タグ:落合ダム ( 7 ) タグの人気記事

またしても……落合ダム

前週に続き、また赤井川村の落合ダムへ。
今回の方が天気が良く、
春紅葉の色付きもいい感じです。
d0174510_10030664.jpg
それにしても「落合ダムに行く」といっても
ダムを見に行くわけではなく、
行き先はダム湖です。
しかし湖自体には特に名前がないので
便宜上、湖も「落合ダム」と呼んでます。
ま、いいか。
d0174510_10070187.jpg
ウグイスが啼き、
ぽ・ぽ・ぽ・ぽ……と響く
ツツドリの声がのどか。
1回だけエゾハルゼミの声も聞こえました。

ハルゼミが鳴き始めるのは、
普通6月1日前後、
たくさんの声が一斉に響き始めますが、
今回のは若干、フライング気味だったみたい。

d0174510_10130231.jpg
上流側に進むと「川」の雰囲気に。
d0174510_10140556.jpg
d0174510_10142494.jpg
「春」から「初夏」への
移り変わりを感じるひとときでした。
















[PR]
by wilderness-otaru | 2017-05-24 10:15 | アウトドア | Comments(0)

水辺のカタクリ 赤井川村・落合ダムにて

先週末は海で漕ぎたかったけれど、
風が強く、海面が荒れ気味で断念。
替わって向かったのが赤井川村、落合ダムです。
山では春もみじが見頃、
ところどころにヤマザクラも咲いています。
d0174510_11185066.jpg
水際に咲くカタクリを見つけました。
d0174510_11194247.jpg
よく見ると……。
まわりにはギョウジャニンニクが!

しかし水辺からほぼ垂直にそそり立つ急斜面で
手が出ません。
d0174510_11214906.jpg
エゾノリュウキンカの花も咲いていた。
d0174510_11244162.jpg
たまには穏やかな淡水を漕ぐのもいいです。













[PR]
by wilderness-otaru | 2017-05-17 11:25 | アウトドア | Comments(0)

紅葉ウォッチ、今度は湖上から【落合ダム編】

紅葉ネタが続きましたが、
今度は赤井川村・落合ダム湖です。

d0174510_16291003.jpg
立ち枯れた木々のあいだを
ゆっくりと漕ぎ進む。

d0174510_16322659.jpg
d0174510_16335677.jpg
d0174510_16350936.jpg
d0174510_16333686.jpg
この日は北海道新聞の
写真部記者さんとの撮影でした。
d0174510_16374068.jpg
記事は10月19日の夕刊に。
1面で、予想以上の大きさ!











[PR]
by wilderness-otaru | 2016-10-20 16:39 | できごと | Comments(0)

赤井川村、落合ダム

これまで何度か訪れている赤井川村、落合ダム。
今まで行ったのは氷が張り始める初冬、
解けかける春先などで、
夏の普通の行楽シーズンには
実は一度も行ったことがなかった。

d0174510_21303243.jpg
今回初めて、夏にファミリーで。
d0174510_21321834.jpg
d0174510_21325760.jpg
d0174510_21334219.jpg
d0174510_21341887.jpg
d0174510_21355148.jpg
d0174510_21362302.jpg
のんびりカヤック漕いで、
BBQやって、焚き火して。
d0174510_21365986.jpg
気持ちよかったです。







[PR]
by wilderness-otaru | 2016-07-28 21:38 | できごと | Comments(0)

赤井川村・落合ダム、氷の湖を漕ぐ

昨年のこの時期、赤井川村の落合ダムで、
解けかけた氷が浮かぶ湖面に
カヤックを浮かべました。
それがなかなか気持ちよかったので、
今年もまた出掛けました。

とはいえ、氷が解けるタイミングはなかなか微妙。
早過ぎると水面が出ていないし、
遅ければ氷は完全に解けてなくなってしまう。

カヤックで遊ぶのにちょうどいい状態は、
数日間しかないようです。

さて今年、4月24日の湖面は……。
d0174510_22453456.jpg
湖の中央部に氷、
湖岸付近は水面、という状態。
漕ぐにはちょうどいい具合です。
d0174510_22483285.jpg
氷は全体にシャーベット状でグサグサ。
足を乗せたらすぐ踏み抜きそうです。
でも氷の上にカヤックを乗り上げ、
割ろうとしても、ビクともしない。
フネで氷を切り開けるのは周辺部の、
よっぽど薄いところに限られます。
d0174510_22561621.jpg
上流側では立ち枯れた木が多数。
d0174510_22583865.jpg
d0174510_23001005.jpg
雪解け水が滝となって……。
d0174510_23014436.jpg
いったん陸に上がって小休止。
d0174510_23042453.jpg
流れ込む沢の水量は多い。
d0174510_23025976.jpg
アカゲラの古い巣穴だろうか……。
d0174510_23142012.jpg
年間にほんの数日だけ楽しめる
“砕氷パドリング”。

春らしい陽気のもと
氷と遊びながら、の〜んびり、
心地よい時間を過ごしました。








[PR]
by wilderness-otaru | 2016-04-25 23:18 | できごと | Comments(0)

「砕氷パドリング」 赤井川村・落合ダム湖にて

d0174510_21490062.jpg
小樽市に隣接する赤井川村の山奥に、
落合ダムによってできた人造湖があります。
まだ氷が残るこの水面に
カヤックを浮かべるのが今回のテーマ。

3日前の日曜日、ニセコ山系・

▼その帰路、落合ダムに寄ったときに
撮ったのがこの写真。
d0174510_21544788.jpg
この時点では湖のほぼ全面が結氷。
とはいっても固い氷ではなく、
シャーベット状になっています。
この緩んだ氷の上でカヤックを
漕いだらおもしろいかも、
と考えたのが始まりでした。

しかし月曜・火曜と暖かい日が続き、
氷の具合が心配……。
そして休日の今日、
湖に行ってみると果たして……。

わずか3日目にして状況は激変!
心配したとおり、湖全体を覆っていた氷が
ほとんど解けてしまっています。
その後、暖かい日が続いたから……。
湖の真ん中に、氷の残る一帯があるのみでした。

ま、いいか。
今日も晴れて気温は高く、心地よい陽気です。
今シーズン初、ウグイスの声を聞きました。

ゆっくり漕ぎ進めて氷の帯に到達。
長辺はざっと見て100m以上、
短辺で30mくらいか。
厚さは概ね10cmほどありそうです。
シャーベット状といっても、
カヤックで簡単に切り開けるほど柔らかくはない。
d0174510_22065268.jpg
さらに上流側に進みます。
立ち枯れた木が並ぶあたり。
d0174510_22545758.jpg
d0174510_23025606.jpg
d0174510_23090142.jpg
d0174510_23331939.jpg
滝の中に咲くのはヤチブキ、
エゾノリュウキンカ。
d0174510_23143781.jpg
d0174510_23180449.jpg
湖のいちばん上流側まで行きましたが、
その間、1時間足らずのあいだに、
先ほど見た大きな氷の塊は、
風に押されて数百メートルも移動していました。
再び氷の中へ。
d0174510_23222647.jpg
通り抜けるには氷にパドルを刺して、
切り開きます。
まさにシャーベットに
スプーンを差し込む感触そのものです。
d0174510_01073093.jpg

こんな具合にしばらく
「砕氷ごっこ」を楽しんできました。

氷が湖面を覆っていた3日前だったら、
漕ぎ回るのは困難だったはずだし、
その後は気温が上がって氷は
急速に消えていきました。
今日も日中20度くらいまで上がったから、
これから氷はさらに解けるはず。
と考えると春、氷が解ける時期に
フネを漕げるのは数日間しかないのかも……。

そういえば前回、ここに来たのは11月下旬、
ちょうど氷ができ始める時期でした。
夜になって氷が張る、ピシピシっという音が
聞こえていたことを思い出します。






[PR]
by wilderness-otaru | 2015-04-29 23:55 | アウトドア | Comments(0)

赤井川村、落合ダムで星空を見る

赤井川村に落合ダムの
人造湖があることは知っていました。
2001年にできたわりあい新しい湖で、
そのために水没して立ち枯れた樹林が、
独特の景観をつくり出しているらしい。
写真を見てかねてから気になっていたので、
先日、訪れることとなりました。
といってもすでに雪の降り始めたこの時期、
しかもあえて日没〜夜の時間帯に、
というのが私たち流。

国道393号からダムへ向かう道は、
はっきりと標識で示されています。
この脇道に入ってまもなく、
道沿いに大きな建物が見え、
何やらバブル期に建てられた
リゾート施設を思わせますが、
実は武蔵野学院大学の施設と
記されていました。
利用されているのだろうか!?

国道分岐から約2kmでダム堤体と、
その傍らに建つ大きな管理棟が見えてきます。
ここまでの道路は舗装され、道端には
路肩を示す紅白ポールが立っていたところをみると、
除雪もされるようです。

ここから先は未舗装で、除雪は入らないようですが、
今はまだ通ることができました。
しばらく進むとなるほど、
水面上に立ち枯れた木が見え始めます。
そうそう、この風景だ。

湖面はうっすらと結氷していました。
時刻は午後4時前、
すでに西日がかすかに紅く色付いています。
d0174510_116548.jpg


その後、上流方向に進むと
湖岸に開けた場所があります。
トイレがあって夏はキャンプも可能、
カヌーの出艇もできるらしい。
このあたりには立ち枯れた木が多く、
撮影向きです。
d0174510_12115877.jpg

木々のあいだには氷紋も見られました。
d0174510_1883124.jpg


さらに暗くなって、今度は星空撮影へ。
d0174510_1214764.jpg

d0174510_1215988.jpg

d0174510_12162459.jpg

周囲に人工の光は皆無です。
でもこれから本格的な降雪を迎えると
クルマでのアクセスはできず、
湖もただの雪原になってしまうから
タイミング的には薄く氷の張った今が、
よかったみたいです。
d0174510_13202954.jpg

その後も何度か行きました。
リンク先をご覧ください。









[PR]
by wilderness-otaru | 2014-11-24 12:19 | アウトドア | Comments(0)