タグ:鉄道 ( 88 ) タグの人気記事

『小樽の鉄道遺産』が北海道遺産に

2018.11.2の北海道新聞朝刊を開いて、
へえ〜っと思ったのは『北海道遺産』に
15の物件が追加されたというニュースでした。
小樽関連では『小樽の鉄道遺産』が入ったとのこと。

私は昨年、北海道新聞社から発刊された書籍、
『「北海道遺産」読本』を執筆させていただきました。

といってもあくまでも本を書いただけで、
北海道遺産の運営などには関わっていないので、
その後の追加認定の動向なども知りませんでした。

これまでにあった小樽の北海道遺産は
『小樽みなとと防波堤』1件です。
確かに小樽港の防波堤は歴史的にも
土木工学の視点からも貴重で、
北海道遺産に選ばれるに相応しいものです。

でも小樽といえば運河とか建築物とか、
より一般にわかりやすい史蹟も多く、
それらが北海道遺産に入ってもいいのではないか、
という気はしていました。
その観点からすると今回の“鉄道”は、
まず順当な選定ではないかと思います。

この『小樽の鉄道遺産』に関連する見どころといえば
市街地を通る旧手宮線の線路跡と、
今は小樽市総合博物館となっている
手宮の鉄道史蹟でしょう。

たまたまですが、この日は
博物館に行く用事がありました。
ちょうどアイアンホース号が出発待ちだったので、
踏切から1カット。
背景、手宮公園の紅葉はまだ見られる感じです。
天気が良かったのでいい色になりました。
アイアンホースの今シーズンの運行は、あとわずか。
d0174510_12201103.jpg
ちなみに今回、北海道遺産に選ばれた15件は
以下のとおりです。

 ・利尻島の漁業遺産群と生活文化
 ・旭川家具
 ・三浦綾子記念文学館と外国樹種見本林
 ・増毛山道と濃昼(ごきびる)山道
 ・北海道の集治監(樺戸、空知、釧路、網走、十勝)
 ・小樽の鉄道遺産
 ・大友亀太郎の事績と大友堀遺構
 ・パシフィック・ミュージック・フェスティバル(PMF)
 ・札幌軟石
 ・蝦夷三官寺(有珠善光寺、様似等澍院、厚岸国泰寺)
 ・しかべ間歇泉
 ・むかわ町穂別の古生物化石群
 ・北海道の簡易軌道
 ・千島桜
 ・松浦武四郎による蝦夷地踏査の足跡

むかわ、武四郎あたりはタイミング的に
“いかにも”という感じですが、
“それがあったか!!”というものも……。

ま、いろいろあって楽しいです。

また本を書きたいなあ……。









[PR]
by wilderness-otaru | 2018-11-03 13:07 | できごと | Comments(0)

おかえり、アイアンホース号 (2018.7.12ボイラー修理を終えて)

ボイラー修復作業のため、
工場に入っていたアイアンホース号が、
小樽市総合博物館に帰ってきました。
搬出されたのが4月23日でしたから、
およそ80日ぶり、となります。

今日は午前10時前に札幌の車両整備会社を出発、
小樽到着は11時半くらいとなります。
臨港線、龍宮橋のあたりで待ち受けました。
d0174510_15542814.jpg

運河沿いを走るトレーラー。
d0174510_15191299.jpg
大家倉庫をバックに。
ここで右折します。
d0174510_15211233.jpg
背景は北海製罐の倉庫。
d0174510_15213952.jpg
珍しいものを見つけ、
素速く記念撮影する人もいました。
d0174510_15222211.jpg
ここから博物館はもうすぐです。
d0174510_15391214.jpg

さて午後からは第2ラウンド。
トレーラーに積まれた機関車を、
線路上に戻す作業です。
d0174510_15251484.jpg
博物館敷地内にトレーラーが入場。
d0174510_15255079.jpg
2台の大型クレーン車が待機しています。
d0174510_15262920.jpg
つり上げ作業の始まり。
d0174510_15273304.jpg
d0174510_15275323.jpg
浮いた!
d0174510_15515261.jpg
d0174510_15522681.jpg
機関車の車体にビデオカメラを付けました。
以下2点はそのスクリーンショットです。
d0174510_15292289.jpg
d0174510_15293557.jpg
d0174510_15313261.jpg
そろりそろりと下りてくる。
2台のクレーンが息を合わせて……
d0174510_15320357.jpg
レールの上にぴたり。巧いもんです。拍手!!
d0174510_15330422.jpg
ここから転車台の上まで、力仕事。
d0174510_15335146.jpg
向きを変えたのち、再び人力で。
d0174510_15344759.jpg
なつかしの“我が家”に到着。
d0174510_15352025.jpg
これで作業は一段落、ホッとします。
あとは炭水車を繋いだり、
取り外していたカウキャッチャーを戻したり。

試運転が始まるのは来週から。
再び元気に走ることを期待したいです。


“機関車目線”の動画はこちらで→








[PR]
by wilderness-otaru | 2018-07-12 15:40 | できごと | Comments(0)

道北の旅 “天北国道”、かつての名寄本線の跡

北海道の各地を取材で旅することが多いです。
道内のいろいろな道路を走ってきましたが、
主要国道でもまだ、通ったことのない道は
けっこうあります。

先日はオホーツク海岸の興部(おこっぺ)へ。
そのとき通った国道239号も、初めて走る道でした。
下川町の市街を過ぎ、一ノ橋という地名を目にして、
初めてここがかつての名寄本線の
ルートであることに気付きました。

一ノ橋の集落に差し掛かった際、
もしや、何か鉄道の痕跡はないかと
ゆっくり走りながら見回すと……。
あった!
d0174510_23135770.jpg
道路脇に駅名看板が立っています。
d0174510_23144888.jpg
背面はこんな感じ。
沿革が記されています。
それによると開駅は大正9年10月25日、
平成元年4月30日で、名寄本線は廃止。

道路に面した建物、
ひょっとして駅前旅館だったのではないだろうか……。
何となくそんな造りに見えますが、違うかな。
d0174510_23170720.jpg
ホームがあったのがこのあたりだそう。
「夫婦松」が植えられています(松ではなくてイチイですが……)

ここから東側には天北峠が控えています。
天塩と北見の境にある峠。
峠としては比較的なだらかですが、
鉄道にとっては難所でした。
かつて、いわゆるSLブームの時代には
峠の区間である一ノ橋と上興部のあいだが
撮影名所として知られていました。
一ノ橋の地名に見覚えがあったのも、そのため。

私も昔、来たことがあります。
1974年12月、中学2年生の冬休みでした。
蒸気機関車の全廃まで約1年という末期で、
私にとって撮影旅行はこれが最後でした。
厳冬の北海道はもちろん初めてで、
ちょっとした緊張感がありました。

クルマでは大した登りを意識することもなく
簡単に峠を越えて、上興部へ。
ここにも駅の痕跡はないかなと思ったら、
あったぁ〜。今度は「鉄道資料館」。
何と、駅舎がちゃんと保存されていたのです。
d0174510_23364379.jpg
d0174510_23352884.jpg
d0174510_23355303.jpg
資料館は冬期休館中で中には入れませんでしたが、
線路跡には車両も。
d0174510_23314073.jpg
気動車にロータリーヘッドという変わった編成です。

d0174510_23403113.jpg
駅舎の前には蒸気機関車の動輪が。
やっぱりキューロクだろうか。

d0174510_23415938.jpg
1974年12月27日、一ノ橋〜上興部間で。
もっと周囲の風景を写し込めば良かったのに。
この頃もそういう意識はもっていて、
景色の開けたところを探しながら撮っていましたが、
ここでは雪が深くて、いい場所にたどり着けなかったのか……。

小さな駅舎跡にしばらく佇んだ後、
またクルマを進めます。

少し走ったところで今度は、
きれいな木造校舎に目を奪われました。
d0174510_23514326.jpg
上興部中学校の跡だと、
道路脇の小さな碑に刻まれていました。
閉校は昭和60年3月、名寄本線廃止の4年前。

玄関の上に看板が掲げられているので、
何か再利用されている様子。
建物もよく手入れされているようです。









[PR]
by wilderness-otaru | 2018-04-12 23:54 | 北海道の各地 | Comments(0)

雪の小樽駅

しばらくまとまった雪がなく、
このまま春になるのかと思いきや、
そうはいかない北海道。

荒れ模様の今日、所用で札幌までJRで。
午後の小樽駅は、強い雪のなかでした。
d0174510_00101686.jpg
d0174510_00121773.jpg
屋根の鉄骨には
古レールが多く使われています。
昔はよくあったけど、
今はそんな駅も少なくなりました。
d0174510_00095390.jpg

d0174510_00030688.jpg
保線作業の人たちが、
ホームの除雪に追われていました。
d0174510_00033175.jpg
湿り気の多い雪です。
重くて大変そう。
d0174510_00050482.jpg
d0174510_00053111.jpg
d0174510_00055011.jpg
車両の前後に、べったり。
d0174510_00071548.jpg
d0174510_00074266.jpg
d0174510_00080051.jpg
キャリーバッグの跡が、幾筋も。
d0174510_00112828.jpg
ベタ雪です。
d0174510_00131294.jpg
小樽駅名物、北一硝子提供のランプ。
もちろん、中は電球ですが……。
d0174510_00133546.jpg









[PR]
by wilderness-otaru | 2018-03-02 00:15 | 小樽散歩 | Comments(0)

塩谷で再び汽車を撮る。リベンジの結果は……

先週の土曜日はまずまずの天気で塩谷~蘭島、
海の見える高台で列車を撮影。
いちばんの本命は、塩谷駅方面を俯瞰する
高台のポイントでした。あらかじめ地形図を見て、
見当を付けておいた場所に行き、
狙いどおりの風景を見られた……のだけど、
撮った写真がどうも今イチ。
それで、リベンジに再トライとなりました。
しかし天気はあまり良くない。

まず、1本目はオーソドックに海バックで。
d0174510_23501149.jpg
次は長い直線区間を俯瞰。
d0174510_23512111.jpg
▲まず130mmあたりで。
d0174510_23513253.jpg
▲次は55mmに引いて。
d0174510_23514910.jpg
▲最後は28mmまで引きながら
素早くシャッタースピードを1/30に。
何せ列車本数が少ないから、いろいろやらないと。

さて最後は本命の高台ポイントへ。
d0174510_00011128.jpg
駅の周辺を見下ろす場所まで登りました。
しかし雪がちらついて、視界が悪い。
d0174510_00024183.jpg
12:45、上下の列車が交換します。
d0174510_00041667.jpg
望遠で撮ったホームの画像を見て
気付いたのだけど、
小樽駅方面からの列車で降り立った一団、
ホームで写真でも撮っているらしく、
一般的な駅の乗降客とは違う感じ。
観光客のようです。
韓国とか中国から来た人かな……。
朝里駅に中国の観光客が
多数訪れるようになったという話はありましたが。
d0174510_00055131.jpg
ちなみに次の2点は前の週に撮ったもの。
天気が全然違います。
ただレンズのAFの具合が悪くて、
わずかながらピントが甘い。
d0174510_10413226.jpg
d0174510_00073769.jpg
それが心残りで、今回の再撮影となったのだけど、
果たしてリベンジといえるのか……。
やっぱり晴天にはかないません。










[PR]
by wilderness-otaru | 2018-01-29 00:12 | 鉄道 | Comments(0)

久しぶりに“撮り鉄”!

久しぶりに鉄道の写真を撮りました。
塩谷〜蘭島、海がバックに見えるあたり。
d0174510_16510536.jpg
昭和40年代、C62重連の急行ニセコの時代にも
ポピュラーな撮影地だったらしい。
当時は線路を越えて山側に入る道路があり、
簡単に撮影できたようです。

★この道路について、詳しくはこちらを。

今でも道路の名残はかすかにありますが、
深いヤブに覆われ、積雪期以外は
立ち入りが困難です。

今の時期はスノーシューを履いて、
歩き回るのは容易です。
ただし撮影となると、
不用意に足跡を付けないように、
考えながら進まないと……。
d0174510_16562530.jpg
d0174510_16564559.jpg
d0174510_16571172.jpg
d0174510_16571957.jpg
ワンマンって書いてあるけど、
車掌さんが乗っているみたい。
d0174510_16573000.jpg
d0174510_16573856.jpg

明治時代のトンネル。
d0174510_16582771.jpg
d0174510_17094805.jpg
d0174510_16591230.jpg
計5本の列車を撮りましたが、
最後、本命の場所の撮影は、
いいポイントを見つけながら
不満の残る結果に……。

またリベンジするつもり。








[PR]
by wilderness-otaru | 2018-01-22 17:03 | 鉄道 | Comments(0)

“一日散歩きっぷ”で新十津川へ

JR北海道では“一日散歩きっぷ”という、
道央圏の指定エリア内で
普通・快速列車が乗り放題という
きっぷがあります。

かねてから列車で出掛けてみたいとの
思いがありましたが、
一日散歩きっぷが使える
今シーズンの最終日(2017.11.05)
やっと実現となりました。

最初の目的地は新十津川。
札沼線の終着駅ですが、
この線の「北海道医療大学」駅から先は
利用者が少なく、存続が危ぶまれる区間。
特に浦臼〜新十津川は2016年3月のダイヤ改正で、
列車は午前中のわずか1本だけとなりました。

新十津川に行く唯一の列車は
石狩当別7:45発。
早起きしなくてはなりません。
小樽をまだ暗いうちに出発し、
余裕をもって当別に着きました。
d0174510_11032139.jpg
▲列車は1両のみのディーゼルカー。
d0174510_11040571.jpg
▲整理券を取るワンマン列車。
乗るのは何年ぶりだろう……。

車内はおおむね満席です。
乗っているのはほぼすべて、
鉄道ファンとか観光客らしき人たち。

列車は定刻に発車。
ゴロロロ……という感じの
ディーゼルエンジンの唸りが
なつかしく、“旅”の気分です。

のどかな田園風景のなかを走り
やがて石狩月形に到着。
ここで列車の行き違いがあり、
20分あまり停車します。

駅員のいる駅で、
きっぷが売られているため、
すばやく窓口に直行して
入場券などを買っている
ファンの人たちが
何人もいました。
d0174510_11065201.jpg
d0174510_14113399.jpg
d0174510_14083447.jpg

d0174510_11105109.jpg
▲運転士さんの肩越しに
対向列車を見る。
d0174510_11113942.jpg
▲対向列車を撮るファンの人たち

d0174510_11124158.jpg
▲新十津川に着いた!

d0174510_11131049.jpg
▲ホームのすぐ脇が畑!

d0174510_11141375.jpg
▲駅近くにある〈空知中央病院〉
院内保育園の園児たちが、
列車の到着に合わせて旅行者を出迎え、
塗り絵のカードを渡してくれます。
d0174510_11181435.jpg
▲“駅長犬”、ララという名前だそう。
d0174510_11203322.jpg
▲がらんとした時刻表。
列車は9:28に着いて9:40発。
わずか12分で折り返します。
今日、このあとには列車が来ません。
“日本一早い最終列車”と
いわれる由縁です。
d0174510_11220868.jpg
列車の乗客だけでなく
クルマで来た人もけっこういて
駅はなかなかの賑わいよう。
d0174510_11232492.jpg
d0174510_11234839.jpg
d0174510_11240929.jpg
折り返し列車が出発。
往復で乗る人が多いようですが、
私たちは列車を見送りました。

d0174510_11365211.jpg
列車が去った後の駅は
また静かになります。
次に賑わうのは24時間後。
いや、平日はずっと静かなのだろうな。

私たちは新十津川を後にして、
石狩川の対岸、滝川市街まで
5kmほどをゆっくり歩きます。

続きはまたあらためて。
















[PR]
by wilderness-otaru | 2017-11-07 11:28 | 北海道の各地 | Comments(0)

ニセコエクスプレス・ラストラン

リゾート列車「ニセコエクスプレス」は
本日がラストランでした。
デビューしたのは1988年、
まさにバブル景気、
スキーブームの時代の象徴のような列車。

私もその頃、東京からスキーに来て、
この列車で札幌からニセコの
スキー場に行ったことがあります。
まさに企画どおり……。

この手のラストランって、
行ったことがないけれど、
今回は手近な場所で撮ってみた。
オタモイから塩谷に
入ってすぐのあたりです。

ちょっと雑然とした感じはありますが、
編成全体をサイドから撮れる場所は、
小樽市内ではあまりない。
「SLニセコ」が走っていた頃は
何度か撮ったことがあります。
久しぶりに行ってみたら……。

d0174510_10144937.jpg
あれ……?
背景に大きな建物ができて、
雰囲気がだいぶ変わってしまった。

d0174510_20330440.jpg
これだけではつまんないので、
以前に同じ場所で撮った画像を
出してみます。
なつかしいSLニセコ。
ほんの数年前ですけどね……。

d0174510_20344487.jpg
▲2014.10.12

d0174510_20350561.jpg
▲2010.9.18

d0174510_20352454.jpg
▲2009.10.18

以前は、それなりに
のどかな雰囲気がありました。

以下は本日の画像です。
d0174510_20524883.jpg
撮影場所のすぐ先は
塩谷トンネル。
d0174510_20533805.jpg
この区間の開通は明治36(1903)年。
トンネルは完成から100年を優に超え、
古風な趣がたっぷりです。
d0174510_20552605.jpg
踏切の名は「青木踏切」。
近くに青木さんの家があったのだろうか。











[PR]
by wilderness-otaru | 2017-11-04 21:00 | 鉄道 | Comments(0)

朝里駅のあたり 『新・ねっとわーく小樽』の取材

d0174510_12270757.jpg
少し前のことですが、朝里駅のあたり。
北海道新聞小樽市内の別刷り情報紙、
「新ねっとわーく小樽」の取材でした。

毎回、小樽市内の1地域を取り上げ、
街のことをいろいろ掘り下げます。
対象となる地域だけは年間計画で決まっています。
しかし内容については、ある程度決まっていることもあれば
ほとんど白紙のことも。
実際には後者の方が多いです。

この日はまったく当てがないまま、
駅のあたりをぶらぶら歩いていました。
漠然と、漁業をしている人に
話を聞きたいと思っていたのですが、
それらしい人は全然いない。
そもそも、住人の姿が見当たらない。
d0174510_12120059.jpg
こんぶも獲れるのか……。
といっても日高や根室地方にある
広大な干し場に比べれば、まったく小規模で
まあ家庭菜園みたいなものなのだろうな。
d0174510_12141828.jpg
このあたりは海・線路・道路がごく近い。
海岸に山が迫っているから、
海沿いの平地はごくわずかです。
d0174510_12153333.jpg
d0174510_12155618.jpg
d0174510_12164411.jpg
駅前、シグナル食堂という店があり
店頭で焼くツブ貝などが名物でしたが、
1年以上前に閉店しています。
d0174510_12240822.jpg
朝里駅は無人駅。
でも朝里、新光など住宅地に近いので、
通勤・通学の利用者は多いです。
d0174510_12325017.jpg
市街地に近いのに、海沿いということもあり
情緒があって、いい場所です。
何だか“旅”の気分。
d0174510_12281965.jpg
d0174510_12284538.jpg
そういえば、今年の冬だったと思いますが、
中国(?)の映画だかTVドラマにこの駅が出て、
以来ここを訪れる外国人が急増したらしい。
それはいいけど、線路内に入って
危険なことをする人もいたらしく、
こういう警告ができています。
今はブームが終わったのか、
それらしい人は見かけません。

で、肝心の取材ですが、このあとたまたま
踏切で遮断機が閉まったので待っていると、
地元の人らしい男性が隣にいました。
ちょっと話しかけて聞いてみると、
生家は古くからの網元だそう。

70歳になるというその方ご本人は、
漁業を継がずに会社勤めをし、
リタイヤした今は悠々自適、
趣味のヨットを楽しんでいるという
かっこいいおじさんです。
その後、海辺に座っていろいろな話を伺い、
なかなか有意義でした。

駅のそばで今は駐車場になっている場所には、
かつて鉄道官舎が5棟ほども並んでいたこと、
昔は漁業が盛んで、郵便局も海沿いにあったこと、
海岸には製塩工場があったこと、
など非常におもしろい話でした。

後日、家にもおじゃましてさらに話を聞き、
朝里の巻頭記事ができあがりました。

発刊後はご本人に掲載紙をお届けして、
たいそう喜んでいただき、
ハッピーエンドとなりました。












[PR]
by wilderness-otaru | 2017-09-29 12:55 | 小樽散歩 | Comments(0)

札幌駅にて。緑色のニューフェイス

先日、札幌駅で見た特急〈ライラック〉。
今年3月から札幌〜旭川で運行されている列車です。

走っている姿を見たことはあるけれど、
駅構内で間近に見るのは初めて。
d0174510_11484519.jpg
鮮やかな緑色に惹かれて、カメラを向けました。
この色、好きです。
色の名前を何といえばいいのだろう。
「パロット・グリーン」あたりが近いかも。

去年までは新青森〜函館間の〈スーパー白鳥〉として走っていた
789系0番台の車両で、北海道新幹線の開業にともなって
道央圏に移ってきました。

d0174510_12094520.jpg
▲これは2016年1月28日の函館駅。
開業に先がけて行われた、報道関係者向けの
新幹線試乗会に行ったときに撮ったのでした。

d0174510_11550097.jpg
SOYAってどういうことかと調べたら、
JR北海道のウェブサイトに説明がありました。

編成ごとに道央・道北圏6エリアの観光素材をラッピングしたのだそうで、
この編成は「宗谷」テーマで、レブンアツモリソウの絵柄です。

列車がライラックなのに、他の花の絵柄でいいの?
という議論は、もしかしたらあったかもしれない。
ちなみにラッピングでは1エリアにつき、4つのアイテムが描かれていて
宗谷地方では他に利尻山、サロベツ原野、宗谷岬。

代替案としては稚内名物ミズダコ、宗谷牛、
利尻昆布なども考えられますが(食べ物ばっかり……)
車両に描くには今イチですね。
d0174510_12021217.jpg
〈スーパー北斗〉と並ぶ。
d0174510_12032667.jpg
ふだん、利用する駅で列車の写真を撮ることなどあまりないけれど
たまに撮っておくと、何年後かには案外、
記録として貴重なものになるのかも。













[PR]
by wilderness-otaru | 2017-05-11 12:14 | 鉄道 | Comments(0)