人気ブログランキング |

タグ:鉄道 ( 94 ) タグの人気記事

小樽市総合博物館 公式ガイドブック発刊

『小樽市総合博物館公式ガイドブック』
改訂新版を発刊しました。

ガイドブックは2010年から弊社で発刊していて、
今回が3版目となります。
d0174510_11121869.jpg
今回の改訂では蒸気機関車のイラストを一新したのが大きなポイントです。
従来は外部の作者から作品を提供していただいていました。
そのため各形式の一般的な姿を描いた絵となり、
博物館の展示機とは細部において異なる点がありました。

今回はオリジナルの絵を描き起こしたことで、
展示機の特徴をイラストに反映させることができました。
C12 6のリアタンク、C55 50の密閉式運転室など。
またアイアンホース号、大勝号は今回から
新たにイラストが登場です。


d0174510_11171840.jpg
作画はIllustratorを使って自分でやりました。
緻密な作業で時間は掛かりますが、けっこう楽しかった。
凝り出せばキリがなく、これで完全!とはいきませんが、
何とかできるものだな……と。
機関車のメカニズムを確認するうえでも有用な作業でした。

本文の内容の一部をご紹介します。


d0174510_11012544.jpg

d0174510_11092941.jpg
▲C12 6の現役時代の写真は今回新たに掲載。
昭和40年代の鉄道写真のウェブサイトでこの画像を見つけ、
管理者の方に提供をお願いしたところ
快諾をいただきました。
小さな機関車ですが、手宮駅構内で石炭貨車を牽く姿が勇ましい。
d0174510_11115068.jpg
d0174510_11093958.jpg
全体に文字量が増え、地図や図解を増やすなどして
解説が従来以上に詳しくなりました。

900円+tax、小樽市総合博物館・運河館の各売店で販売しています。









by wilderness-otaru | 2019-06-20 11:28 | 出版物のご案内 | Comments(0)

旭川、神居古潭駅の跡

10日ほど前になりますが、
旭川方面に行ってきました。
いちばんの目的は道立旭川美術館で開催中の
ミュシャ展を見ること。

往路には神居古潭に立ち寄りました。
d0174510_14420680.jpg
旭川は盆地の中に位置していますが、
周辺の丘陵地帯が切れ込んで、
石狩川が西向きに流れ出しているのが、ここです。
峡谷地形で、古くから景勝地として知られた場所。

河原のあちこちに敷物を広げ、
ピクニックを楽しむ人を写した
昭和30年代の写真を見たことがあります。

橋を渡ったところにかつての神居古潭駅の建物が
きれいな状態で保存されています。
駅舎は明治43年に建てられたもの。

この区間の函館本線は電化・複線化のため
昭和44年10月1日に長大なトンネルをもつ新線に切り替えられ、
神居古潭駅を含む旧線は廃止となりました。
d0174510_14550921.jpg
d0174510_14580390.jpg
ホームもそのまま残っています。

駅構内には3台の蒸気機関車が保存されています。
d0174510_15004404.jpg
先頭は9600型の29638。
それに続くのはC57型のラストナンバー、201号機。
d0174510_15013969.jpg
昭和44年9月30日、旧線が使われる最終日に
さよなら列車を牽いたのが、このC57 201号機でした。

さらにその後ろにはD51 6号機。
d0174510_15072707.jpg
半流線型、俗に言うナメクジ形ですね。

d0174510_14594472.jpg
駅舎も機関車も手入れが行き届き、
保存状態がとても良好です。
旭川方面に来るときは、たまに立ち寄る
好きな場所です。








by wilderness-otaru | 2019-06-10 15:24 | 北海道の各地 | Comments(0)

苗穂駅で列車ウォッチング

JR苗穂工場内「鉄道技術館」に行くとき
通るのがJR苗穂駅。
この駅は昨年(2018)11月、札幌駅寄りに300mほど移転し
新しい駅舎ができました。
旧駅舎は昭和10年にできたそうで、
原形からはだいぶ姿を変えつつも、
古風な味の残る建物でした。
(そろそろ解体されるようです)

新駅舎は広々とした線路を跨ぐ橋上駅。
線路の北側へ歩いて行くのが格段に便利になりました。

この横断通路からは、列車がよく見えます。
d0174510_16450595.jpg

d0174510_16385747.jpg
札幌側は高層ビル、遠くには手稲山が見えて
絵になります。
対して白石側の風景は今イチです。
d0174510_16400396.jpg
その替わり、少し場所を移すと
苗穂工場の方が見えます。
d0174510_16424264.jpg
ただ、廃車なのか、雪をかぶった車両ばかりで
活気がないのが残念ではありますが……。
d0174510_16442436.jpg
d0174510_16463475.jpg
▲特急『北斗』かな。
d0174510_16471140.jpg
▲これは『すずらん』。

電車の形式名はよく知らないのですが、
何といってもこの区間は函館本線と千歳線、
両方の列車が通るので、本数・種類とも豊富で
ひんぱんに見られるのが楽しいです。

一眼レフでしっかり列車を撮っている人もいたし、
通りがかりに列車にスマホを向けてる人もいました。








by wilderness-otaru | 2019-03-04 16:52 | 鉄道 | Comments(0)

JR苗穂工場 鉄道技術館へ

かれこれ3週間前になりますが、
苗穂の「鉄道技術館」に行きました。
JR北海道・苗穂工場内にある施設で
鉄道関係の資料が多数展示される
“民間博物館”の一種です。
d0174510_22343554.jpg
ここでは毎年10月、鉄道の日の近辺に
工場内を一般公開するイベントをやっていて、
十数年の昔、うちの子どもが小さかった頃は、
何度か行ったのでした。
(今でもこのイベントはやっているはず……)。

その当時は屋外で車両を見たり、乗ったりというばかりで
展示をじっくり見ることはできませんでしたが、
今回は、落ちついて見たいと思います。
d0174510_22522030.jpg
d0174510_22525146.jpg
建物は明治43(1910)年に工場の用品倉庫として建てられた
レンガ造りで、それ自体が貴重な存在です。

d0174510_22533550.jpg
D51 237。
デゴイチの愛称はあまりに有名ですが、
D51形は戦時中に大量生産された機関車で、
民間の車両メーカーだけでは間に合わず、
全国8ヶ所の国鉄工場でも生産されています。
ここ苗穂工場でも12両が作られ、
それら“道産子デゴイチ”のなかで
最初に完成したのがこのD51 237号機でした。

この機関車の現物は工場内に保存されているのですが、
冬期間はどこかにしまわれているらしく、
姿が見えず。
保存された機関車といえばC62 3号機もありますが、
これも姿は見えませんでした。
春以降にまた来よう。

d0174510_23012582.jpg
館内は意外なほどにぎわっていました。
小さい子連れのファミリーが多かった。
ま、遊び場が乏しい今の時期、
こういう場所は貴重です。

d0174510_23005272.jpg
ちょうど今、道内の鉄道史に関する書き物をしているので、
参考になる展示がいろいろありました。

d0174510_09275413.jpg
工場内で技術館以外の施設は非公開ですが、
レンガ造りの、古色漂う建築もあります。











by wilderness-otaru | 2019-02-28 23:04 | できごと | Comments(0)

小樽を走るラッセル車

しばらく前に撮って、
アップロードしそびれていた写真がありました。
d0174510_16211626.jpg
小樽駅付近を走るラッセル車。
d0174510_16221545.jpg
たまたま徒歩で移動中、
富岡の跨線橋を渡るとき、
接近してくるラッセルを目撃し
急いで撮ったのでした。
一眼レフをもっていて、
すぐに取り出せたのが良かった。
タイミング的にもすごいラッキーでした。

願わくば、豪快に雪を跳ね飛ばしながら
走る姿を見たいところですが、
贅沢は言いません。

DE15 1533とナンバーが読めます。
真ん中の機関車が緑色なのは、
富良野あたりを走る「ノロッコ号」用の車両だから。

このDE15のラッセル車、
冬のあいだは小樽築港駅で待機していることが多いです。
d0174510_16290181.jpg
d0174510_16284322.jpg
▲これは2年前に撮った画像。
DE15 1543です。

ちょうど駅舎の下で、
雪を避けられる位置に停めておけるのが
好都合なんだろうか……。
いつ運転されるのか、
決まったダイヤがあるのか、
詳しいことはわかりません。

ラッセルの走行を撮ったのはもう、
2週間くらい前になります。
その後は暖かい日が続いていて、
雪解けが進む一方です。






by wilderness-otaru | 2019-02-24 16:35 | 鉄道 | Comments(0)

朝里駅がたいへんだった!!

ひさしぶりに列車の写真を撮ろうと、
出掛けついでに朝里駅に行ってみました。
海のすぐ近くにある小さな駅は
ローカル線のような風情があり、
なかなか絵になる場所です。

と、行ってみたら駅周辺がすごいことに。
2年くらい前から、中国人旅行者のあいだで
この駅の人気が高まっていることは知られています。
今までにも旅行者の姿をちらほら見かけることはありましたが、
この日は、すごいにぎわい!春節のため旅行者が多いのだろう。

d0174510_00040685.jpg
いや〜びっくりです。

札幌寄りの、人家が途切れたあたりで
列車を待ち受けました。
d0174510_00120219.jpg
d0174510_00091647.jpg
d0174510_00094113.jpg
d0174510_00123317.jpg
d0174510_00095611.jpg
d0174510_00142342.jpg
このあたりは線路と道路が本当に近い。
柵もないので、雪煙がすごくて怖いくらい。
d0174510_00140734.jpg
それにしてもいろいろ絵になる場所があって
撮影は楽しかった。

ひとしきり撮って、大賑わいの駅へ戻ります。
d0174510_00050543.jpg
d0174510_00181914.jpg
ところで、なぜ中国の人に朝里駅が人気なのか……。

旅行者の女性(30代かな?)に聞いてみたら(in English)
「FacebookやTwitterでいろんな人が
きれいな風景の写真を載せているので、朝里を知った」との答えでした。
「海の近くの小さな街の雰囲気がすごくいい」と。
やっぱりSNSの威力なのだな……

TVドラマだか映画の撮影場所になったと聞いたことがあったので、
それを尋ねると、彼女は意外にも「それは知りません」と。
今では単なる“ロケ地めぐり”ではなく、風景や土地の雰囲気が
多くの人にとって魅力のようです。






by wilderness-otaru | 2019-02-14 00:28 | 小樽散歩 | Comments(0)

『小樽の鉄道遺産』が北海道遺産に

2018.11.2の北海道新聞朝刊を開いて、
へえ〜っと思ったのは『北海道遺産』に
15の物件が追加されたというニュースでした。
小樽関連では『小樽の鉄道遺産』が入ったとのこと。

私は昨年、北海道新聞社から発刊された書籍、
『「北海道遺産」読本』を執筆させていただきました。

といってもあくまでも本を書いただけで、
北海道遺産の運営などには関わっていないので、
その後の追加認定の動向なども知りませんでした。

これまでにあった小樽の北海道遺産は
『小樽みなとと防波堤』1件です。
確かに小樽港の防波堤は歴史的にも
土木工学の視点からも貴重で、
北海道遺産に選ばれるに相応しいものです。

でも小樽といえば運河とか建築物とか、
より一般にわかりやすい史蹟も多く、
それらが北海道遺産に入ってもいいのではないか、
という気はしていました。
その観点からすると今回の“鉄道”は、
まず順当な選定ではないかと思います。

この『小樽の鉄道遺産』に関連する見どころといえば
市街地を通る旧手宮線の線路跡と、
今は小樽市総合博物館となっている
手宮の鉄道史蹟でしょう。

たまたまですが、この日は
博物館に行く用事がありました。
ちょうどアイアンホース号が出発待ちだったので、
踏切から1カット。
背景、手宮公園の紅葉はまだ見られる感じです。
天気が良かったのでいい色になりました。
アイアンホースの今シーズンの運行は、あとわずか。
d0174510_12201103.jpg
ちなみに今回、北海道遺産に選ばれた15件は
以下のとおりです。

 ・利尻島の漁業遺産群と生活文化
 ・旭川家具
 ・三浦綾子記念文学館と外国樹種見本林
 ・増毛山道と濃昼(ごきびる)山道
 ・北海道の集治監(樺戸、空知、釧路、網走、十勝)
 ・小樽の鉄道遺産
 ・大友亀太郎の事績と大友堀遺構
 ・パシフィック・ミュージック・フェスティバル(PMF)
 ・札幌軟石
 ・蝦夷三官寺(有珠善光寺、様似等澍院、厚岸国泰寺)
 ・しかべ間歇泉
 ・むかわ町穂別の古生物化石群
 ・北海道の簡易軌道
 ・千島桜
 ・松浦武四郎による蝦夷地踏査の足跡

むかわ、武四郎あたりはタイミング的に
“いかにも”という感じですが、
“それがあったか!!”というものも……。

ま、いろいろあって楽しいです。

また本を書きたいなあ……。









by wilderness-otaru | 2018-11-03 13:07 | できごと | Comments(0)

おかえり、アイアンホース号 (2018.7.12ボイラー修理を終えて)

ボイラー修復作業のため、
工場に入っていたアイアンホース号が、
小樽市総合博物館に帰ってきました。
搬出されたのが4月23日でしたから、
およそ80日ぶり、となります。

今日は午前10時前に札幌の車両整備会社を出発、
小樽到着は11時半くらいとなります。
臨港線、龍宮橋のあたりで待ち受けました。
d0174510_15542814.jpg

運河沿いを走るトレーラー。
d0174510_15191299.jpg
大家倉庫をバックに。
ここで右折します。
d0174510_15211233.jpg
背景は北海製罐の倉庫。
d0174510_15213952.jpg
珍しいものを見つけ、
素速く記念撮影する人もいました。
d0174510_15222211.jpg
ここから博物館はもうすぐです。
d0174510_15391214.jpg

さて午後からは第2ラウンド。
トレーラーに積まれた機関車を、
線路上に戻す作業です。
d0174510_15251484.jpg
博物館敷地内にトレーラーが入場。
d0174510_15255079.jpg
2台の大型クレーン車が待機しています。
d0174510_15262920.jpg
つり上げ作業の始まり。
d0174510_15273304.jpg
d0174510_15275323.jpg
浮いた!
d0174510_15515261.jpg
d0174510_15522681.jpg
機関車の車体にビデオカメラを付けました。
以下2点はそのスクリーンショットです。
d0174510_15292289.jpg
d0174510_15293557.jpg
d0174510_15313261.jpg
そろりそろりと下りてくる。
2台のクレーンが息を合わせて……
d0174510_15320357.jpg
レールの上にぴたり。巧いもんです。拍手!!
d0174510_15330422.jpg
ここから転車台の上まで、力仕事。
d0174510_15335146.jpg
向きを変えたのち、再び人力で。
d0174510_15344759.jpg
なつかしの“我が家”に到着。
d0174510_15352025.jpg
これで作業は一段落、ホッとします。
あとは炭水車を繋いだり、
取り外していたカウキャッチャーを戻したり。

試運転が始まるのは来週から。
再び元気に走ることを期待したいです。


“機関車目線”の動画はこちらで→








by wilderness-otaru | 2018-07-12 15:40 | できごと | Comments(0)

道北の旅 “天北国道”、かつての名寄本線の跡

北海道の各地を取材で旅することが多いです。
道内のいろいろな道路を走ってきましたが、
主要国道でもまだ、通ったことのない道は
けっこうあります。

先日はオホーツク海岸の興部(おこっぺ)へ。
そのとき通った国道239号も、初めて走る道でした。
下川町の市街を過ぎ、一ノ橋という地名を目にして、
初めてここがかつての名寄本線の
ルートであることに気付きました。

一ノ橋の集落に差し掛かった際、
もしや、何か鉄道の痕跡はないかと
ゆっくり走りながら見回すと……。
あった!
d0174510_23135770.jpg
道路脇に駅名看板が立っています。
d0174510_23144888.jpg
背面はこんな感じ。
沿革が記されています。
それによると開駅は大正9年10月25日、
平成元年4月30日で、名寄本線は廃止。

道路に面した建物、
ひょっとして駅前旅館だったのではないだろうか……。
何となくそんな造りに見えますが、違うかな。
d0174510_23170720.jpg
ホームがあったのがこのあたりだそう。
「夫婦松」が植えられています(松ではなくてイチイですが……)

ここから東側には天北峠が控えています。
天塩と北見の境にある峠。
峠としては比較的なだらかですが、
鉄道にとっては難所でした。
かつて、いわゆるSLブームの時代には
峠の区間である一ノ橋と上興部のあいだが
撮影名所として知られていました。
一ノ橋の地名に見覚えがあったのも、そのため。

私も昔、来たことがあります。
1974年12月、中学2年生の冬休みでした。
蒸気機関車の全廃まで約1年という末期で、
私にとって撮影旅行はこれが最後でした。
厳冬の北海道はもちろん初めてで、
ちょっとした緊張感がありました。

クルマでは大した登りを意識することもなく
簡単に峠を越えて、上興部へ。
ここにも駅の痕跡はないかなと思ったら、
あったぁ〜。今度は「鉄道資料館」。
何と、駅舎がちゃんと保存されていたのです。
d0174510_23364379.jpg
d0174510_23352884.jpg
d0174510_23355303.jpg
資料館は冬期休館中で中には入れませんでしたが、
線路跡には車両も。
d0174510_23314073.jpg
気動車にロータリーヘッドという変わった編成です。

d0174510_23403113.jpg
駅舎の前には蒸気機関車の動輪が。
やっぱりキューロクだろうか。

d0174510_23415938.jpg
1974年12月27日、一ノ橋〜上興部間で。
もっと周囲の風景を写し込めば良かったのに。
この頃もそういう意識はもっていて、
景色の開けたところを探しながら撮っていましたが、
ここでは雪が深くて、いい場所にたどり着けなかったのか……。

小さな駅舎跡にしばらく佇んだ後、
またクルマを進めます。

少し走ったところで今度は、
きれいな木造校舎に目を奪われました。
d0174510_23514326.jpg
上興部中学校の跡だと、
道路脇の小さな碑に刻まれていました。
閉校は昭和60年3月、名寄本線廃止の4年前。

玄関の上に看板が掲げられているので、
何か再利用されている様子。
建物もよく手入れされているようです。









by wilderness-otaru | 2018-04-12 23:54 | 北海道の各地 | Comments(0)

雪の小樽駅

しばらくまとまった雪がなく、
このまま春になるのかと思いきや、
そうはいかない北海道。

荒れ模様の今日、所用で札幌までJRで。
午後の小樽駅は、強い雪のなかでした。
d0174510_00101686.jpg
d0174510_00121773.jpg
屋根の鉄骨には
古レールが多く使われています。
昔はよくあったけど、
今はそんな駅も少なくなりました。
d0174510_00095390.jpg

d0174510_00030688.jpg
保線作業の人たちが、
ホームの除雪に追われていました。
d0174510_00033175.jpg
湿り気の多い雪です。
重くて大変そう。
d0174510_00050482.jpg
d0174510_00053111.jpg
d0174510_00055011.jpg
車両の前後に、べったり。
d0174510_00071548.jpg
d0174510_00074266.jpg
d0174510_00080051.jpg
キャリーバッグの跡が、幾筋も。
d0174510_00112828.jpg
ベタ雪です。
d0174510_00131294.jpg
小樽駅名物、北一硝子提供のランプ。
もちろん、中は電球ですが……。
d0174510_00133546.jpg









by wilderness-otaru | 2018-03-02 00:15 | 小樽散歩 | Comments(0)