タグ:船 ( 4 ) タグの人気記事

2013〈おたる潮まつり〉の花火大会

〈おたる潮まつり〉の花火大会を今年は金曜と日曜、2回とも見てきました。
小樽に20年もいるのに、以前、花火のよく見える家に住んでいる友人宅に何度か上がり込んだ以外、今までこの花火をしっかり見たことがありませんでした。
 といっても市街中心部まで出ると帰りの渋滞にハマること必至だし、家からほど近い築港地区の海辺でお手軽に。
d0174510_21522793.jpg

d0174510_21535026.jpg
d0174510_22057.jpg

d0174510_2155396.jpg

d0174510_21574380.jpg

 日曜日は花火大会のあいだ、本降りの雨となってしまいました。風向きの関係で、煙もこちら側になびいてきて、条件的にはかなりBAD。
 ともあれ夏の夜のひとときを楽しむことができました。

 花火の終盤、フェリーがボオっと大きな汽笛を響かせながらゆっくりと入港してきました。もちろん花火大会に合わせた演出などではなく、20:45の定時に到着した舞鶴発の便です。
 これもまた港町ならではの光景です。
 といっても、実のところこの時刻にフェリーが入ってくることは知らなかったのですが、被写体としてはおもしろい組み合わせになりそう。また来年……。

それにしても花火の写真は難しいです。今回は雨ということもあってあまり本腰を入れて撮れなかったけど、また来年。
[PR]
by wilderness-otaru | 2013-07-29 22:12 | できごと | Comments(0)

小樽港の日本丸

帆船・日本丸が小樽に来ています。
今回、セールを張ることはないですが、替わって夜間に行われるイルミネーションが見ものとなりました。
d0174510_2140713.jpg

d0174510_21393033.jpg

d0174510_2142151.jpg

d0174510_2142431.jpg


埠頭にはかなりの見物人が集まって、なかなかにぎやかでした。
[PR]
by wilderness-otaru | 2012-08-14 21:44 | できごと | Comments(0)

北前船・みちのく丸を見てきた

行ってきました、みちのく丸の公開。
10:30の開始時間より少し早く築港臨海公園に着いてみると、
どひゃ〜
d0174510_12131889.jpg

長蛇の列!
行列と人混みが大の苦手の私ですが、ここはそうも言ってられない。
50分ほど待って順番が来ました。公園を管理するお役所の決まりとかで
ライフジャケットを着け、20人ひとかたまりで案内されます。
d0174510_1216317.jpg

d0174510_12251511.jpg



▼マストは1本の杉の木から。でかい!
d0174510_1223483.jpg




▼船体中央の、荷物スペース「胴の間」。
d0174510_1226177.jpg

「ベザイ船は水密甲板をもたず、荷物を山積みした」と何かの本で
読んだことがあります。
司馬遼太郎《菜の花の沖》には「甲板のないお椀のような船」
(だったっけ?)といった記述がありました。
実際に見て、こういうことだったのかと納得。



▼船室内 帆を上げ下ろしする「ろくろ」
d0174510_12361560.jpg

この部屋は乗組員の居住スペースでもありました。

それにしても200年以上も前に、よくこういうものを考え、造ったもの。
現代にそれを復元したのもすごい。
……と感心しながら帰ってきました。

《みちのく丸》の公開は今日22日から24日まで、10〜17時。
行列覚悟で、行くべし!

d0174510_9495197.jpg

[PR]
by wilderness-otaru | 2011-07-22 12:44 | 小樽散歩 | Comments(0)

みちのく丸

復元された北前船「みちのく丸」が小樽に来た。
朝、出勤途中にちょっと立ち寄って見てきました。
d0174510_9452962.jpg


写真ではこうした“ベザイ船”をたくさん見ていたけれど、
こんな船が実際に小樽の港内に停泊しているのは
何だか不思議な光景です。

細部まで忠実に復元されているのに感心しました。
明日から一般公開だそうで、楽しみです。

実際に航行可能に造られているそうで、
帆を上げて帆走するところをぜひとも見たいけれど、
それは無理だろうか……。
[PR]
by wilderness-otaru | 2011-07-21 09:48 | 小樽散歩 | Comments(0)