人気ブログランキング |

タグ:街の風景 ( 309 ) タグの人気記事

小樽はやっぱり坂の街

手宮方面に行く機会がありました。
手宮公園の坂から市街地を見ると……。
d0174510_11225288.jpg
この坂自体がかなりの急勾配ですが、
そこから見る景色もまた急な傾斜地。
画面中ほど、右側が浄応寺の坂、左は十間坂です。
どちらも市街地に横たわる石山の裾野を越えるため急坂で、
十間坂の方は行き止まりとなります。

左側に画面をパンしてみると……。
d0174510_11263608.jpg
ここでは右端が十間坂。
左端の道路は日本郵船前の道路です。
明治初期にはこのあたりまで石山の裾野が延びていました。

今でこそ石山は全体が樹木に覆われて
こんもりと森のように見えますが、
昭和30年代の写真を見ると、山全体に木々はほとんどなく
険しい岩山だったことがわかります。

ところで写真を撮っている手宮公園の坂自体、
斜度22%の急坂です。
22%とは水平距離で100m進むあいだに
垂直高度が22m上がるということ。
これを角度に換算するには三角関数が必要だそうで、
文系人間には手ごわいところですが、
ネット上にはちゃんと自動計算してくれるサイトがあるので安心。
それによると22%の坂の角度は約12.4°。

実証するためこんな画像を作ってみた。
まずはカメラの水準器を見て水平を保ちながら
坂道を横から撮影。
それに描画ソフトIllustratorで12°の線を入れてみる。
d0174510_11524967.jpg
なるほど、ほぼ一致しました。

だから何だ?って感じですけど……。









by wilderness-otaru | 2019-08-02 11:55 | 小樽散歩 | Comments(0)

大型客船〈飛鳥Ⅱ〉入港

今日、たまたま通った中央通りからは
第三埠頭に停泊している大型客船の姿が、
視界に飛び込んできました。
d0174510_23553477.jpg
〈飛鳥Ⅱ〉です。
船が停泊している第三埠頭では明後日(7.26)から
おたる潮まつりが開催されます。
会場ステージの設営もほぼできているようで、
通りには提灯などが飾られています。
d0174510_00042246.jpg
d0174510_00043811.jpg
通りの突き当たりに突如、
巨大なビルディングが出現したような風景です。

飛鳥は潮まつりの頃、小樽に来ることは過去に
何度かありました。
最初は2004年(初代の飛鳥)、次は2007年(飛鳥Ⅱ)と、
どちらもまつり期間中の来航で、この2007年のときは
船客60人が、ねりこみの踊りに参加したらしい。

その後、期間中に来ることはなく、
今回も今日1日だけの停泊です。
d0174510_00124212.jpg
今週末はまつりですが、天気が少々心配……。










by wilderness-otaru | 2019-07-25 00:13 | 小樽散歩 | Comments(0)

天狗桜が咲いた

街なかの桜がほぼ終わったところで、
天狗山のロープウェイ山頂駅付近にある桜が
開花を迎えます。
天狗山の標高は532.5m、
桜の木があるのは470mあたり。
d0174510_23020939.jpg
周辺にはヤマザクラの木が10本ほどありますが、
そのなかの1本が「天狗桜」として有名です。

d0174510_23115531.jpg
d0174510_23123392.jpg
d0174510_08183914.jpg
d0174510_08401206.jpg
▲周囲の山は春紅葉がきれい。
遠くに見える、まだ雪の残る山は
春香山の西側斜面だと思う。
d0174510_23134772.jpg
d0174510_23143674.jpg
桜の木の傍には大きな雪山。
“お立ち台”として残してあるようです。
登りたくなります。
d0174510_23164477.jpg
この日は空気がクリアーで、
増毛の山並みもくっきりと見えました。









by wilderness-otaru | 2019-05-12 23:17 | 小樽散歩 | Comments(0)

客船〈コスタ・セレーナ〉

今年もクルーズ船が来るシーズンになりました。
5月9日、イタリア船籍のCosta Serenaが来航。
11万4500トンという大型船で勝納埠頭に入ります。
17:00の出港を見に行きました。
d0174510_11314655.jpg


d0174510_11305666.jpg
定刻、もやい綱が放たれます。

ところで17:00といえば、新潟へ定期運航の
フェリーが出港する時刻です。
d0174510_11352329.jpg
何かおもしろいツーショットになるか、と思いましたが、
ゆ〜〜っくりと離岸を始めたセレーナを尻目に、
フェリー「あざれあ」は慣れた様子で(あたりまえだよね)
さっさと港を出て行きました。
d0174510_11424226.jpg
これくらい離れたところでふと、遠くを見ると……
d0174510_11392909.jpg
すでに防波堤の外にいる〈あざれあ〉が。
ま、“おもしろいツーショット”といえなくもないか……。
d0174510_11412789.jpg
d0174510_11433070.jpg
かたわらにはタグボート「たていわ丸」が寄り添っています。
ただし実際に客船を押すことはなかったようです。
d0174510_11435515.jpg
d0174510_11441847.jpg
1度切り返しをしたのち、慎重に防波堤のあいだを通過。
やっとひと安心というところだろう。
離岸してからここまで20分以上。
見ていてすっかり体が冷えてしまったけれど、
美しいシーンでした。








by wilderness-otaru | 2019-05-10 11:48 | できごと | Comments(0)

2019小樽、「令和の桜」は

2019年、10連休となったゴールデンウィーク。
その間には平成から令和へ、元号の移り変わりという
イベントもありました。

5月3日まで“本州遠征”で小樽を離れていましたが、
帰ってすぐの4日、晴天に恵まれたこともあり、
ちょうど見頃の桜を求めて、市内をひとまわりしました。
d0174510_10521138.jpg
▲まずは潮見台浄水場。
ここは桜の名所というわけではなく、
敷地周辺に数本の木があるだけです。
しかし古風な建物の取り合わせがおもしろく、
数年前に見つけて以来、桜の時期にはよく立ち寄ります。
昭和初期の建物が、いい風情。

実のところ、ここはすでに浄水場として使われていません。
建物も役割を失い、傷みが目立ちます。
廃止された建物を、わざわざお金を掛けて
直すことはしないのだろうけれど、
何かもったいないな〜。

▼次へ。
天神の天満宮。
梅も混じって彩りがきれいです。
d0174510_10570939.jpg
▼奥沢の住宅地のなかにある並木。
花の苗を育てる農園があり、
その敷地の周りに、多くの桜が並んでいます。
d0174510_10582370.jpg
d0174510_11000582.jpg
遠くの山では「春紅葉」が色付いているのも、いい感じ。

▼入船の天上寺。
ここはよく知られた名所です。
多くの人が訪れていました。
道路を隔てた住宅地の斜面から見るのもいい。
よそのお宅の前なので、ちょっと失礼しますと言いつつ、
階段に上がってみます。
d0174510_11012884.jpg
▼最後は“王道”、手宮公園。
d0174510_11033422.jpg
かなりの賑わいでした。
道幅が狭いのに加え、路肩に停めるクルマも多く、
道路は大渋滞。クルマは下に停めてきて正解でした。
d0174510_11042176.jpg
今シーズンの桜の見頃は5日まで。
6日には多くが散っていました。
また来年……。










by wilderness-otaru | 2019-05-09 11:08 | 小樽散歩 | Comments(0)

カモメの大群!?

この春は小樽周辺の海岸で、
カモメの大群が見られることが話題になっています。
3月中旬あたりから増えてきたようで、小樽港内でも
防波堤の上などにカモメがぎっしり集まっている様子が
SNSなどにも載っています。

小樽築港マリーナ近くの群れを見てきました。
なるほど、けっこういますね。
d0174510_21263493.jpg
d0174510_21095734.jpg
d0174510_21054405.jpg
d0174510_21030326.jpg
防波堤上に大群がいました。
この日は晴天で、増毛方面の雪山がくっきり。
d0174510_21051052.jpg
d0174510_21071171.jpg
d0174510_21073819.jpg
▲なぜか局地的に密集しているのがフシギ。
d0174510_21090654.jpg
そもそもカモメの仲間の鳥としては
オオセグロカモメ、ミツユビカモメ、シロカモメなど
いくつかの種があることを漠然と知っていましたが、
ずばり「カモメ」がいることは知りませんでした。
しかも渡り鳥だったとは……。

カモメの仲間なんて、渡りをするまでもなく
いつでもどこでもしぶとく生きてる印象があったのだけど、
誤解でした。

撮影したのは4月11日。
シベリア方面への渡りは始まっていて
すでに大群のピークは過ぎていたようですが、
それでもなかなかの壮観でした。

d0174510_21220997.jpg
港内には別の水鳥の一群もいました。
スズガモです。
これは留鳥。







by wilderness-otaru | 2019-04-13 21:24 | できごと | Comments(0)

桜町から潮見台へ

桜町から潮見台方面へ歩いてみた。
d0174510_22444862.jpg
自動車は通れません。
d0174510_22454763.jpg
お地蔵さん、といっていいのだろうか。
小さな石仏と石碑が建ってました。
d0174510_22465681.jpg
d0174510_22474247.jpg
高台の細い道から、こんな風景が見られます。
なんだかほのぼのする眺めです。
この場所は数年前に見つけましたが、
青い屋根の小さな家は、ずっと変わらないまま。

あ、広い土地に建っているので
「小さな家」との印象がありますが、
実際はけっこう大きいですね。
古風だけど、よく手入れされている感じ。
きっと昔はまわりがみんな、農地だったのだろう。
d0174510_22592457.jpg
このあたり、”起伏感”がすごい。
d0174510_22525881.jpg
潮見台へ下る道は階段。
もちろん'peds only'。





by wilderness-otaru | 2019-04-10 23:04 | 小樽散歩 | Comments(0)

勝納川の鯉のぼり 生みの苦労も……

毎年5月の節句が近付く頃、
若松町、新富町にかけての勝納川で
川の上に架けられるたくさんの鯉のぼりが
風物詩となっています。

この日は街なかを歩いていましたが、ちょうど、
鯉のぼりを設置しているところに遭遇。
d0174510_10194564.jpg
d0174510_10200619.jpg
架けられた状態は毎年目にしますが、
作業を見るのは初めてです。

町会の方に聞いたところ、
「今年でもう17年目。正直やめたいけど、
やめるにやめられない……」と苦笑気味。
始めた頃はまだ若かったけど、
みんな年取っちゃったからね〜と。

昨今、町内会でも役職のなり手がない、
という話はよく聞きますが、ここでもやはり。
鯉のぼりの作業は、川沿いの柵を乗り越えたり、
高いはしごに上がったりするので、
確かに大変そう。危険でもあります。
見たところ作業に関わる人の多くは
けっこうなお年のようでした。

設置作業だけでなく、あらかじめ
川原の草刈りをし、鯉のぼりの補修をし、
という作業もあるのだそうです。

今まではできあがったところだけを見て、
きれいだ壮観だ、と言ってましたが、
生みの苦労も大きいことを実感した次第です。
d0174510_10342908.jpg
南樽市場から上流側はすでに完成してました。
このとき、作業開始から約2時間半とのこと。
d0174510_10344812.jpg









by wilderness-otaru | 2019-04-08 10:35 | 小樽散歩 | Comments(0)

残雪の候、手宮富士に登る

小樽市街の北側にある小高い山。
中心部と手宮地区との境にあることから
「手宮富士」と通称されます。
また岩がちな山であることから「石山」とも呼ばれ、
それが町名にもなっています。
また山の東側では地主の名から「荒巻山」とも。
(この荒巻家はSF作家として高名な荒巻義雄氏の生家でもあります)

と、通称はいくつかありますが、
国土地理院の地形図に名前は記されていなく、
公的な呼称はない、ということになります。
d0174510_22361439.jpg
名前はともあれ、市街中心のすぐ近くで、
展望はすこぶるいいです。
山頂からは南側、小樽駅方面、北側の長橋、赤岩方面と
どちらも広く見渡せます。

この日は有志(?)の集まりで、計8人。
雪解けの早いこの春ですが、ちょうど前日までに降雪があり、
数cmながら積もって雪景色となりました。
出発後、石山中学の跡地を通って登ります。
d0174510_12320221.jpg
この日のメンバーは全員小樽在住ですが、
それでもこの円形校舎を初めて見る人もいました。
道路から奥まった場所にあるため、
存在があまり知られていません。
珍しい“メガネ型”の建物に見入ります。

何か活用できればいいんだけどね〜
と話はいろいろ弾みます。
しかし建物は昭和31年の稲穂大火後、わずか1年半で即製され、
そこからすでに60年。荒廃が進むうえ、
耐震強度が保たれないという大きな弱点があるため、
残念ながら再利用は現実的でありません。
d0174510_12425811.jpg
d0174510_12421802.jpg
登るにつれ、視界はどんどん広がります。
d0174510_12380408.jpg
雪解けが早いので、すでにササが立ち上がり、
けっこう歩きづらい箇所が多かった。


頂上に到着。
山頂部は意外に複雑な地形で、
大きく谷間がえぐるような姿です。
d0174510_12583331.jpg
ちょうど雪が降ったあとなので、
いい具合の雪景色となりました。
数日前だったら街並みに白色はほとんどなく
まったく違った眺めだったはず。

みんな地元民だから、あそこに見えるのが
何だかんだ、あーだーこーだと言いつつ盛り上がるのも
また楽し。
d0174510_12455695.jpg
山頂には三角点もあります。
ただし標石はあるものの、現在は使われていなく、
地形図に載っていません。
いつまであったのかはわかりませんが、
昭和61年の地形図を見たら、一等三角点として
146.5mの標高が記されていました。
d0174510_12473246.jpg
d0174510_12493627.jpg
d0174510_17251809.jpg
ちょうど塩谷方面から下り列車がやってきた。
“鉄っちゃんポイント”としても、いいかも。
(実際、『SLニセコ』が走っていたときに、中腹まで登ったことあります。
雪の時期ではないのでヤブ漕ぎで、めっちゃ大変だった……)

……という具合に軽い登山でいい眺めを楽しみました。
市街地の展望地としてはすばらしいポイントなのだけど、
今では山全体がヤブに覆われ、積雪期以外に登るのは
ほとんど不可能です。
今シーズンは今日が最後かな。

ヤブを苅って道を開けば通年登れるのだけど、
できないものだろうか……。









by wilderness-otaru | 2019-03-24 13:03 | 小樽散歩 | Comments(0)

春めいた忍路 不悉洞のことなど

所用で忍路まで行ってきました。
忍路に工房〈不悉洞〉(ふしつどう)を構える陶芸家・
高田義一さんに先日、取材でお世話になったので、
そのとき話題になった昔の忍路の写真などもってご挨拶に。

工房の隣に民家を改装したギャラリーがあり、
たくさんの作品が並んでいます。
高台にあって海を望むロケーション。

例の有名なパン屋さんの並びです。
というか、高田さんとの縁をきっかけに、
パン屋さんがこの地に店を構えたそうですが……。

▼伊賀焼の師匠のもとで修行したという高田さんの作品は、
装飾を抑えた素朴な風合い。
どれもすごくステキ……。
しかし決して安くはないので、
簡単には手が出ませんが……。
これを撮ったのは3週間ほど前の取材時で、
まだ雪が多いです。
d0174510_13493400.jpg
▼今回はこんな具合です。
白く見える国道は、ルート切り替えで廃止になった区間。
新ルートの開通は2018年3月17日だったから、
奇しくも、ちょうど1年前の同じ日となります。
d0174510_13552552.jpg
▼反対側、忍路の半島。
d0174510_14001303.jpg
国道に下っていく道が写っていますが、
これもすでに廃止されています。

▼ほぼ同じ場所で3週間前に撮ったのがこちら。
この間に雪解けは一気に進みました。
d0174510_14014079.jpg
港の方にも行ってみた。
d0174510_14062612.jpg

d0174510_14053451.jpg
d0174510_14064183.jpg
水辺に建つ古風な建物は北大の臨海実験場。
大正時代の建築です。

d0174510_14091338.jpg
兜岩を背景に水面を揺蕩う水鳥たち。

d0174510_14100490.jpg
シノリガモのようです。









by wilderness-otaru | 2019-03-18 14:10 | できごと | Comments(0)