴滝は立ち入り禁止となったようですが、
その規制がいつまで続いたかは定かでありません。

穴滝信仰にまつわる像が、
松ヶ枝にある仏教寺院〈金比羅大本院〉にあると知ったのは、
最近のことです。現物を拝見し、住職に話を伺いました。

金比羅大本院があるのは松ヶ枝の高台。
住宅地の奥からさらに上がったところです。
訪れたのは7月下旬、
小樽でも気温30度くらいの暑さが続いたころでした。
d0174510_10262263.jpg
お寺に続く道は、両側に大きな樹木が並び
1〜2度気温が低いように感じられました。
d0174510_10280511.jpg
道沿いにはたくさんのアジサイが。
d0174510_10290271.jpg
境内の奥にある〈穴滝八大龍神〉の像。
昭和27年、穴滝を信仰する人々の寄進によって建てられ、
寺にはその名簿が残っていました。

再び穴滝の話に戻ります。
それにしてもどうしてこんな地形ができたのか。
これについては昭和13年に発刊された
〈小樽の地形と地質〉という文献に、有用な記述がありました。

文語体で書かれた本で読みにくいのですが、
要約すると穴滝のある岩壁は、
上層に硬質の集塊溶岩、下層に軟質の凝灰岩があり、
滝の流れによって下層が浸蝕され、
上層だけが残った、ということ。

ただし現在のようにわずかな水量では、
それだけの浸蝕作用があるはずもない。
穴滝のさらに上流、分水嶺を隔てて余市側に下る
畚部(フゴッペ)川の源流部の標高の高い位置に
「畚部火口湖」と呼べる湖があり、
そこから大きな流れがあったに違いない。
浸蝕によってできた穴滝の地形は、
かつてそこに大きな流れがあった証拠である……
といったことが書かれています。

調べるにつけ、単なる“奇景”ではない、
なかなか興味深い穴滝の姿が見えてきました。











[PR]
by wilderness-otaru | 2018-08-16 10:48 | 小樽散歩 | Comments(1)

大雪山へ  銀泉台から白雲小屋へ

1週間ほど前になりますが、
久しぶりに大雪山に登ってきました。
今回選んだルートは銀泉台から上がって
白雲小屋までを往復するというもの。

強行すれば日帰りもできなくはないコースですが、
あえて1泊にして、のんびりと山を楽しみます。
泊まりは小屋の前の指定地でキャンプです。
d0174510_16570854.jpg
スタート地の銀泉台。
以前来たときはまだ、小屋があったから
10数年ぶりになります。
d0174510_16584766.jpg
▲1時間ほど登ると展望が開け、
眼下に銀泉台への林道、
遠くには大雪湖付近の道路が見えます。
d0174510_17001735.jpg
この時期はまだ、けっこう大きな雪渓が残ります。
そこを過ぎると「駒草平」。
d0174510_17015987.jpg
コマクサは今が盛期、あちこちに咲いています。
このあたりから見られる花が多くなりました。
d0174510_17060970.jpg
▲チングルマ
d0174510_17062743.jpg
▲エゾノツガザクラ

花には詳しくありませんが、
このくらいの基本的なものは知っています。
d0174510_17084080.jpg
やがて赤岳山頂に到着。
小雨が降っていましたが、
なんとか展望が開けました。
d0174510_17100462.jpg
その後、やや急な斜面を下り、
白雲の避難小屋に到着。
小屋の前のキャンプ地でテントを張ります。

数日前まで雨量が多かったため
テント場がややぬかるみ気味。
そこを避けて手前側にテントが集中しています。
ここには過去に何度も来ていますが、
こういう状況は初めてです。
6月下旬でテント場がまだ雪原で、
寒くて安眠できなかった記憶はあるけれど……。
d0174510_17133454.jpg
どんよりとした天気でしたが、
夕方、少しだけ雲が切れてトムラウシの姿がちらり。
このピークを目指す人も多いようです。
d0174510_17141499.jpg
翌日。天気は好転するとの予報に反し、
まだ霧が深く、ときおり雨も。
d0174510_17175902.jpg
トムラウシを目指す人は、
早朝4時くらいから動き始めていたようですが、
こちらはのんびり、7時過ぎでもまだ睡眠。
ゆ〜っくり起きて朝ゴハン。
こういうの大好きです。
今日はこれから天気が好転しそうだし……
d0174510_17204338.jpg
▲霧のなか、白雲岳の山頂を目指します。
山頂直下は大きな石の連なる岩場。
d0174510_17214659.jpg
着いたときは完全にホワイトアウトでしたが、
30分ほどすると、ガスが薄くなってきた!
上空には青空が!!
d0174510_17230191.jpg
あれよという間に北海岳方面が見えてきた!!
d0174510_17242236.jpg
▲反対側、赤岳方面もくっきりと。
d0174510_17250795.jpg
▲尖ったピークは烏帽子岳。
この広大さがまさに大雪山です。
d0174510_09445851.jpg
白雲分岐でテントを乾かす。
ぐしょ濡れで重かったのが、
陽に当てて風を入れたら、
あっという間に軽くなりました。
d0174510_17261632.jpg
d0174510_09465296.jpg
大雪渓を下る。ときどき尻滑りも。

というわけで、帰りはいい風景を楽しみながら、
銀泉台へと下っていきました。

やっぱり大雪はいいなあ〜。








[PR]
by wilderness-otaru | 2018-07-23 17:30 | 北海道の各地 | Comments(0)

ニセコ連山・目国内岳に登る

ニセコ連山の西端近くに位置する
目国内岳(1202m)は、好きな山のひとつです。
これまで山スキーで春の時期ばかり、
10回くらい登っただろうか。

新見温泉(休業してしまいましたが……)から
彼方に見えているピークに向かって
真っ直ぐ登っていきます。
d0174510_13091329.jpg
ダケカンバの樹林の間を進む。
d0174510_13105631.jpg
登るにつれ視界が広がっていく。
中央の、いちばん高く見えるピークが
チセヌプリ……だと思う。

d0174510_13152380.jpg
前目国内岳との鞍部近く、
樹林帯が終わるあたり。
目国内岳のピークが目の前に。
近いような、遠いような。

ここからは広い一枚斜面の登りです。
スキー場の中級者ゲレンデくらいの斜度、
ジグを切らずに直登が可能です。
d0174510_13192924.jpg
岩の連なる山頂に向かってまっすぐに。
ただ、画像ではわからないけれど、
風は猛烈に強くて耐えるのが大変。
d0174510_13212635.jpg
d0174510_13224051.jpg
d0174510_13242573.jpg
山頂からの展望。少し霞んでいますが
前目国内、白樺山、シャクナゲ岳、チセ、ニト、イワオ、
アンヌプリとニセコの山々が連なり、
その先には羊蹄山。

ここからの滑りも最高に気持ちよかったです。

ところで下山して、これまでは真っ先に
新見温泉の風呂に入るのがお決まりでした。
野趣ある温泉で、今さっきまでいた
目国内岳のピークを見ながら入る
露天風呂の心地よさ……。

その温泉が今はもうありません。
ここにはともに「新見」の名の付く
「本館」「温泉ホテル」と2軒がありましたが
2016年3月でどちらも閉館。
本館の方だけは2017年1月に再開されましたが、
その年の6月には早くも再び閉館。

今回、登りの途中で建物を見ましたが、
どちらも雪のためか屋根の一部が落ち、
かなり荒廃している様子でした。
再建は難しそうで、残念な限りです。








[PR]
by wilderness-otaru | 2018-04-22 13:27 | アウトドア | Comments(0)

祝津港からトド岩へ

本日の海上活動は祝津。
港を出て北側、トド岩を目指します。
d0174510_22582686.jpg
漁港の防波堤と日和岬、ダブル灯台。
d0174510_22585271.jpg
海上はまずまず穏やか。
このときはね……。

トド岩にアプローチします。
トド岩は名前のとおり、
冬のあいだは本当にトドが集まる場所です。

今気が付いたのだけど……
d0174510_23042780.jpg
トド岩ってトドの形に似てない?
上半身をグッと持ち上げた感じ。
d0174510_23012484.jpg
過去には4月に入っても
トドが見られたことがあったので、
ひょっとすると、と期待していたのだけど……
ダメでした。トドのトの字もなし……。
d0174510_23033503.jpg

d0174510_23072514.jpg
d0174510_23084868.jpg

d0174510_23093323.jpg
ここから先、オタモイ方面は
海面が荒れていて、進むのを断念。
d0174510_23101805.jpg
d0174510_23143988.jpg
帰りは向かい風が強くなってきて
けっこう大変でした。










[PR]
by wilderness-otaru | 2018-04-01 23:12 | アウトドア | Comments(0)

毛無山に登る

日ごとに気温が上がり
春らしくなっていくのはいいけれど
一方で、雪のある間にしたいことを
やり残しているようで、
ちょっとした焦りも感じます。
山スキーにスノーシューでのトレッキング。
ゲレンデにも行きたいし……。

このあいだの休日には、
ごく手軽に山スキーで毛無山に登ってきました。
小樽の市街地からも見える、
あのアンテナが建つピークです。

d0174510_18324742.jpg
雪はぐさぐさだけど、
白樺林のなかを歩くのは心地いい。
例のアンテナが見えてきた。
d0174510_18340176.jpg
このあたりで標高は700mくらい。
登り始めからの高度差は
わずか150m足らずで、
時間にして40分くらい。

見えている木はダケカンバかマカンバか。
判断は付かないけれど、
白樺ではなくなっていて、
少し“山っぽい”感じになります。

d0174510_18391845.jpg
巨大なアンテナは2本建っています。
ところで何のためのものなのかは、知りません。
d0174510_18405160.jpg
ピークからは小樽の市街地が広く見えます。
市街の展望の広さという点では、
ここに勝るポイントはないはず。
アンテナがここに建てられたのも、
その理由によるのだろう。
d0174510_18445434.jpg
▲港のあたりがくっきり。
d0174510_18414128.jpg
▲これは右手、建設中の高速道路がよく見えます。
朝里川温泉の手前で道道を跨ぐ橋。
住宅地は新光、朝里あたりです。
d0174510_18425606.jpg
▲手前が天神十字付近、
長いトンネルで毛無山の下をくぐった高速道路が、
山の下から出てくるところです。

d0174510_18455730.jpg
▲足元を通る国道393。
その先、高台の上には銀鱗荘。

d0174510_18472600.jpg
▲反対側に目を転じ、定山渓に向かう道道。
山のあいだをくねくねと上っていく道が見えます。
左側、尖ったピークは朝里天狗岳。
d0174510_18485905.jpg
帰路はベタ雪の上を滑ってわずか15分。
お手軽だけど心地よいひとときでした。







[PR]
by wilderness-otaru | 2018-03-26 18:52 | アウトドア | Comments(0)